モバイルとデスクトップで別々のサイト

モバイルウェブ開発への「別々のサイト」アプローチは、モバイルウェブユーザーとデスクトップウェブユーザーのために異なるサイトを作成することを含みます。このアプローチにはプラス面とマイナス面があります。

長所

この最初の選択肢はこれまでで最も人気があります — ユーザーエージェント検出を使用して、携帯電話のユーザーを別のモバイルサイト(典型的には m.example.com)に転送する方法です。一言で言えば、このテクニックではサーバー側のロジックを使用してモバイルウェブ開発の 3 つの目標(英語)すべてを一度に解決します — ユーザーのブラウザーが携帯電話のように見える場合は、携帯電話用にフォーマットされ、速度が最適化されたモバイルコンテンツを配信します。

概念的には単純ですが、特にテンプレートをサポートする CMS またはウェブアプリケーションを使用している場合は、これが既存のサイトに追加する最も簡単な選択肢です。モバイルユーザーにはモバイル固有のコンテンツ、スタイル、およびスクリプトのみが送信されるため、この方法では、ここに示されている他の選択肢のどれよりも最高のパフォーマンスが得られます。最終的に、デスクトップとモバイルでまったく異なるユーザーエクスペリエンスを実現できます — 結局のところ、それらは 2 つの異なるサイトです!

短所

残念ながら、このアプローチは欠点がないわけではありません。手始めに、モバイルユーザーに公開したいサイトの各ページに対して 2 つの異なるページを管理しています。CMS を使用している場合は、この重複を最小限に抑えるようにサイトのテンプレートを配置することが可能です。ただし、モバイルとデスクトップでテンプレートに違いがあるときはいつでも、コードには複雑な原因がひそんでいます。同様に、2 セットのフロントエンドロジックをコーディングする必要があるため、これにより新しいサイト機能の実装時間が長くなります。

ただし、それよりもさらに重要なのは、ユーザーエージェントの検出には本質的に欠陥があり(英語)、将来を見据えたものではないという事実です。新しいブラウザーが登場するたびに、それに対応するようにアルゴリズムを調整する必要があります。そして誤検知は特に怖いです — モバイルサイトを誤ってデスクトップユーザーに配信すると当惑させるかもしれません。

この選択肢を選ぶのが正しいとき

sumo_screenshot.pngまず、対象視聴者に古いかローエンドのフィーチャーフォン(英語)のユーザーが含まれている場合は、この戦略をある程度(英語)採用する必要があるかもしれません。これは、一部のフィーチャーフォンのデフォルトブラウザーは、デスクトップを対象としたウェブサイトと同じマークアップをサポートしておらず、代わりに XHTML-MP や古い WML などの形式を理解するためです。

この要因はさておき、この戦略が他の方法よりも本当に優れているケースが 1 つあります。モバイルデバイスでユーザーに提供したい機能がデスクトップのそれとは極端に異なる場合は、別々のサイトを使用するのが最も実用的な選択(英語)になる可能性があります。これは、完全に完全に別々の HTML、JavaScript、CSS を携帯電話と PC に送信するという選択肢があるからです。

このアプローチを使用することを余儀なくされるもう 1 つのケースは、何らかの理由で既存のデスクトップサイトを変更できず、100% 別のモバイルサイトを必要とする場合です。理想的ではありませんが、少なくともこの選択肢があります。

FacebookYouTubeDiggFlickr など、あなたが実際に目にする主要なウェブアプリケーションのほとんどがこの方法を選択しています。実際、Mozilla はモバイル版の addons.mozilla.org(AMO)と support.mozilla.org(SUMO)にこの戦略を選択しました。このアプローチの例の背後にあるソースコードを実際に見たい場合は、AMO または SUMO(リンク切れ)の github リポジトリをチェックしてください。

モバイルウェブ開発へのアプローチ

モバイルプラットフォーム向けに開発するための背景やその他のアプローチについては、以下の記事を参照してください。

原本情報

この記事は、もともと 2011 年 5 月 13 日に Mozilla Webdev ブログで「モバイルウェブ開発へのアプローチ 第2部 - 別々のサイト」として Jason Grlicky によって公開されました。(英語)

 

ドキュメントのタグと貢献者

このページの貢献者: Uemmra3, Wind1808
最終更新者: Uemmra3,