Web Console Helpers

コマンド

Web コンソールの JavaScript コマンドラインでは、いくつかの作業を簡単に行うための支援機能を内蔵しています。

$()
CSS のセレクタ文字列を探索して、最初にマッチした要素を返します。これは document.querySelector() と等価です。または、$ 関数がページ内に存在する場合はそれを呼び出します。
$$()
CSS のセレクタ文字列を探索して、マッチした DOM ノードのリストを返します。これは document.querySelectorAll() のショートカットです。
Firefox 41 より、このメソッドは document.querySelectorAll() のショートカットではなくなり、代わりに要素の配列を返します。
$0
ページ内で現在調査されている要素です。
$_
Firefox 39 の新機能。コンソールのコマンドラインで最後に実行した式の結果を保持します。例えば "2+2 <enter>" と入力した後に "$_ <enter>" と入力すると、コンソールは 4 と出力します。
$x()
XPath の構文を評価して、マッチするノードの配列を返します。
keys()
オブジェクトを与えると、そのオブジェクトのキー (またはプロパティ名) の一覧を返します。これは Object.keys のショートカットです。
values()
オブジェクトを与えると、そのオブジェクトの値の一覧を返します。これは keys() と対をなすものです。
clear()
コンソールの出力エリアをクリアします。
inspect()
オブジェクトを与えると、そのオブジェクトのオブジェクトインスペクタを開きます。
pprint()
指定された値を、読みやすい形式に整形します。これはオブジェクトや配列の内容をダンプするのに役立ちます。
help()
ヘルプを開きます。実際は再帰の面白い例として、このページへ案内します。
cd()
JavaScript の評価を行うコンテキストを、ページ内の別の iframe に切り替えます。iframe での作業をご覧ください。
copy()
Firefox 38 の新機能。 引数で指定したものをクリップボードにコピーします。引数が文字列である場合は、そのままコピーします。また引数が DOM ノードである場合は、ノードの outerHTML をコピーします。他の値である場合は引数に対して JSON.stringify を呼び出して、その結果をコピーします。
clearHistory()
Firefox 39 の新機能。一般的なコマンドラインと同様に、コンソールのコマンドラインも過去に入力したコマンドを覚えています。この関数を実行すると、コンソールのコマンドラインの履歴を消去します。
コンテンツからログを出力する機能について、詳しくは Console API をご覧ください。

使用例: DOM ノードの内容を閲覧する

例えば、ID 値 "title" を持つ DOM ノードがあるとします。実際は、今見ているこのページに該当する DOM ノードがありますので、ここで Web コンソールを開いて試してみることができます。

$() および inspect() を用いて、ノードのコンテンツを確認してみましょう:

inspect($("#title"))

自動的にオブジェクトインスペクタが開き、CSS セレクタ "#title" にマッチする DOM ノードの内容を表示します。もちろんそれは、ID が "title" である要素です。

使用例: DOM ノードの内容をダンプする

これは、あなたがブラウザ上で起きている問題を調査することになり、ユーザのために遠隔地でデバッグを行うことや、ノードの内容を閲覧する必要があるような場合に役立ちます。ユーザに Web コンソールを開いてもらい、pprint() を用いてノードの内容をログにダンプし、その出力結果をメールにコピー & 貼り付けして送付してもらうことができます:

pprint($("#title"))

これはノードの内容を読みやすい形式で出力します。もちろん、このコマンドは DOM ノード以外のオブジェクトに対しても役に立ちますので、アイデアを考えてみてください。

ドキュメントのタグと貢献者

最終更新者: yyss,