ネットワークリクエストリスト

ネットワークモニターのリクエストリストには、ページのロード中に行われたすべてのネットワークリクエストの一覧が表示されます。

ネットワークリクエストリスト

デフォルトでは、ネットワークモニタにはページの読み込み中に行われたすべてのネットワークリクエストの一覧が表示されます。各リクエストはそれ自身の行に表示されます:

デフォルトでは、新しいページに移動するか現在のページをリロードするたびに、ネットワークモニタがクリアされます。設定の [永続ログを有効にする] をオンにするとこの動作を無効にすることができます。

ネットワークリクエスト列

テーブルヘッダーを右クリックし、コンテキストメニューから特定の列を選択することによって、異なる列を切り替えることができます。"Reset Columns" オプションで初期設定に戻すこともできます。使用可能なすべての列のリストは次のとおりです。

  • Status: 返された HTTP ステータスコード。これは、色分けされたアイコンとして表示されます。
    • 情報のための青い丸 (1XXコード)。特に WebSocket のアップグレードには 101 (スイッチングプロトコル) が含まれています
    • 緑の丸は成功 (2XX コード)
    • オレンジの三角はリダイレクト (3XX)
    • 赤い四角はエラー (4XX と 5XX)
    • 中空の灰色の円はブラウザのキャッシュから取得されたレスポンス。
    正確なコードはアイコンの直後に表示されます。
  • Method: 使用された HTTP リクエストメソッド。
  • File: リクエストされたファイルのベース名。
  • Protocol: データを転送するために使用されたネットワークプロトコル。この列はデフォルトでは表示されません。これは Firefox 55 の新機能です。
  • Scheme: リクエストされたパスのスキーム (https/http/ftp/...)。 この列はデフォルトで非表示になっています。これは Firefox 55 の新機能です。
  • Domain: リクエストされたパスのドメイン。
    • リクエストに SSL/TLS を使用し、接続に弱い暗号などのセキュリティの弱点があった場合は、ドメインの横に警告の三角形が表示されます。問題の詳細は [セキュリティ] タブで確認できます
    • IP アドレスを表示するにはドメインにカーソルを合わせます。
    • ドメインの横には、そのリクエストのセキュリティステータスに関する追加情報を示すアイコンがあります。 セキュリティアイコンを参照してください。
  • Remote IP: リクエストに応答しているサーバーの IP アドレス。この列はデフォルトで非表示になっています。これは Firefox 55 の新機能です。
  • Cause: XHR リクエスト、<img>、スクリプト、画像を要求するスクリプトなど、ネットワーク要求が発生した理由。これは Firefox 49 で新しく追加されました。
  • Type: レスポンスの Content-type
  • Cookies: リクエストに関連付けられたリクエストクッキーの数。 この列はデフォルトで非表示になっています。これは Firefox 55 の新機能です。
  • Set-Cookies: リクエストに関連付けられたレスポンスクッキーの数。この列はデフォルトで非表示になっています。これは Firefox 55 の新機能です。
  • Transferred: リソースをロードするために実際に転送されたバイト数。リソースが圧縮されている場合は Size より小さくなります。Firefox 47 から、リソースがサービスワーカーキャッシュからフェッチされた場合、このセルには "service worker" が表示されます。
  • Size: 転送されたリソースのサイズ。

上部のツールバーはこれらの列にラベルを付け、ラベルをクリックするとその列によるすべての要求がソートされます。

イメージサムネイル

ファイルがイメージの場合、行にはイメージのサムネイルが含まれ、ファイル名の上にマウスを置くとツールチップのプレビューが表示されます。

セキュリティアイコン

ネットワークモニタは [ドメイン] 列にアイコンを表示します。

これによりリクエストのセキュリティステータスに関する追加情報が得られます。

アイコン 意味
HTTPS
弱い HTTPS (例えば、弱い暗号が使用された場合)
失敗した HTTPS (たとえば、証明書が無効だった場合)
HTTP
Localhost
URL がコンテンツブロッキングを有効にしてブロックされる既知のトラッカーに属していることを示します。

弱い HTTPS リクエストと失敗した HTTPS リクエストについては、[セキュリティ]タブに問題の詳細が表示されます。

原因列

「原因」列には、リクエストの原因を示します。これは通常かなり明白であり、一般的にこれとタイプの列項目との間の相関を見ることができます。最も一般的な値は次のとおりです。

  • document: ソースHTMLドキュメント
  • img: <img> 要素
  • imageset: <img> 要素
  • script: JavaScriptファイル
  • stylesheet: CSSファイル

タイムライン

リクエストリストには、各リクエストのさまざまな部分のタイムラインも表示されます。

各タイムラインには、その行の他のネットワークリクエストに対する相対的な水平位置が与えられているため、ページのロードに要した合計時間を確認できます。ここで使用される色分けの詳細については、タイミングページのセクションを参照してください。

Firefox 45 以降、タイムラインには 2 つの垂直線も含まれています:

  • 青い線はページの DOMContentLoaded イベントがトリガーされるポイントを示します
  • 赤い線はページのロードイベントがトリガーされるポイントを示します

リクエストのフィルタリング

リクエストをコンテンツタイプ、XMLHttpRequests リクエスト、WebSocket リクエスト、URL、リクエストプロパティ別のいずれかでフィルタリングできます。

コンテンツタイプによるフィルタリング

コンテンツタイプ別にフィルタリングするには、ツールバーのボタンを使用します。

XHRのフィルタリング

XHR のみを表示するには、ツールバーの "XHR" ボタンを使用します。

WebSocketsのフィルタリング

WebSocket接続のみを表示するには、ツールバーの "WS" ボタンを使用します。

WebSocket 接続で交換されるデータを監視するには、WebSocket Monitor アドオンを試してください。

URLによるフィルタリング

URL でフィルタリングするには、ツールバーの検索ボックスを使用します。検索ボックスの中をクリックするか、あるいは Ctrl + F (または Mac の場合は Cmd + F )を押して、入力を開始します。ネットワークリクエストのリストは、フィルタ文字列を含むリクエストのみをドメインまたはファイルの部分に含めるようにフィルタリングされます。

Firefox 45 では、クエリ文字列に "-" 演算子をつけることでフィルタ文字列を含まないリクエストをフィルタリングできます。たとえば、"-google.com" というクエリでは、URL に "google.com" がないすべてのリクエストが表示されます。

プロパティによるフィルタリング

特定のリクエストプロパティでフィルタリングするには、ツールバーの検索ボックスを使用します。検索ボックスは特定のキーワードを認識し、特定のリクエストプロパティによってリクエストをフィルタリングするために使用できます。これらのキーワードの後にコロンと関連するフィルター値が続きます。フィルター値は大文字と小文字を区別しません。マイナス (-) を前に付けると、フィルタは無効になります。異なるフィルタをスペースで区切って組み合わせることができます。

キーワード 意味
status-code 特定の HTTP ステータスコードを持つリソースを表示します。 status-code:304
method 特定の HTTP リクエストメソッドを介して要求されたリソースを表示します。 method:post
domain 特定のドメインからのリソースを表示します。 domain:mozilla.org
remote-ip 指定された IP を持つサーバーからのリソースを表示します。 remote-ip:63.245.215.53
remote-ip:[2400:cb00:2048:1::6810:2802]
cause 特定の原因タイプに一致するリソースを表示します。 タイプは、原因列の説明に記載されています。 cause:js
cause:stylesheet
cause:img
transferred 特定の転送サイズまたは転送サイズが指定されたサイズに近いリソースを示します。k はキロバイトの接尾辞として、m はメガバイトに使用できます。例えば 1k の値は 1024 に相当します。 transferred:1k
size

特定のサイズ (圧縮解除後) または指定されたサイズに近いサイズのリソースを表示します。k はキロバイトの接尾辞として、m はメガバイトに使用できます。1k の値は 1024 に相当します。

size:2m
larger-than 指定したサイズ (バイト単位) を超えるリソースを表示します。k はキロバイトの接尾辞として、m はメガバイトに使用できます。1k の値は 1024 に相当します。 larger-than:2000
-larger-than:4k
mime-type 指定された MIME タイプに一致するリソースを表示します。 mime-type:text/html
mime-type:image/png
mime-type:application/javascript
is is:cached および is:from-cache はキャッシュから来るリソースのみを示します。
is:running は現在転送中のリソースのみを表示します。
is:cached
-is:running
scheme 指定されたスキームを介して転送されたリソースを表示します。 scheme:http
has-response-header 指定された HTTP レスポンスヘッダを含むリソースを表示します。 has-response-header:cache-control
has-response-header:X-Firefox-Spdy
set-cookie-domain 指定された値と一致する Domain 属性を持つ Set-Cookie ヘッダを持つリソースを表示します。 set-cookie-domain:.mozilla.org
set-cookie-name 指定された値と一致する名前を持つ Set-Cookie ヘッダを持つリソースを表示します。 set-cookie-name:_ga
set-cookie-value 指定された値と一致する値を持つ Set-Cookie ヘッダを持つリソースを表示します。 set-cookie-value:true
regexp 指定された regular expression と一致する URL を持つリソースを表示します。 regexp:\d{5}
regexp:mdn|mozilla

コンテキストメニュー

リスト内の行の"コンテキストクリック"は、次のオプションを含むコンテキストメニューを表示します。

  • Copy URL
  • Copy URL Parameters
  • Copy POST Data (only for POST requests)
  • Copy as cURL
  • Copy Request Headers
  • Copy Response Headers
  • Copy Response
  • Copy Image as Data URI (only for images)
  • Copy All As HAR
  • Save All As HAR
  • Save Image As (only for images)
  • Edit and Resend
  • Open in New Tab
  • Start Performance Analysis for the page

Edit and Resend

このオプションを使用すると、リクエストのメソッド、URL、パラメータ、およびヘッダーを編集し、リクエストを再送信できるエディタが開きます。

新規タブで開く

リクエストを新しいタブで再送信します。非同期リクエストのデバッグには非常に便利です。

Copy as cURL

このオプションはネットワークリクエストを cURL コマンドとしてクリップボードにコピーするので、コマンドラインから実行することができます。 このコマンドには、次のオプションが含まれます。

-X [METHOD] メソッドが GET または POST でない場合
--data URL エンコードされたリクエストパラメータ
--data-binary マルチパートリクエストパラメータの場合
--http/VERSION HTTP バージョンが 1.1 でない場合
-I メソッドが HEAD の場合
-H

各リクエストヘッダーごとに1つ。

Firefox 34から、"Accept-Encoding" ヘッダが存在する場合、cURL コマンドに -H "Accept-Encoding: gzip, deflate" の代わりに --compressed が含まれます。これは、レスポンスが自動的に解凍されることを意味します。

Copy/Save All As HAR

これらのオプションはリストされたすべての要求に対して HTTP アーカイブ (HAR) を作成します。HAR 形式を使用すると、ネットワークリクエストに関する詳細情報をエクスポートできます。'Copy All As HAR' はデータをクリップボードにコピーし、'Save All As HAR' はアーカイブをディスクに保存するダイアログを開きます。

Firefox 61 以降では、これらのオプションを簡単に発見できるようにツールバーメニューを追加しました (バグ 1403530)。新しい 'HAR' ドロップダウンメニューには、'Copy All As HAR' コマンドと 'Save All As HAR' コマンドの両方と、'Import...' オプションがあります。

ドキュメントのタグと貢献者

タグ: 
このページの貢献者: silverskyvicto
最終更新者: silverskyvicto,