開発ツール関連ドキュメントの索引

195 ページあります:

# ページ タグと要約
1 開発ツール Developing Mozilla, Guide, Tools, Web Development, Web Development:Tools, l10n:priority, ツール, 開発ツール
デスクトップとモバイルで、HTML と CSS と JavaScript を調査、編集、デバッグします。
2 3D ビュー HTML, Tools, Web Development, Web Development:Tools
3D ビューボタンをクリックすると、ページが 3D ビューモードに移行します。このモードでは HTML で入れ子のブロックが、ページの底部から外側へ飛び出すかたちで次第に "高く" なるように 3D 描画されたページを見ることができます。このビューは、コンテンツの入れ子構造の視覚化を容易にします。
3 CSSカバレッジ
CSSカバレッジは、Firefox開発者向けのコマンドセットで、使い古されていないCSSを指摘し、初期レンダリングに必要なCSSファイルの部分を示すことで、乱雑なCSSを解くのに役立ちます。
4 Contributing NeedsTranslation, TopicStub
This is a guide to contributing to the Firefox Developer Tools. At a high level, the workflow for a contributor looks like this:
5 Nightly を使ってコントリビュートする
このページでは Firefox 開発ツール へコントリビュートするシンプルな方法を説明します。この方法であれば、Firefox をビルドしたり特別な環境を用意する必要はありません。
6 DOM プロパティビューアー DOM, Tools, Web Development
DOM プロパティビューアーは、現在のページまたは 選択したフレームwindow オブジェクトから始まる DOM のプロパティを、展開可能なツリー構造で調査できるツールです。
7 Debugger-API
MozillaのJavaScriptエンジンであるSpiderMonkeyは、Debuggerという名前のデバッグインターフェイスを提供しています。Debuggerは、JavaScriptコードが他のJavaScriptコードの実行を観察して操作できるようにします。Firefoxの組み込みの開発者ツールとFirebugアドオンは、どちらもDebuggerを使用してJavaScriptデバッガを実装しています。しかし、Debuggerは非常に一般的で、トレーサやカバレッジ分析、パッチアンドコンティニューなどの他の種類のツールを実装するために使用できます。
8 Debugger
コンストラクタとして呼び出されると、Debuggerオブジェクトは新しいDebuggerインスタンスを作成します。
9 Debugger.Environment
A Debugger.Environment instance represents a lexical environment, associating names with variables. Each Debugger.Frame instance representing a debuggee frame has an associated environment object describing the variables in scope in that frame; and each Debugger.Object instance representing a debuggee function has an environment object representing the environment the function has closed over.
10 Debugger.Frame
A Debugger.Frame instance represents a visible stack frame. Given a Debugger.Frame instance, you can find the script the frame is executing, walk the stack to older frames, find the lexical environment in which the execution is taking place, and so on.
11 Debugger.Memory
The Debugger API can help tools observe the debuggee’s memory use in various ways:
12 Debugger.Object
A Debugger.Object instance represents an object in the debuggee, providing reflection-oriented methods to inspect and modify its referent. The referent’s properties do not appear directly as properties of the Debugger.Object instance; the debugger can access them only through methods like Debugger.Object.prototype.getOwnPropertyDescriptor and Debugger.Object.prototype.defineProperty, ensuring that the debugger will not inadvertently invoke the referent’s getters and setters.
13 Debugger.Script
A Debugger.Script instance may refer to a sequence of bytecode in the debuggee or to a block of WebAssembly code. For the former, it is the Debugger API’s presentation of a JSAPI JSScript object. The two cases are distinguished by their format property being "js" or "wasm".
14 Debugger.Source
A Debugger.Source instance represents either a piece of JavaScript source code or the serialized text of a block of WebAssembly code. The two cases are distinguished by the latter having its introductionType property always being "wasm" and the former having its introductionType property never being "wasm".
15 Tools/Debugger-API/Tutorial-Debugger-Statement
注意: このチュートリアルは現在のバージョンのFirefoxでは動作しません。代わりに、更新された拡張ブレークポイントチュートリアルを試してみてください。
16 チュートリアル: Debuggerを使用したブレークポイントの設定
This page shows how you can try out the Debugger API yourself using Firefox’s Scratchpad. We use Debugger to set a breakpoint in a function, and then evaluate an expression whenever it is hit.
17 チュートリアル: コールパスごとの割り当てを表示する
This page shows how to use the Debugger API to show how many objects a web page allocates, sorted by the function call path that allocated them.
18 一般的な規則
このページでは、Debugger APIで使用される一般的な表記法を説明し、仕様全体で使用される用語を定義します。
19 DevTools API
The DevTools API provides a way to register and access developer tools in Firefox.
20 DevToolsカラー
このチャートには、開発者ツールのダークテーマとライトテーマで実装されている色とCSS変数が一覧で表示されています。
21 Firebug から移行する Firebug, Migration
Firebug から Firefox 開発ツールへ移行する際に、Firebug で愛用していた機能が開発ツールのどこにあるかと考えるかもしれません。以下のリストは、Firebug のユーザーが開発ツールへ移行するための支援を目指しています。
22 Firefox OS 1.1 Simulator
No summary!
23 Firefox OS シミュレータ
The Firefox OS Simulator is a version of the higher layers of Firefox OS that simulates a Firefox OS device, but runs on the desktop. This means that in many cases, you don't need a real device to test and debug your app. It runs in a window the same size as a Firefox OS device, includes the Firefox OS user interface and built-in apps, and simulates many of the Firefox OS device APIs.
24 JSON ビューアー
Firefox に JSON ビューアーが含まれています。JSON ファイルをブラウザーに読み込むと、分析して構文をハイライト表示します。配列やオブジェクトは折りたたんで表示しており、"+" アイコンを使用して展開できます。
25 JavaScript プロファイラ Debugging, Firefox, Guide, Profiler, Profiling, Tools
プロファイラツールを使用して、JavaScript コードのボトルネックを見つけましょう。プロファイラは周期的に、サンプルについて現在の JavaScript コールスタックやコンパイルの統計情報を抽出します。
26 Paint Flashing Tool
Paint Flashing Tool はアクティブ時に、何らかの入力 (例えばユーザーがマウスを動かしたりスクロールしたりするなど) への応答としてブラウザーが再描画を行わなければならない部分を強調表示します。このツールにより、ウェブサイトがブラウザーに過剰な再描画を行わせていないかを明らかにできます。再描画はパフォーマンスへの影響が大きい処理になりえるため、不必要な再描画をなくすことでウェブサイトの応答性を改善できます。
27 Tips Dev Tools, Tools, Web Development
スクリーンショット:
28 Tools/Debugger.Object
A Debugger.Object instance represents an object in the debuggee, providing reflection-oriented methods to inspect and modify its referent. The referent's properties do not appear directly as properties of the Debugger.Object instance; the debugger can access them only through methods like Debugger.Object.prototype.getOwnPropertyDescriptor and Debugger.Object.prototype.defineProperty, ensuring that the debugger will not inadvertently invoke the referent's getters and setters.
29 Valence (Firefox ツールアダプタ)
Valence (旧名 Firefox ツールアダプタ) は、Gecko ベースの Firefox、Android 版 Firefox、Firefox OS ブラウザに限らず、様々なブラウザを Firefox 開発者ツールでデバッグできるようにする実験的なアドオンです。
30 Web Audio エディター Tools
Web Audio API を使うとき、開発者は AudioContext を生成します。そのコンテキストでは、以下のようないくつもの AudioNode を構築します:
31 WebIDE Apps, Debugging, Firefox OS, WebIDE, tool, アプリ, ツール
WebIDE では、始めに 1 つ以上のランタイムをセットアップします。ランタイムは、アプリの実行やデバッグを行う環境です。ランタイムは USB (Firefox 39 以降では Wi-Fi も可能) でパソコンに接続した Firefox OS デバイスか、パソコン自体にインストールした Firefox OS シミュレータを使用できます。
32 WebIDE で Cordova アプリを扱う
Apache Cordova を使用すると HTML、JavaScript、CSS を使用してアプリを作成できます。また iOS や Android といったモバイルプラットフォーム向けのネイティブアプリも生成できます。Cordova では、Firefox OS 向けのアプリも作成できます
33 WebIDE のトラブルシューティング
Android OS で実行している Firefox のインスタンスに接続できない場合は、以下の項目を確認してください:
34 WebIDE を開く DevTools, WebIDE, opening
WebIDE を開く方法は 3 つあります:
35 アプリの作成と編集
WebIDE の左側にあるサイドバーで、以下のことをできます:
36 アプリの実行とデバッグ
アプリを実行する準備ができたら、ランタイムサイドバーでランタイムを選択しなければなりません。使用できるランタイムがない場合は、ランタイムのセットアップで追加方法を確認してください。
37 モニタ
The WebIDE Monitor
38 ランタイムのセットアップ
ランタイムは Web ブラウザなど、アプリの実行やデバッグを行う環境です。以下のようなランタイムがあります:
39 ランタイムメニュー
ランタイムを選択すると、ランタイムの設定にアクセスできます:
40 Webコンソール Debugging, Guide, Security, Tools, Web Development, Web Development:Tools, l10n:priority, web console, ツール, デバッグ
Webコンソールとは:
41 Web コンソールヘルパー Debugging, Web Development, web console
ウェブコンソールの JavaScript コマンドラインでは、いくつかの作業を簡単に行うための支援機能を内蔵しています。
42 Webコンソールの出力のカスタマイズ Webコンソール, ガイド
このドキュメントでは、Webコンソールブラウザコンソールの出力を拡張およびカスタマイズする方法について説明します。ここでは、コンソールやオブジェクトインスペクタで生成するオブジェクトプレビューを拡張する方法についても学ぶことができます。
43 Webコンソールリモーティング
このドキュメントでは、Webコンソールのリモート処理のしくみについて説明します。Webコンソールはユーザーインターフェイスを備えたクライアントと、タブ内で発生するすべてのもののリスナーを持つサーバーに分割されています。サーバーとクライアント間の通信には、リモートデバッグプロトコルを使用します。このアーキテクチャでは、WebコンソールクライアントインスタンスをB2G、Fennecまたはその他のFirefoxインスタンス上で動作するサーバーに接続できます。
44 ウェブコンソールを開く
ウェブコンソールを開く方法は以下のとおりです:
45 キーボードショートカット
これらのショートカットは、コマンドラインインタプリター 内で動作します。
46 コマンドラインインタープリター
ウェブコンソールのコマンドラインで、JavaScript の構文を即座に評価することができます。
47 コンソールのメッセージ
ウェブコンソールのほとんどは、メッセージ表示ペインが占めています:
48 コンソールの常時表示
コンソールを別のツールと並べて使用できます。ツールボックスで別のツールを使用しているときに Esc キーまたは ツールバー の "コンソールの常時表示を切り替えます" ボタンを押下してください。ツールボックスが分割表示されて元のツールが上段、ウェブコンソールが下段に表示されます。
49 高度な出力
ウェブコンソールでオブジェクトを出力する際は、オブジェクト名だけでなく、より高度な情報も表示します。特に、以下のような情報です:
50 Web開発者メニュー
Web DeveloperメニューはFirefoxに組み込まれている開発ツールにアクセスする主な方法です。 OS XとLinuxでは、これは「ツール」メニューの下にあります。
51 about:debugging
about:debugging ページは、1 か所からさまざまなデバッグ対象に Firefox の開発ツールを接続できる場所を提供します。現在サポートしているデバッグ対象は、リスタートレスアドオン、タブ、Worker の 3 種類です。
52 iframe での作業 Debugging, DevTools, Developer Tools, Frames, Tools
Firefox 34 より開発ツールで、ドキュメント内にある特定の iframe を対象にすることができます。
53 toolboxにパネルを追加する
この記事では、Toolboxに新しいツールを追加するアドオンを作成する方法について説明します。 作成するツールは、リモートデバッグプロトコル用の最小限のREPLです。これにより、デバッガサーバーにメッセージを送信し、サーバーからの応答を表示できます。
54 アクセシビリティインスペクター Accessibility, Accessibility inspector, DevTools, Guide, Tools
アクセシビリティインスペクターは、アクセシビリティツリーによって現在のページで支援技術に公開される重要な情報へアクセスする手段を提供して、欠けている情報やほかに注意が必要なことを確認できます。この記事では、アクセシビリティインスペクターの主な機能や使用方法を説明します。
55 アドオン NeedsTranslation, TopicStub, Web Development, Web Development:Tools
Firefoxには組み込まれていないが、別々のアドオンとして提供される開発ツールです。
56 DOM Inspector DOM, DOM:Tools, DOM_Inspector, Extensions, Extensions:Tools, Themes, Themes:Tools, Tools, Web Development, Web Development:Tools, XUL, XUL:Tools
DOM Inspector(別名 DOMi)は、文書(普通はウェブページまたは XUL ウィンドウ)の Document Object Model を調査、ブラウズ、編集することができる開発ツールです。ドキュメントとその中のすべてのノードを様々な視点から見ることができる二分割ウィンドウを用いて DOM の階層を探索することができます。
57 DOM Inspector FAQ DOM_Inspector
Inspector の URL バーに URL を入力して Enter キーを押します。あるいは、Inspector の [ファイル] メニューから [URL を Inspect] を選びます。開いている XUL ウィンドウを調べたいのであれば、[ファイル] メニューから [ウィンドウを Inspect] を選びます。
58 DOM インスペクタの内部構造 コード, ソース, ツール, 組織
DOMインスペクタには3つの主要な面があります。 あなたが最も慣れ親しんでいるのは、inspector.xulベースの主UIです。これは、DOM Inspectorが明示的にサポートしているアプリケーション(オーバーレイを介して配置されたメニューアイテム)からCtrl + Shift + I(またはCmd + Shift + I)を押すと表示される2ペインのインスペクタです。
59 DOMインスペクタのイントロダクション DOM インスペクタ
DOMインスペクタは Mozilla の拡張機能で、SeaMonkey の Tools > Web Development メニューからアクセスすることも、FirefoxとThunderbirdのToolsメニューからDOMインスペクタメニュー項目を選択することも、Ctrl/Cmd+Shift+I を使って開くこともできます。 DOMインスペクタはスタンドアロンです。 すべてのツールキットアプリケーションをサポートしており、独自のXULRunnerアプリに組み込むことも可能です。DOMインスペクタは、DOMの状態を検証するサニティチェックとして機能したり、必要に応じてDOMを手で操作するために使用できます。
60 アドオンの例
これらの例を使用して、DevTools アドオンの実装方法を理解してください。
61 インスペクター CSS, DOM, HTML, Stylesheets, Web Development, Web Development:Tools, l10n:priority
ページの HTML や CSS の調査や変更を行うために、インスペクターを使用しましょう。
62 3ペインモードのページインスペクタ
この記事では、ページインスペクタの3ペインモードを使用する方法について説明します。
63 HTML panel
ページ調査ツールの HTML パネルでは、調査ツールで現在選択している要素の HTML 構文を周囲の HTML と共に閲覧することができますので、その要素を生成する文脈を見ることができます。これはサイトのデバッグや、特定のレイアウトがどのように作られているかの学習に役立ちます。
64 How to NeedsTranslation, TopicStub
ここには様々な HOW TO へのリンクがあります。これらのリンク先では、各技術の HOW TO について詳しく説明しています。
65 CSS の調査と編集 Guide, Inspector, Tools
CSS ペイン で、ページの CSS の調査や編集を行えます。
66 CSS グリッドインスペクター: グリッドレイアウトを調査する Guide, Inspector, Tools
グリッドインスペクターで、Firefox の開発ツールを使用して CSS グリッドレイアウト を調査できます。ページ上にあるグリッドを見つける、グリッドを調査および変更する、レイアウトのの問題をデバッグするといったことが可能です。
67 CSS シェイプのパスを編集する CSS, DevTools, Page Inspector, Rules view, Tools, highlighter, shapes
シェイプパスエディターは、CSS の clip-pathshape-outside プロパティと <basic-shape> 値を使用して作成したシェイプの確認や編集を支援するツールです。このガイドでは、ツールで使用可能なオプションを見ていきます。
68 CSS フィルターを編集する CSS, DevTools, Filters, Page Inspector, Tools
ルールビュー で、filter プロパティの隣に丸い灰色と白色のマークを表示します:
69 HTML の調査と編集 Guide, Inspector, Tools
HTML ペイン で、ページの HTML の調査や編集を行えます。
70 Transform の可視化 Guide, Inspector, Tools
ルールビューtransform プロパティにマウスポインターを載せると、ページ上に変形操作をオーバーレイ表示します:
71 アニメーションを扱う Guide, Inspector, Tools
本記事では、アニメーションの視覚化と編集が可能な 3 つのツールを扱います:
72 Animation inspector example: Web Animations API
Web Animations API を使用するアニメーションのサンプルです。
73 Animations examples
Example animation using CSS transitions.
74 アニメーションインスペクタ (Firefox 41 および 42)
Firefox 41 および 42 では、アニメーションインスペクタで以下のことができます:
75 イベントリスナーの調査 Guide, Inspector, Tools
Firefox 33 より HTML ペイン で、イベントリスナーが設定されている要素の隣に "ev" アイコンを表示します:
76 インスペクターの API を使用する Inspector, Reference, Référence(2), Tools
Firefox アドオンは、chrome://browser/content/devtools/inspector/inspector.xul コンテキストから以下のオブジェクトにアクセスできます:
77 インスペクターを開く Guide, Inspector, Tools
インスペクターを開く方法は、主に 2 つあります:
78 ウェブコンソールからインスペクターを使用する Guide, Inspector, Tools
インスペクターで選択されている要素は、変数 $0 を使用してウェブコンソールから参照できます。
79 フォントを確認する Guide, Inspector, Tools
ルールビューfont-family プロパティにマウスポインターを載せると、フォントのサンプルをツールチップで表示します
80 ページ内の要素を再配置する
Firefox 48 より、絶対的に配置されている要素をページ上でドラッグして移動できるようになりました。
81 ボックスモデルの調査と編集 Guide, Tools
要素選択ボタン を押しているとき、ページ上で要素にマウスポインターを載せると、要素の ボックスモデル をオーバーレイで表示します:
82 背景画像を確認する
ルールビュー で、background-image で指定した画像のプレビューを確認できます。ルールにマウスポインターを載せてください:
83 色の調査と選択 Guide, Inspector, Tools
CSS ペインの ルールビュー ではルールに色の値が含まれる場合に、値の隣に色のサンプルを表示します:
84 要素の選択と強調表示
選択された要素は、インスペクタが現在フォーカスしているページの要素です。 選択した要素がHTMLペインに表示され、そのCSSがCSSペインに表示されます。
85 要素を選択する Guide, Inspector, Tools
選択された要素 は、ページ内でインスペクターが現在注目している要素です。選択された要素は HTML ペイン に表示します。また、要素の CSS を CSS ペイン に表示します。
86 Style panel
ページ調査ツールのスタイルパネルでは、調査を行っているページの CSS を調べたり操作したりすることができます。このパネルには選択されている要素に紐づけられている CSS に関する 2 つのビューがあります: CSS ルールを基にしたビューと、プロパティを基にしたビューです。
87 UI ツアー Guide, Inspector, Tools
本記事は、インスペクターのユーザーインターフェイスの主要部を紹介するクイックツアーです。
88 キーボードショートカット
これらのショートカットは、ページから要素を選択 がアクティブであるときに動作します。
89 エディタ
エディタはアドオンに埋め込むことのできるコードエディタコンポーネントです。現在、このコンポーネントはすべての既存のFirefox開発ツールで使用されています。このエディタコンポーネントは、CodeMirrorオープンソースエディタのラッパーです。
90 キーボードショートカット一覧 Tools, l10n:priority
本ページでは、Firefox 内蔵の開発ツールで使用している、すべてのキーボードショートカットを一覧化しています。
91 シェーダーエディター
シェーダーエディターで、WebGL で使用するバーテックスシェーダーおよびフラグメントシェーダーの参照や編集ができます。
92 スクラッチパッド Tools, Web Development, Web Development:Tools, l10n:priority
スクラッチパッドは、JavaScript の実験環境を提供します。ウェブページと対話するコードの記述、実行、結果の確認ができます。
93 スクリーンショットを撮影する Tools
開発ツールを使用して、ページ全体またはページ内のひとつの要素のスクリーンショットを撮影できます。
94 スタイルエディター CSS, Stylesheets, Tools, Web Development, Web Development:Tools
スタイルエディターでできること:
95 ストレージインスペクター Cookies, Dev Tools, Firefox, Guide, IndexedDB, Local Storage, Session Storage, Storage, Tools
ストレージインスペクターで、ウェブページが使用できるさまざまな種類のストレージを調査できます。現在は、以下の種類のストレージの調査に使用できます:
96 スポイト
スポイトツールで、ページ内から色を選択することができます。これはページ上で拡大鏡のように動作して、ピクセル単位の精度で選択することができます。拡大鏡の下には、現在選択しているピクセルの色の値を、オプション > 調査 で選択した色単位で表示します:
97 ソースを表示 DevTools, Firefox, view page source
ソース表示機能を使用して、表示しているページの HTML や XML を閲覧できます。ソースを表示する方法は以下のとおりです:
98 ソースエディタの使用
ソースエディタは source-editor.jsm によって提供されるエディタコンポーネントで、スクラッチパッドスタイルエディタ などの開発ツールで共用しています。また、Firefox の拡張機能から使用することもできます。この記事では、テキストを編集するときのエディタ自身の使い方を説明します。
99 ツールボックス
ツールボックスは、Firefox に組み込まれている開発ツールのほとんどを提供するホームです。
100 デバッガー Debugger, Debugging, Dev Tools, Tools, l10n:priority, ツール, デバッガー, デバッグ, 開発ツール
JavaScript デバッガーでは、バグを追究するために JavaScript コードのステップ実行やコードの状態の調査または変更が可能です。
101 UI ツアー
本記事は、JavaScript デバッガーのユーザーインターフェイスの主要部を紹介するクイックツアーです。UI は、縦に 3 つのパネルへ分かれています。
102 オプション
デバッガーには独自の設定メニューがあり、ツールバー 上のアイコンからアクセスできます:
103 キーボードショートカット
1. 一部の Mac はデフォルトで、ファンクションキーが特別な機能に再割り当てされています。例えば、画面の明るさや音量の変更です。これらのキーを標準的なファンクションキーとして使用するためのガイド (日本語版) をご覧ください。再割り当てされたキーを標準的なファンクションキーとして使用するには、同時に Function キーも押下してください (よってプロファイラーを開くには、Shift + Function + F5 を押してください)。
104 ソースマップのエラー
ソースマップはJSONファイルで、ブラウザで見られるように変換されたソースを、開発者が書いた元のソースと関連付けることができます。ソースマップを操作する際に問題が発生することがあります。このページでは、最も一般的な問題とその解決方法について説明します。
105 デバッガの使い方 TopicStub
No summary!
106 DOM イベントでブレークする
特定の DOM イベントをリッスンしている場合は、リスナーを探し出して手動でブレークポイントを設定することなく、イベントが発生したときにデバッガーにブレークさせることができます。
107 DOM ノードのハイライトと調査
変数ペイン で DOM ノードにマウスポインターを載せると、ページ上でそのノードをハイライト表示します。
108 eval ソースをデバッグする
eval() に渡される文字列や Function コンストラクターに渡される文字列といった、動的に評価される JavaScript コードをデバッグできます。
109 アドオンでデバッグにアクセスする
以下のアイテムは、chrome://browser/content/debugger.xul (バージョン 23 以降では chrome://browser/content/devtools/debugger.xul) のコンテキストにアクセスできます:
110 コードをステップ実行する
デバッガーがブレークポイントで停止しているときに、ツールバー にある 4 つのボタンを使用してステップ実行ができます:
111 ソースをブラックボックス化する
現在のウェブ開発では jQueryEmberAngular のようなライブラリーに頼ることが多く、ライブラリーを実行する時間の 99% は“正しく働く”と考えても問題ありません。私たちは、これらのライブラリーの内部実装を気にしません。それらは ブラックボックス のように扱います。しかし自身のコードへ達するためにスタックフレームのステップ実行を行っているとき、ライブラリーから抽出されたものがデバッグセッション内に見えてしまいます。ブラックボックス化により、選択したソースの詳細をデバッガーに無視させることができます。
112 ソースマップを使用する
ブラウザーが実行する JavaScript ソースは、開発者が作成した元のソースから何らかの方法で変換される場合があります。例えば:
113 デバッガーを開く
デバッガーを開く方法は 3 つあります:
114 ブレークポイントの無効化
ブレークポイントを 1 つ無効化するには、ブレークポイント一覧 でブレークポイントの隣にあるチェックボックスのチェックを外します。
115 ブレークポイントを設置する JavaScript, Tools
以下のいずれかの方法で、ブレークポイントを設置できます:
116 例外で停止する
ツールバー でアイコン をクリックすると、例外 で停止するようにデバッガーを指定できます。
117 圧縮されたファイルを整形する
ソースペイン のアイコン をクリックすると、圧縮された (minified) ファイルを整形します。デバッガーは整形したソースを表示して、"[original-name]:formatted" というような名前の新しいファイルとして表示します。
118 変数を調査、編集、ウォッチする
コードがブレークポイントで停止したときはデバッガーの 変数ペイン で、変数の状態を調査できます:
119 条件付きブレークポイントを設置する
通常のブレークポイントは、行に関連付けられます。プログラムがその行に達すると、デバッガーは停止します。条件付きブレークポイントは条件も関連付けられており、条件は で表します。プログラムがその行に達すると、式が true に評価された場合に限りデバッガーが停止します。
120 検索する
特定のファイルを検索するには、Control + P (Mac では Command + P) を押下して検索文字列を入力します。入力内容に応じて、マッチするすべてのファイルを ソースペイン に表示します。上下矢印キーでリスト内を移動することができ、Return を押下するとファイルを開きます:
121 検索とフィルタ
ツールバーのスクリプトフィルタを使用して、デバッガ内にある項目を検索できます:
122 監視式を設定する
コードのデバッグで、実行が停止しているときに式を監視すると役に立つことがあります。デバッガーには、監視する式 (監視式) を入力するペインがあります。コードをステップ実行するとデバッガーが式を監視して、その結果を返します。
123 新しいデバッガーの制限事項
バージョン 52 より、新しいデバッガーを Firefox に内蔵しています。現在、新しいデバッガーは Firefox Developer Edition および Firefox Nightly のみ有効化しています。新しいデバッガーは旧デバッガーより高速かつ信頼性が高く、将来の開発のための基盤を提供します。
124 デバッガー (Firefox 52 より前)
JavaScript デバッガーでは、バグを追究するために JavaScript コードのステップ実行やコードの状態の調査または変更が可能です。
125 How to NeedsTranslation, TopicStub
これらの記事では、デバッガの使用方法について説明します。
126 DOM イベントでブレークする
特定の DOM イベントをリッスンしている場合は、リスナーを探し出して手動でブレークポイントを設定することなく、イベントが発生したときにデバッガーにブレークさせることができます。
127 DOM ノードのハイライトと調査
変数ペイン で DOM ノードにマウスポインターを載せると、ページ上でそのノードをハイライト表示します。
128 eval ソースをデバッグする
eval() に渡される文字列や Function コンストラクターに渡される文字列といった、動的に評価される JavaScript コードをデバッグできます。
129 アドオンでデバッグにアクセスする
以下のアイテムは、chrome://browser/content/debugger.xul (バージョン 23 以降では chrome://browser/content/devtools/debugger.xul) のコンテキストにアクセスできます:
130 コードをステップ実行する
コードがブレークポイントで止まったときは、ツールバー の左側にある 4 つのボタンを使用してステップ実行を実施できます:
131 ソースをブラックボックス化する
現在のウェブ開発では jQueryEmberAngular のようなライブラリーに頼ることが多く、ライブラリーを実行する時間の 99% は“正しく働く”と考えても問題ありません。私たちは、これらのライブラリーの内部実装を気にしません。それらは ブラックボックス のように扱います。しかし自身のコードへ達するためにスタックフレームのステップ実行を行っているとき、ライブラリーから抽出されたものがデバッグセッション内に見えてしまいます。ブラックボックス化により、選択したソースの詳細をデバッガーに無視させることができます。
132 ソースマップを使用する
JavaScript のソースは、より効率よくサーバーから提供するためにコンバインあるいはミニファイされることがよくあります。さらに CoffeeScript や TypeScript のような言語からコンパイルするように、ページで実行する JavaScript は次第にプログラムによって作られる傾向があります。ソースマップ の使用によって、デバッグをとても容易にするために、デバッガーが実行中のコードを元のソースファイルと対応づけることができます。
133 デバッガーを開く
メニューボタン ( new fx menu ) をクリックして [開発ツール]、 [デバッガー] の順にクリックすると、デバッガーが開きます。あるいは、以下のキーボードショートカットを使用します:
134 ブレークポイントの無効化
ソースリストペイン で、ブレークポイントの項目の隣にあるチェックボックスのチェックを外すと、ブレークポイントが無効になります:
135 ブレークポイントを設置する
デバッガーで JavaScript コードにブレークポイントを設定する方法は、以下のとおり複数あります。
136 圧縮されたファイルを整形する
圧縮された (minified) ファイルを整形するには、ファイルを開いてから波括弧のペアが描かれたアイコンをクリックしてください:
137 変数を調査、編集、ウォッチする
コードがブレークポイントで停止したときはデバッガーの 変数ペイン で、変数の状態を調査できます:
138 条件付きブレークポイントを設置する
条件付きブレークポイントを設置するには ソースペイン で、設置したい行でコンテキストメニューを開いて [条件付きブレークポイントを設置] を選択します。そして、表示されたポップアップに条件式を入力します:
139 検索とフィルター
ツールバー のスクリプトフィルターを使用して、デバッガー内にある項目を検索できます:
140 UI ツアー
本記事は、JavaScript デバッガーのユーザーインターフェイスの主要部を紹介するクイックツアーです。デバッガーの UI は 6 つの主要なセクションに分かれており、順番に説明していきます:
141 オプション
デバッガーには独自の設定メニューがあり、ツールバー 上のアイコンからアクセスできます:
142 キーボードショートカット
これらのショートカットは、ツールボックス内の全ツールで動作します。
143 ブレークポイントの無効化
ブレークポイントを無効にするには、ソースリストペインでブレークポイントのエントリの横にあるチェックボックスをオフにします。
144 ネットワークモニター Debugging, Dev Tools, Firefox, Guide, Networking, Tools, l10n:priority
ネットワークモニターは、 Firefox が実行したすべてのネットワーク要求 (たとえばページの読み込みや XMLHttpRequests による) について、各要求でどれだけ時間がかかったかや要求の詳細情報を表示します。
145 バリデータ
このドキュメントでは開発者がWeb  ページを検証するためのさまざまなリソースを一覧にしています。
146 パフォーマンス
パフォーマンスツールは、サイトの一般的な応答性、JavaScript やレイアウトのパフォーマンスを知ることができるツールです。パフォーマンスツールを使用してあなたのサイトで、ある期間の記録やプロファイルを作成できます。記録後は、プロファイル内でサイトをレンダリングするためにブラウザーが行ったことの概要や、プロファイル内のフレームレートを表示します。
147 Examples TopicStub
パフォーマンスシナリオとチュートリアルのデモページのリストです。
148 ソートアルゴリズムの比較
この記事では、2つのパフォーマンスガイドで使用する簡単なサンプルプログラムについて説明します。コールツリーのガイドとフレームチャートのガイドです。
149 UI ツアー
パフォーマンスツールの UI は、大きく 4 つに分けられます:
150 コールツリー
コールツリーは、サンプリングプロファイラです。これは JavaScript エンジンの状態を定期的にサンプリングして、その時点のコード実行のスタックを記録します。統計的に、個々の関数を実行しているときに取得したサンプル数はブラウザが実行にかけた時間に対応しますので、コード内のボトルネックを発見できます。
151 シナリオ TopicStub
パフォーマンスシナリオ
152 CSS プロパティのアニメーション
CSS アニメーションでは複数のキーフレームを指定して、それぞれのキーフレームではアニメーションの特定の段階における要素の外見を定義するために CSS を使用します。ブラウザは、それぞれのキーフレームから次のキーフレームへ遷移することでアニメーションを作成します。
153 集約的な JavaScript
自身でも試してみたい場合は、デモ Web サイトがこちらにあります。
154 タイムライン
155 フレームチャート
呼び出しツリーとフレームチャートはどちらもサイトの JavaScript を分析するために使用します。またどちらも、記録している間定期的に取得する JavaScript エンジンのスタックのサンプルをデータとして使用します。
156 フレームレート
フレームレートは、ビデオデバイスが生成できる画像 (またはフレーム) のペースです。これは映画やゲームで特に知られていますが、現在は Web サイトや Web アプリのパフォーマンス測定として広く使用されます。
157 プロファイラのチュートリアル
JavaScript プロファイラは JavaScript エンジンの状態を定期的にサンプリングして、その時点のコード実行のスタックを記録します。統計的に、個々の関数を実行しているときに取得したサンプル数はブラウザが実行にかけた時間に対応しますので、コード内のボトルネックを発見できます。
158 メモリ割り当て
メモリ割り当てビューを有効にするため、プロファイルを記録する前にパフォーマンスツールの設定で "メモリ割り当てを記録" にチェックを入れなければなりません。そして通常どおりプロファイルの記録を行うと、ツールバーに "メモリ割り当て" という新たなタブが現れます:
159 操作手順
パフォーマンスツールを開く方法は以下のとおりです:
160 ブラウザーコンソール Web Development, WebDevelopment:Tools, ツール, デバッグ, ブラウザ
ブラウザーコンソールは Web コンソール に似ていますが、ひとつのコンテンツタブではなくブラウザー全体に適用されます。
161 ブラウザーツールボックス Debug, Firefox, JavaScript
ブラウザーツールボックスは通常の ツールボックス とは異なり、ウェブページだけでなくアドオンやブラウザー自体の JavaScript をデバッグすることができます。ブラウザーツールボックスのコンテキストは単一のタブ内のページではなく、ブラウザー全体になります。
162 ページの一部を測定する
Firefox 59の新機能
163 メモリー DevTools, Firefox, Mozilla, Tools
メモリーツールを使用して、カレントタブのメモリー ヒープ のスナップショットを取得できます。そして、どのオブジェクトがどれだけメモリーを使用しているかや、コードのどこでメモリーを割り当てているかを表示可能な、ヒープのさまざまなビューを提供します。
164 DOMの割り当て例
この記事では、メモリーツールの機能を示すために使用するシンプルなページについて説明します。
165 Monster example
この記事では、メモリツールの機能を示すために使用するシンプルなページについて説明します。
166 ツリーマップビュー
ツリーマップビューはスナップショットを視覚的に表現して、どのオブジェクトがもっとも多くのメモリを使用しているかの見解をすばやく得る助けになります。
167 ドミネーター
JavaScript のようにガベージコレクションを行う言語では、通常プログラマーはメモリーの解放について悩む必要はありません。プログラマーはオブジェクトを作成および使用するだけでよく、オブジェクトが不要になればランタイムがクリーンアップを引き受けて、オブジェクトが占有していたメモリを解放します。
168 ドミネータービュー
Firefox 46 より、メモリーツールに新たなビューであるドミネータービューが加わりました。これは、サイトによって割り当てられたオブジェクトの " 保持サイズ " を知るのに役立ちます。保持サイズはオブジェクト自身のサイズと、参照によって保持されているオブジェクトのサイズを合算したものです。
169 ヒープのスナップショットを比較する
Firefox 45 より、2 つのヒープのスナップショットの差分を確認できます。これは 2 つのスナップショット間で、メモリのアロケートや空き状態の違いを表示します。
170 基本操作
Firefox 50 より前のバージョンでは、メモリーツールをデフォルトで無効化しています。有効化するには開発ツールのオプションを開き、"標準の Firefox 開発ツール" 配下の "メモリー" にチェックを入れてください:
171 総計ビュー
Firefox 48 より前のバージョンでは、このビューがヒープスナップショットの既定のビューでした。Firefox 48 より既定のビューが ツリーマップビュー になりましたが、"表示:" のドロップダウンリストで総計ビューに切り替えできます:
172 リモートデバッグ Tools, l10n:priority
デスクトップ版の Firefox の開発ツール を使用して、別のブラウザーやランタイムで実行しているウェブサイトやウェブアプリをデバッグできます。別のブラウザーはツールと同じデバイス、あるいは USB で接続した電話機など別のデバイスに置くことができます。
173 Android 版 Firefox のリモートデバッグ
このガイドでは、Android 版 Firefox で実行しているコードを USB 経由で調査あるいはデバッグするために、リモートデバッグを使用する方法を説明します。
174 Firefox for Metro のリモートデバッグ
This article explains how to use remote debugging to inspect and code running in the new Windows 8 ("Metro-style") Firefox app, using the developer tools in Firefox on the desktop.
175 Thunderbird のリモートデバッグ Debug, Tutorial, thunderbird
このガイドでは、Thunderbird で実行しているコードの調査やデバッグを リモートデバッグ する方法を説明します。
176 USB 経由で Android 版 Firefox のデバッグを行う l10n:priority, remoteDebug
この記事では、Firefox 36 以降で Firefox の開発ツール を Android 版 Firefox に接続する方法を説明します。Wi-Fi 経由で接続する方法については、こちらのページ をご覧ください。
177 USB 経由で Firefox OS のデバッグを行う
このガイドでは、USB 経由で Firefox OS デバイスに Firefox 開発ツールを接続する方法を説明します。
178 WebIDE を使用した Firefox for Android のデバッグ
この記事では、Firefox開発ツールをFirefox 36以降のAndroid用Firefoxに接続する方法について説明します。
179 Wi-Fi 経由で Android 版 Firefox のデバッグを行う
この記事では、Wi-Fi 経由で Android 版 Firefox に Firefox 開発ツール を接続する方法を説明します。以前から USB 経由で Android 版 Firefox にツールを接続することができましたが、Wi-Fi 経由の接続は USB より便利で信頼性が高い方法です。
180 Wi-Fi 経由で Firefox OS のデバッグを行う
この記事では、Wi-Fi 経由で Firefox OS デバイスに Firefox 開発ツールを接続する方法を説明します。
181 デスクトップ版 Chrome のリモートデバッグ
デスクトップ環境で実行している Google ChromeFirefox 開発ツールを接続する方法を説明します。
182 デスクトップ版 Firefox のデバッグを行う Debugging, Guide, Tools
このガイドでは、同じマシン上の別のインスタンスとして実行しているデスクトップ版 Firefox に、Firefox 開発ツールを接続する方法を説明します。ここでは、デバッグされる Firefox のインスタンスをデバッグ先、デバッグを行う Firefox のインスタンスをデバッグ元と呼びます。
183 リリースノート
Firefox 51 から Firefox 52 の間に解決した開発ツール関連のバグ一覧
184 レスポンシブデザインモード Design, Dev Tools, Firefox, Guide, Responsive Design, Tools, Web Development, l10n:priority
レスポンシブデザイン は、さまざまな端末、特にデスクトップやラップトップだけでなく携帯電話やタブレットでも適切に表示および動作するウェブサイトを設計することです。
185 レスポンシブデザインモード (Firefox 52 より前)
レスポンシブデザイン は、携帯電話やタブレットのようなさまざまなデバイスに適した体裁を提供するため、さまざまなスクリーンサイズに適応します。レスポンシブデザインモードは、ウェブサイトやウェブアプリがさまざまなスクリーンサイズでどのように見えるかの確認を容易にします。
186 定規 DevTools, Firefox, Rulers, Tools
Firefox 40 の新機能
187 設定
任意の開発ツールを開いて以下の操作を行うと、開発ツールのオプションペインが開きます:
188 開発ツールバー Firefox, Tools, Web Development:Tools
開発ツールバーは、Firefox の内部から多くの開発ツールにアクセスするコマンドラインを提供します。これは Graphical Command Line Interpreter であり、コマンドラインの強力さや簡潔さとともに、統合されたコマンドヘルプや充実した出力表示を兼ね備えています。また、開発ツールバーは拡張可能です。独自のローカルコマンドを追加する、あるいはそれを他の人たちがインストールできるようにアドオンへ変換することも可能です。
189 FirefoxのGCLIをビルドする
ビルドして実行できるFirefoxのチェックアウトが必要です。詳細についてはsimple build instructionsmore detailed instructionsをご覧下さい。
190 GCLI コマンドを書く
GCLIに付属のドキュメントには、コマンドの記述に関するセクションがあります。 次のドキュメントでは、Firefoxで提供されるGCLIのサポートについて説明します。
191 Scratchpad
スクラッチパッドを用いてコマンドを作成するには、chrome 権限が必要です。この機能を有効にする方法は、スクラッチパッドのドキュメント に記載しています。
192 カスタマイズ設定
mozcmd 形式は、GCLI を簡単に使用できるように保存する手段です。これは Firefox ユーザーが、拡張子 mozcmd のファイルをいくつか置いたディレクトリを指し示す devtools.commands.dir を設定することで利用可能になります。
193 GCLIの今後
このセクションは将来の拡張性に関するものであり、現在の機能性については説明していません。

GCLIには現在3つの拡張ポイントがあります:
194 セキュリティやプライバシーのポリシーを表示する Firefox, GCLI, Tools, Web Development:Tools
security コマンドで、ウェブサイトのセキュリティやプライバシーの設定情報を表示します。security のサブコマンドが 2 つあります:
195 開発ツール関連ドキュメントの索引 Index, Tools
157 ページあります:

ドキュメントのタグと貢献者

タグ: 
このページの貢献者: wbamberg, Marsf
最終更新者: wbamberg,