タグ「XUL_Tutorial」の付いた記事

80 件のドキュメントが見つかりました。

  • XUL/Tutorial このチュートリアルは XUL (XML User-interface Language) について述べています。この言語は Mozilla ...
  • XUL/Tutorial/Adding_Buttons このセクションでは、ウィンドウに簡単なボタンを追加する方法を見て行きます。
  • XUL/Tutorial/Adding_Event_Handlers ここまでの作業で、ファイル検索ダイアログの外観は、かなり良くなりました。 まだ仕上がっていない箇所も多いですが、シンプルなユーザインターフェイスを簡単に作ることができています。 ...
  • XUL/Tutorial/Adding_Event_Handlers_to_XBL-defined_Elements 続いては、XBL で定義された要素にイベントハンドラを追加する方法について見ていきます。
  • XUL/Tutorial/Adding_HTML_Elements ボタンの追加もできたので、それ以外の要素もいくつか追加してみましょう。
  • XUL/Tutorial/Adding_Labels_and_Images このセクションでは、ウィンドウにラベルと画像を追加する方法について説明します。 また、ラベルとボタン要素をグループ化する方法にも触れます。
  • XUL/Tutorial/Adding_Methods_to_XBL-defined_Elements 続いては、 XBL で定義された要素に、カスタムメソッドを追加する方法について見ていきます。
  • XUL/Tutorial/Adding_More_Elements ボックスの説明の最後として、ファイル検索ダイアログにいくつかボックスを追加していきます。
  • XUL/Tutorial/Adding_Properties_to_XBL-defined_Elements 続いては、XBL で定義された要素にカスタムプロパティを追加する方法を見ていきます。
  • XUL/Tutorial/Adding_Style_Sheets これまでに作成してきた要素では、外観についてはほとんど変更しませんでした。 XUL では、要素の外観をカスタマイズするために CSS (Cascading Style Sheets) ...
  • XUL/Tutorial/Additional_Install_Features このセクションでは、インストーラのその他の機能をとりあげます。
  • XUL/Tutorial/Advanced_Rules このセクションでは、さらに高度なルール構文について見ていきます。
  • XUL/Tutorial/Anonymous_Content このセクションでは、XBL によりコンテントを生成する方法を見ていきます。
  • XUL/Tutorial/Box_Model_Details ここまでのセクションで、ボックスモデルについて多くの特徴を見てきました。 ここでは、いくつか例を示しながら、その挙動について、さらに詳細に見ていきます。
  • XUL/Tutorial/Box_Objects このセクションでは、ボックスオブジェクトについて説明します。 このオブジェクトは、XUL ボックスの表示とレイアウトに関する情報、 言い換えれば XUL ...
  • XUL/Tutorial/Broadcasters_and_Observers いくつもの要素に対して、同じようにイベントに反応させるようにしたり、一括して状態の変化を反映させたいことは、しばしばあると思います。 このために、ブロードキャスタを利用することができます。
  • XUL/Tutorial/Commands コマンドは、 操作 に応じて呼び出され、必要な処理を行います。
  • XUL/Tutorial/Content_Panels このセクションでは、HTML ページや、他の XUL ファイルを表示できるパネルを追加する方法を見ていきます。
  • XUL/Tutorial/Creating_an_Installer このセクションでは、XUL アプリケーションをインストーラにパッケージングする方法について説明します。
  • XUL/Tutorial/Creating_a_Skin このセクションでは、単純なスキンの作成方法について説明します。 なお、ここで作成するスキンは、単純化のためにファイル検索ダイアログのみを対象とします。
  • XUL/Tutorial/Creating_a_Window このチュートリアルでは、単純なファイル検索ユーティリティを作成していきます。とはいっても、最初は XUL ファイルの基本的な 構文 の確認から始めたいと思います。
  • XUL/Tutorial/Creating_a_Wizard 多くのアプリケーションでは, 利用者が複雑な作業を行っていく場合の補助のためにウィザードを利用しています。 XUL では、ウィザードを簡単に作る方法を提供しています。
  • XUL/Tutorial/Creating_Dialogs XUL アプリケーションでは、しばしばダイアログを表示する必要があります。 このセクションでは、ダイアログの作り方について説明します。
  • XUL/Tutorial/Cross_Package_Overlays このセクションでは、オーバーレイを明示的にインポートしないファイルに対して、オーバーレイを適用する方法について説明します。
  • XUL/Tutorial/Custom_Tree_Views ツリービューは、ツリーに表示するデータを保持するために使用します。
  • XUL/Tutorial/Document_Object_Model ドキュメントオブジェクトモデル (DOM) は、XUL 要素に対して、要素の情報を取得したり、変更を行うために使用できます。
  • XUL/Tutorial/Element_Positioning このセクションでは、要素の位置とサイズの制御について見ていきます。
  • XUL/Tutorial/Features_of_a_Window これまでにも、ウィンドウの機能についてはいくつか見ていますが、 このセクションでは、さらにいくつかの機能について見ていきたいと思います。
  • XUL/Tutorial/Focus_and_Selection このセクションでは、要素のフォーカスと選択を取り扱う方法について説明します。
  • XUL/Tutorial/Grids XUL には、表組み用のグリッドを作成するため、いくつかの要素が用意されています。
  • XUL/Tutorial/Groupboxes このセクションでは、要素をグループにまとめる方法について説明します。
  • XUL/Tutorial/Input_Controls XUL にも、HTML の フォーム コントロールと同様な要素があります。
  • XUL/Tutorial/Install_Scripts このセクションでは、インストールスクリプトについて述べます。
  • XUL/Tutorial/Introduction このチュートリアルでは、クロスプラットフォームなアプリケーションのユーザーインターフェイスを記述するための言語である、 XUL (XML User-interface Language) ...
  • XUL/Tutorial/Introduction_to_RDF このセクションでは、 RDF (Resource Description Framework) について見ていきます。
  • XUL/Tutorial/Introduction_to_XBL XUL には、姉妹言語として XBL (eXtensible Bindings Language) が用意されています。 この言語を利用して、XUL ウィジェットの 振る舞い ...
  • XUL/Tutorial/Keyboard_Shortcuts ...
  • XUL/Tutorial/List_Controls XUL には、リストボックスを作成するための要素が何種類かあります。
  • XUL/Tutorial/Localization XUL と XML には、実体 ( entity )という仕組みがあり、これを利用すればアプリケーションの ローカライズ (地域化) を簡単に行うことができます。
  • XUL/Tutorial/Manifest_Files このセクションでは、chrome と XUL ファイルをパッケージする方法と、それらのためにマニフェストファイルを作成する方法について確認します。
  • XUL/Tutorial/Manipulating_Lists XUL では、リストボックスを操作するために、いくつか専用のメソッドが用意されています。
  • XUL/Tutorial/Modifying_a_XUL_Interface DOM には文書を変更するために、色々な関数が用意されています。
  • XUL/Tutorial/Modifying_the_Default_Skin このセクションでは、ウィンドウのスキンを変更する方法について記述します。
  • XUL/Tutorial/More_Button_Features このセクションでは、ボタンが持っている付加的な機能について見ていきます。
  • XUL/Tutorial/More_Event_Handlers このセクションでは、イベントオブジェクトについて調査し、その後、付加的なイベントについても説明します。
  • XUL/Tutorial/More_Menu_Features このセクションでは、サブメニューとチェック付きメニューの作り方を見て行きます。
  • XUL/Tutorial/More_Tree_Features このセクションでは、さらに高度なツリーの機能について見ていきます。
  • XUL/Tutorial/More_Wizards このセクションでは、いくつかのウィザードの付加的な機能について説明していきます。
  • XUL/Tutorial/Numeric_Controls XUL には、数値や数の範囲の入力に使用するための要素が 2 つあり、 日付や時刻の入力に使用する要素も 2 つあります。 これらの要素は、Firefox 3 かそれ以降でのみ利用できます。
  • XUL/Tutorial/Open_and_Save_Dialogs 一般的に使われる種類のダイアログのひとつに、利用者がファイルを開いたり保存したりする際に利用されるファイル選択ダイアログがあります。
  • XUL/Tutorial/Overlays このセクションでは、共通するコンテントを分離するために利用可能なオーバーレイについて説明します。
  • XUL/Tutorial/Persistent_Data このセクションでは、XUL ウィンドウの状態を保存する方法について説明します。
  • XUL/Tutorial/Popup_Menus 前のセクションでは、メニューバーを使ったメニューの作り方を見てきました。 加えて、XUL ...
  • XUL/Tutorial/Progress_Meters このセクションでは、プログレスメーターの作り方を見ていきます。
  • XUL/Tutorial/Property_Files スクリプトからは、ローカライズのために実体を参照することができないため、 代わりにプロパティファイルを利用することになります。
  • XUL/Tutorial/RDF_Datasources このセクションでは、いくつかのデータソースと、独自の RDF ファイルをデータソースとして使用する方法を見ていきます。
  • XUL/Tutorial/Scrolling_Menus このセクションでは、メニューのスクロール表示についての説明と、その仕組みを他の要素に対しても使う方法を見ていきます。
  • XUL/Tutorial/Simple_Menu_Bars このセクションでは、複数のメニューを持つメニューバーの作成方法を見て行きます。
  • XUL/Tutorial/Splitters ここでは、ウィンドウにスプリッターを追加する方法を見ていきます。
  • XUL/Tutorial/Stacks_and_Decks 要素を重なった一組のカードのように扱えると便利なときがあります。 スタック ( stack ) 要素と、デッキ ( deck ) 要素がこのために用意されています。
  • XUL/Tutorial/Stack_Positioning このセクションでは、スタック内への要素の配置方法について説明します。
  • XUL/Tutorial/Styling_a_Tree このセクションでは、ツリーに対してスタイルを設定する方法を説明します。
  • XUL/Tutorial/Tabboxes 設定ダイアログでは、タブ付きページを使用したものをよく見かけると思います。 ここでは、その作り方を見ていきます。
  • XUL/Tutorial/Templates このセクションでは、データに基づいて要素を生成する方法について見ていきます。
  • XUL/Tutorial/The_Box_Model このセクションでは、どのように XUL がレイアウトを処理するかを見ていきます。
  • XUL/Tutorial/The_Chrome_URL このセクションでは、XUL ドキュメントをはじめとする chrome ファイルを参照する方法を説明します。
  • XUL/Tutorial/Toolbars ツールバーは、通常ウィンドウの上部に置かれ、よく使う機能を実行するための多数のボタンを持っています。 XUL では、ツールバーを作るための方法を提供しています。
  • XUL/Tutorial/Trees XUL では、ツリーを利用して表や階層リストを作成する方法を提供しています。
  • XUL/Tutorial/Trees_and_Templates このセクションでは、テンプレートからツリーを生成する方法について説明します。
  • XUL/Tutorial/Tree_Box_Objects このセクションでは、ツリーの描画方法を制御するために利用できる、ツリーボックスオブジェクトについて説明します。
  • XUL/Tutorial/Tree_Selection このセクションでは、選択されているツリー項目の取得と選択範囲の設定の方法について説明します。
  • XUL/Tutorial/Tree_View_Details このセクションでは、高度なツリービューの機能について見ていきます。
  • XUL/Tutorial/Updating_Commands このセクションでは、コマンドの状態を、タイムリーに更新する方法について見ていきます。
  • XUL/Tutorial/Using_Spacers このセクションでは、複数の要素を作成したときに、要素間のスペースを調整する方法について学びます。
  • XUL/Tutorial/XBL_Attribute_Inheritance このセクションでは、匿名コンテントの要素に属性を継承する方法を見ていきます。
  • XUL/Tutorial/XBL_Example このセクションでは、XBL 要素について例を用いて説明します。
  • XUL/Tutorial/XBL_Inheritance このセクションでは、既存の XBL 定義を拡張する方法について見ていきます。
  • XUL/Tutorial/XPCOM_Examples このセクションでは、XPCOM の利用例を、いくつかの新しいインターフェイスを用いて紹介します。
  • XUL/Tutorial/XPCOM_Interfaces このセクションでは、 Mozilla が利用しているオブジェクトシステムである XPCOM (Cross-platform Component Object Model) の概要を見ていきます。
  • XUL/Tutorial/XUL_Structure まず、最初に XUL が Mozilla でどのように処理されるかについて見てみることにします。