mozilla

タグ「XUL Reference」の付いた記事

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 7
  8. 8
  9. 10

912 件のドキュメントが見つかりました

  • XUL/Attribute/state
  • XUL/Attribute/statedatasource
  • XUL/Attribute/statusbar
  • XUL/Attribute/statustext しかし Mozilla はステータスバーのサイズを調整しません。この属性はテキストを表示するためだけに用いられます。Firefox では、このテキストは、メニューバーのメニューアイテムのために ...
  • XUL/Attribute/stringbundle.src
  • XUL/Attribute/style
  • XUL/Attribute/subject
  • XUL/Attribute/substate
  • XUL/Attribute/suppressonselect
  • XUL/Attribute/tab.selected
  • XUL/Attribute/tabindex
  • XUL/Attribute/tabs.onselect
  • XUL/Attribute/tabScrolling
  • XUL/Attribute/targets
  • XUL/Attribute/template
  • XUL/Attribute/template.container
  • XUL/Attribute/textbox.crop
  • XUL/Attribute/textbox.empty
  • XUL/Attribute/textbox.label
  • XUL/Attribute/textbox.onchange
  • XUL/Attribute/textbox.type
  • XUL/Attribute/textbox.value
  • XUL/Attribute/textnode.value
  • XUL/Attribute/timeout
  • XUL/Attribute/timepicker.increment
  • XUL/Attribute/timepicker.value
  • XUL/Attribute/title
  • XUL/Attribute/toolbar.mode
  • XUL/Attribute/toolbarbutton.type
  • XUL/Attribute/toolbarname
  • XUL/Attribute/tooltip
  • XUL/Attribute/tooltiptext
  • XUL/Attribute/tooltiptextnew
  • XUL/Attribute/top
  • XUL/Attribute/tree.editable
  • XUL/Attribute/tree.onselect
  • XUL/Attribute/treecell.editable
  • XUL/Attribute/treecell.mode
  • XUL/Attribute/treecell.src
  • XUL/Attribute/treecol.editable
  • XUL/Attribute/treecol.src
  • XUL/Attribute/treecol.type
  • XUL/Attribute/treecol.width
  • XUL/Attribute/treeitem.label
  • XUL/Attribute/uri
  • XUL/Attribute/userAction
  • XUL/Attribute/validate
  • XUL/Attribute/value
  • XUL/Attribute/var
  • XUL/Attribute/wait-cursor
  • XUL/Attribute/where.subject
  • XUL/Attribute/where.value
  • XUL/Attribute/width
  • XUL/Attribute/windowtype
  • XUL/Attribute/wrap
  • XUL/Attribute/wraparound
  • XUL/bbox ベースラインで整列する水平のボックスです。 hbox 要素の align 属性を baseline に設定したときと同じです。
  • XUL/binding bindings の中に含まれるべきです。 binding は変数をノードにバインドするために使います。構文は triple ...
  • XUL/bindings rule のための変数のバインディング一式を指定するために使用します。この要素は rule 内に含まれ、一つ以上の binding 要素が含まれなければなりません。この要素は Firefox ...
  • XUL/box 複数の子要素を含むコンテナ要素。 box の orient 属性が horizontal にセットされていると、子要素はbox内で左から右の順に配置される。 orient が vertical ...
  • XUL/broadcaster broadcaster は複数の要素で一つ以上の属性値を共有したいとき、または状態の変化に要素が反応してほしいときに使われます。broadcaster を監視している全ての要素は ...
  • XUL/broadcasterset broadcaster 要素のためのコンテナ要素です。 broadcasterset とその子孫は表示されません。
  • XUL/browser ウェブドキュメントのビューを含むことが期待されているフレーム。ページの履歴を持っていることと現在表示するページを操作するための追加のメソッドを含んでいること以外は iframe に似ています。
  • XUL/button ユーザが押すことができる button。イベントハンドラは、マウス、キーボード、その他のイベントのトラップに使えます。これは普通、グレーの長方形で描画されます。 label 属性または button ...
  • XUL/caption groupbox のヘッダです。この要素は label 属性を使ったテキストのラベルか、より複雑な見出し用の子要素のどちらかを含むでしょう。
  • XUL/checkbox ...
  • XUL/colorpicker ユーザが格子状のセルの一つをクリックして色を選ぶカラーパレット。
  • XUL/column columns 要素の中の一列。各 column 要素の子は連続した grid の各セルに置かれます。最も多く子要素を持ったコラムが、その中の rows の数を決めます。
  • XUL/columns grid の列を定義します。 子の column 要素で、grid 内に表示される個々の列を定義します。 columns 要素は他の columns 要素内に入れ子にすることができます。 ...
  • XUL/command command 要素は複数のソースから操作を呼び出すのに使われます。例えば、クリップボードの貼り付け操作は編集メニューやコンテクストメニュー、キーボードショートカットによって呼び出されます。 ...
  • XUL/commandset この要素は表示されず、 command 要素のコンテナを提供します。
  • XUL/conditions この要素は Firefox 2/Mozilla 1.8 以前のバージョンで query 要素の代わりに使用されます。
  • XUL/content この要素は query 要素内に現れます。ルールの query はこの要素を含み、ただ一つの content 要素を持ってなければなりません。 content 要素は uri ...
  • XUL/datepicker 日付ピッカは日付を入力できます。 3 つの種類が利用でき、 type 属性を使って指定できます。
  • XUL/deck 要素内の子要素を一度に一つのみ表示する要素です。 selectedIndex 属性は表示する子要素を決定します。
  • XUL/description この要素はテキストのブロックを作成するために使われます。テキストは value 属性か、 description の開きタグと閉じタグの中に置いて設定することができます。 value ...
  • XUL/dialog この要素は、ダイアログボックスの window 要素の中で使用します。 buttons ...
  • XUL/dialogheader ダイアログのヘッダのボックスです。この要素は dialog の中に置きます。ヘッダには title と description があります。
  • XUL/dropmarker dropmarker は、押下されると詳細を表示する矢印付きのボタンです。dropmarker は他の要素の一部になるため、個別の要素として使用されません。例えば、 menulist や ...
  • XUL/editor 編集可能なドキュメントが含まれるフレーム。editor ドキュメントを作成するには、 editortype 属性の値を html に設定します。Mozilla は HTML editor と ...
  • XUL/grid グリッドは要素を行と列に並べるレイアウト形式です。grid は子要素として、列の構造を定義する columns と行を定義する rows の両方の要素を含みます。各行列のサイズと属性は ...
  • XUL/grippy splitter の兄弟要素を折り畳むために splitter の内側で使用される要素です。
  • XUL/groupbox 一緒になった一塊の要素をまとめるための、周囲にフレームを描くボックスです。 caption 要素が groupbox の内側に置かれる場合は、 groupbox ...
  • XUL/hbox 子要素をいくつでも含むことができるコンテナ要素です。これは box 要素と同等のものです。
  • XUL/iframe HTMLの iframe 要素と似た機能を持つ内側のフレームです。 src 属性はフレームの内容を指定するために使用されます。この内容は別のドキュメントです。 iframe の子要素は無視されます。
  • XUL/image HTML の img 要素のように画像を表示する要素。 src 属性で image の URL を指定することができます。
  • XUL/key key 要素はキーボードショートカットを定義します。割り当てられたキーが押された時に応答するにはイベントハンドラを使用します。 key 要素は keyset 要素内に置かれなければなりません。
  • XUL/keyset key 要素のためのコンテナ要素。keyset およびその子孫要素は表示されません。
  • XUL/label この要素は control 要素のラベルを提供します。ユーザが label をクリックすると、フォーカスが control 属性で指定され関連付けられた control に移動します。
  • XUL/listbox この要素は、一つ以上の項目を選択できる項目のリストを作成するために使用します。listbox は複数のコラムを含みます。ここには listbox ...
  • XUL/listcell listbox の一つのセル。デフォルトではテキストのみを含みますが、アイコンや checkbox を持った listcell を利用することもできます。
  • XUL/listcol listbox 内の列。一部の列をフレキシブルにし、他の列を固定にすることができます。
  • XUL/listcols listbox の、 listcol 要素によって作成される各列のためのコンテナ。リストボックス内に置ける listcols は一つのみです。 listcols ...
  • XUL/listhead listbox のヘッダ行。通常は、各列のヘッダの listheader 要素を listhead 内に置きます。
  • XUL/listheader listbox 内の一つの列のヘッダ。
  • XUL/listitem listbox の一つの行。listitem のテキストは listcell を使用するか、listitem 要素上に label 属性を直接置いて指定します。デフォルトでは、listitem ...
  • XUL/member ルールの conditions 要素内で使用されます。この要素でコンテナ要素または他の要素に含まれる要素に条件を一致させます。 container 属性と child 属性の両方とも変数を使用します。
  • XUL/menu この要素は、 menubar 上に配置される button のようなものです。 ユーザが menu 要素をクリックすると、menu の子の menupopup が表示されます。 ...
  • XUL/menubar 通常、 menu 要素を含むコンテナ。Macintosh では、メニューバーは画面の上に沿って表示され、メニューバー内の非メニュー関連要素は無視されます。
  • XUL/menuitem menupopup 要素の中の一つです。これは button のように動作しますが、 menu 上で動作します。
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 7
  8. 8
  9. 10