タグ「XPConnect」の付いた記事

Found 25 documents.

  • Components.classes Components.classes は、プロパティが ContractID によって索引付けされたクラスである、読み出し専用オブジェクトです。
  • Components.classesByID Components.classesByID は、プロパティが CID によって索引付けされたクラスである、読み出し専用オブジェクトです。
  • Components.Constructor XPCOM コンポーネントの新規インスタンスを作成/生成するのに使用できる JavaScript 関数を作成します。
  • Components.Exception Components.Exception は、nsIXPCException オブジェクトを作る JavaScript コンストラクタです。これらの例外オブジェクトは JavaScript で ...
  • Components.ID Components.ID は、 nsIJSID インターフェースに合わせたネイティブオブジェクトを作成するコンストラクタです。
  • Components.interfaces Components.interfaces は、プロパティがそれらの名前によって索引付けされたクラスである、読み出し専用オブジェクトです。
  • Components.lastResult Components.lastResult は XPConnect を介した直前の XPCOM メソッド呼び出しの結果コードである数値コード nsresult を返します。
  • Components.manager Components.manager はグローバルなネイティブコンポーネントマネージャーサービスの便利な反映です。 nsIComponentManager ...
  • Components.results Components.results は、 js/src/xpconnect/src/xpc.msg ...
  • Components.returnCode Components.returnCode は、 return 命令による戻り値に加えて XPCOM の結果コードを保持できるプロパティです。
  • Components.stack Components.stack は、現在の JavaScript コールスタックのスナップショットを表す nsIStackFrame ( IDL 定義 ) ...
  • Components.utils Components.utils は便利でありながらも必須というわけではない、さまざまな XPConnect の機能のまとまりです。そのインタフェースは ...
  • Components.utils.evalInSandbox 制限付き特権を持つ環境下で JavaScript のコードを評価したい場合があるかもしれません。 Firefox 1.5 (Gecko 1.8) 以降にはこのための API ...
  • Components.utils.forceGC このメソッドはスクリプトにガベージコレクションサイクルを強制します。JavaScript ヒープがある大きさを超えると Mozilla JavaScript ...
  • Components.utils.getWeakReference このメソッドは Firefox 3 で導入され、オブジェクトの弱い参照 ( weak reference )を得るのに使います。
  • Components.utils.import このメソッドは Firefox 3 ...
  • Components.utils.reportError Components.utils.reportError は、 エラーコンソール に JavaScript の Error ...
  • Components_object Components オブジェクトは、 XPConnect 機能が JavaScript へ反映されるのを仲介するオブジェクトです。 Components ...
  • Fun_With_XBL_and_XPConnect この文章では、XBL の応用である、XULウィジェットへのアクセスを可能にする簡単な XPCOMインターフェースについて述べます。 XBLのこのインターフェースを定義するという特徴は、自動補完を行う ...
  • JavaScript_modules Firefox 3 で、外部モジュールから JavaScript コードをインポートする簡単な方法を提供する、新しい Components.utils.import() ...
  • wrappedJSObject wrappedJSObject は XPConnect ...
  • XPCOMUtils.jsm XPCOMUtils.jsm は JS コンポーネントローダによって読み込まれる JavaScript コンポーネントのためのユーティリティを含んだモジュールです。
  • XPConnect Categories
  • xptcall_FAQ xptcall は、低レベルの XPCOM メソッド呼び出しのための小さなライブラリです。プラットフォーム固有の C/C++ ...
  • XUL/Tutorial/XPCOM_Interfaces このセクションでは、 Mozilla が利用しているオブジェクトシステムである XPCOM (Cross-platform Component Object Model) の概要を見ていきます。