タグ「Selectors」の付いた記事

Found 39 documents.

  • Web/API/document.querySelector 与えられた CSS セレクタにマッチする文書中の最初の要素(※深さ優先の先行順走査によるもの)を返します。
  • Web/API/document.querySelectorAll 与えられた CSS セレクタにマッチする文書中の要素(※深さ優先の先行順走査によるもの)の全てのリスト ( NodeList ) を返します。
  • Web/CSS/::first-letter CSS の ::first-letter 擬似要素 は、ブロックの最初の行について、最初の文字より前に他のコンテンツ(画像やインラインテーブルなど)がないときに、その文字にマッチします。
  • Web/CSS/::first-line CSS の ::first-line 擬似要素 ...
  • Web/CSS/:checked CSS の :checked 擬似クラス セレクタは、チェックされているか、 on 状態にトグルされているすべての ラジオボタン ( input type="radio" )、 チェックボックス ( ...
  • Web/CSS/:disabled CSS の :disabled 擬似クラス は 使用不可 ( disabled ) ...
  • Web/CSS/:empty :empty 疑似クラス は、如何なる子要素や文字(※半角スペースなども文字に含まれる)を持たない空の要素にのみマッチします。但し、コメント構文は判定に影響しません。
  • Web/CSS/:enabled :enabled CSS 疑似クラス は全ての使用可能な要素(即ち、disabled 属性がセットされていない要素)にマッチします。
  • Web/CSS/:first-child :first-child CSS 疑似クラス ( Pseudo classes ) は、自身の親要素の最初の子要素にマッチします。
  • Web/CSS/:first-of-type CSS の :first-of-type 擬似クラス は、親要素にある自分と同じタイプの子要素のうち、先頭にあるものを表します。
  • Web/CSS/:indeterminate :indeterminate CSS 疑似クラスは JavaScript によって indeterminate DOM 属性が true に設定されている input type="checkbox" ...
  • Web/CSS/:invalid CSS の :invalid 擬似クラス は、input 要素の種類に応じた 妥当性検査 ( validation ) に失敗したコンテンツを持つ、すべての input や form ...
  • Web/CSS/:lang CSS の :lang 擬似クラス は、要素が関係していると判断された言語にマッチします。HTML では、言語は lang 属性と meta ...
  • Web/CSS/:last-child :last-child CSS 疑似クラス は、自身の親要素の最後の子要素にマッチします。
  • Web/CSS/:last-of-type CSS 疑似クラス の :last-of-type は、その親要素の中で特定のタイプを持つ子要素の内、最後のものにマッチします。
  • Web/CSS/:left CSS の :left ページ 擬似クラス は、ページを印刷したとき、左側のページすべてにマッチします。これを使って、左側のページのスタイルを決められます。
  • Web/CSS/:not CSS の否定 擬似クラス である :not(X) は、単純なセレクタ X を引数にとる関数記法で、引数で表現されない要素にマッチします。 X には、他の否定セレクタや 擬似要素 ...
  • Web/CSS/:nth-child CSS の :nth-child 擬似クラス は、文書木内の自分より前に a n+ b -1 個の兄弟要素を持ち、親要素を持つ要素にマッチします。ここで、 n にはゼロか正の数が入ります。
  • Web/CSS/:nth-last-child CSS の :nth-last-child 擬似クラス は、文書木内の自分より後ろに a n+ b -1 個の兄弟要素を持ち、親要素を持つ要素にマッチします。ここで、 n ...
  • Web/CSS/:nth-last-of-type CSS の :nth-last-of-type 擬似クラス は、文書木内の自分より後ろに同じ要素名の a n+ b -1 個の兄弟要素を持ち、親要素を持つ要素にマッチします。ここで、 n ...
  • Web/CSS/:nth-of-type CSS の :nth-of-type 擬似クラス は、文書木内の自分より前に、同じ要素名の a n+ b -1 個の兄弟要素を持ち、親要素を持つ要素とマッチします。ここで、 n ...
  • Web/CSS/:only-child CSS の :only-child 擬似クラス は、親要素の唯一の子要素である要素を表します。これは :first-child:last-child や ...
  • Web/CSS/:only-of-type CSS の :only-of-type 擬似クラス は、指定タイプの兄弟要素をひとつも持たない要素を表します。
  • Web/CSS/:optional CSS の :optional 擬似クラス は、 required 属性がセットされていないすべての input ...
  • Web/CSS/:required CSS の :required 疑似クラス は required 属性の要求を満たす全ての input 要素及び textarea ...
  • Web/CSS/:right CSS の :right ページ 擬似クラス は、ページを印刷したとき、右側のページすべてにマッチします。これを使って、右側のページのスタイルを決められます。
  • Web/CSS/:root CSS の :root 疑似クラス は、文書ツリー上のルート要素にマッチします。つまり、HTML 文書に於いては :root は html 要素にマッチします。 :root の 優先度 ...
  • Web/CSS/:target :target 擬似クラス は、文書の URI のフラグメント識別子 ( fragment identifier ) に一致する id を持った唯一の要素があれば、その要素を表します。
  • Web/CSS/:valid :valid CSS 疑似クラス は、その内容が バリデーション により type 属性の設定に従い正しく入力されている任意の input ...
  • Web/CSS/:visited :visited CSS 擬似クラス を使うと、訪問済みのリンクだけをセレクタで選択できます。このスタイルは、続くルールに現れる他のリンク関連の擬似クラス、 :link 、 :hover 、 ...
  • Web/CSS/Adjacent_sibling_selectors プラス記号 ( + ) のセレクタです。「 隣接兄弟セレクタ 」、または「 隣接セレクタ 」と呼ばれます。ある要素の直後に後続する要素にマッチします。
  • Web/CSS/Child_selectors 「」結合子は 2 つのセレクタ間に置かれ、第 1 セレクタにマッチする要素の「直接の子要素」のうち、第2セレクタにマッチする要素とマッチします。比較として、子セレクタの代わりに「 子孫セレクタ ...
  • Web/CSS/Class_selectors HTML 文書において、 CSS のクラスセレクタは、要素の class 属性に内容に基づいて要素をマッチします。 class 属性はスペースで区切られた項目リストとして定義され、それらの項目の 1 ...
  • Web/CSS/Descendant_selectors 子孫セレクタは、 2 つのセレクタとその間に置いた半角スペース(または連続した半角スペース)で表現され、第 1 セレクタにマッチする要素の子孫要素のうち、第 2 ...
  • Web/CSS/General_sibling_selectors 一般兄弟セレクタ ( general sibling selectors ) では、「~」結合子を使います。「 ~ ...
  • Web/CSS/ID_selectors HTML 文書において、 CSS の ID セレクタは、セレクタで与えられた値に正確にマッチする、要素の ID 属性の内容に基づいて要素を選択します。
  • Web/CSS/quotes quotes プロパティは、対象要素の前後に表示する引用符を指定する CSS プロパティです。
  • Web/CSS/Type_selectors CSS ...
  • Web/CSS/Universal_selectors アスタリスク (*) は、 CSS の全称セレクタです。全称セレクタは、どの型の要素にもマッチします。単純セレクタからアスタリスクを除いても、効果は同じです。例えば、 *.warning と ...