タグ「Security」の付いた記事

Found 29 documents.

  • DOM/navigator.id.get この関数は、Web サイトが Persona を使用してユーザの認証ができるようにします。この関数は、コールバック関数を引数に指定した "log in with Persona" ボタンの ...
  • DOM/navigator.id.getVerifiedEmail この関数は、Web サイトが BrowserID を使用してユーザの認証ができるようにします。この関数は、コールバック関数を引数に指定した "log in with BrowserID" ボタンの ...
  • DOM/navigator.id.logout この関数は、 Persona で、Web ...
  • HTTP/X-Frame-Options X-Frame-Options HTTP レスポンスヘッダは、ブラウザがページを frame または iframe ...
  • HTTP_access_control クロスサイト HTTP リクエスト とは、要求を出すリソースが存在するドメインとは 異なるドメインの リソースに対して HTTP リクエストを行うことを指します。例えば、ドメイン A ( ...
  • Introduction_to_Public-Key_Cryptography 公開鍵暗号および関連標準および技術は、多くのRed Hat製品(署名および暗号化電子メール、フォーム署名、オブジェクト署名、シングルサインオン、およびSecure Sockets Layer ...
  • Introduction_to_SSL このドキュメントは、 Secure Sockets Layer (SSL) プロトコルの紹介です。 SSLは、World Wide ...
  • Mozilla/Firefox_OS/Security 以下の記事では、Firefox OS ...
  • Mozilla/Firefox_OS/Security/Application_security Firefox OS に導入した主要な Web アプリのセキュリティコントロールは以下のとおりです:
  • Mozilla/Firefox_OS/Security/Security_model このドキュメントでは、Mozilla の Firefox OS ...
  • Mozilla/Firefox_OS/Security/System_security 本記事では、Firefox OS のシステムセキュリティモデルの概要を説明します。すなわち、オペレーティングシステムがどのようにセキュリティや許可設定の適用を提供するかを説明します。
  • Mozilla/Persona/Security_Considerations あなたの Web サイトに Persona のサポートを追加する場合、Persona ができるだけセキュリティの重荷を負います。しかしながら、セキュリティのある面においては、あなたの Web ...
  • Notes_on_TLS_-_SSL_3.0_Intolerant_Servers 多くの Netscape 6.x/7.x および Mozilla 利用者が、いくつかのセキュリティ保護されたサイト -- ...
  • PKCS11 暗号化モジュール実装者のための PKCS #11 情報:
  • Safely_accessing_content_DOM_from_chrome 信頼できない (ウェブページの) コンテンツの DOM インターフェイスをスクリプトで扱うアプリケーションや拡張機能では、扱う情報が本当に DOM API の物なのか、悪意のあるページで定義された ...
  • Security
  • Security/CSP/CSP_policy_directives Web サイトの管理者が Content Security Policy (CSP) ...
  • Security/CSP/Default_CSP_restrictions By default, when CSP is in effect, a certain set of restrictions is put in place. Web servers can ...
  • Security/CSP/Introducing_Content_Security_Policy Content Security Policy (CSP) は、クロスサイトスクリプティング (XSS) ...
  • Security/CSP/Using_Content_Security_Policy Content Security Policy を設定することは、実施したいポリシーを決定することになります。ポリシーを決定したら、これらを設定し、あなたのポリシーを確立するために ...
  • Security/CSP/Using_CSP_violation_reports Web サイトの管理者のための Content Security Policy ...
  • Security/HTTP_Strict_Transport_Security HTTP Strict Transport Security (よく HSTS と略されます) は、Web サイトがブラウザに対して、 HTTP の代わりに HTTPS ...
  • Tools/Web_Console Web コンソールでできること:
  • Web/API/navigator.id BrowserID プロトコル は、BrowserID API を開示する window.navigator オブジェクトに新しい id プロパティを定義しています。この API ...
  • Web/API/navigator.id.request この関数は、Web サイトが Persona を使用してユーザの認証ができるようにします。この関数は click ハンドラから呼び出されなければなりません。例えば、ユーザがページ上の「log in ...
  • Web/CSS/Privacy_and_the_:visited_selector 歴史的に、CSS の :visited セレクタは、 getComputedStyle() ...
  • Web/HTML/CORS_settings_attributes img や video など、CORS をサポートするいくつかの HTML 要素には crossorigin 属性 ( crossOrigin プロパティ) ...
  • Web/JavaScript/Same_origin_policy_for_JavaScript 同一生成元ポリシーによって、ある生成元から読み込まれた文書やスクリプトが、異なる生成元からの文書のプロパティを取得したり設定したりするのを防ぎます。
  • XPCNativeWrapper XPCNativeWrapper は、 特権コードから安全にアクセスする ために、オブジェクトをラップする方法です。 これは、全てのバージョンの Firefox で利用できますが、Firefox ...