mozilla

タグ「DOM_0」の付いた記事

  1. 1
  2. 2

111 件のドキュメントが見つかりました

  • Web/API/Document/alinkColor リンクのアクティブ状態(リンクの mousedown 及び mouseup イベント発生時)に於ける色を取得 / 設定します。
  • Web/API/Document/bgColor bgColor は、現在のドキュメントの背景色の取得 / 設定に用います。
  • Web/API/Document/clear このメソッドはドキュメントの内容を消去するものであり、初期の Mozilla アプリケーション(※ 1.0 以前)にのみ存在したものです。
  • Web/API/Document/embeds document.embeds は、現在の文書の埋め込みオブジェクト ( embed ) のリストを返します。
  • Web/API/Document/fgColor fgColor は、現在のドキュメントの前景色または文字色の取得 / 設定に用います。
  • Web/API/document/height 現在の文書の body 要素の現在の高さのピクセル値を返します。
  • Web/API/Document/lastModified 現在の文書の最終更新日を表す文字列を返します。
  • Web/API/Document/linkColor リンク色を取得 / 設定します。
  • Web/API/Document/location 文書の URL に関する情報を持ち、その URL を変更するメソッドを提供する Location オブジェクトを返します。Gecko ブラウザでは URL をこのプロパティに割り当てる事により別の ...
  • Web/API/Document/plugins 現在のドキュメントの embed 要素を表す 1 つ以上の HTMLEmbedElement か null を含む、 HTMLCollection オブジェクトを返します。
  • Web/API/Document/vlinkColor 訪問済リンク色を取得 / 設定します。
  • Web/API/Document/width 現在の文書の body 要素の現在の幅のピクセル値を返します。
  • Web/API/Element/innerHTML innerHTML は、与えられた要素に含まれる全ての マークアップ と内容を設定または取得します。
  • Web/API/GlobalEventHandlers/onabort ウィンドウに中断イベントを送ったときのイベントハンドラです。
  • Web/API/HTMLElement/offsetTop offsetTop は、その要素の offsetParent ノードの上端からの相対的な位置を返します。
  • Web/API/Navigator/cookieEnabled ブラウザでクッキーが有効かどうかを示す真偽値を返します(読み込み専用)。
  • Web/API/Navigator/oscpu 使用中のオペレーティングシステムを識別する文字列を返します。
  • Web/API/Navigator/productSub productSub は、現在のブラウザのビルド番号を返します。
  • Web/API/Navigator/vendor 現在のブラウザのベンダー名を返します。
  • Web/API/Navigator/vendorSub vendorSub は、ベンダーバージョン番号を表す、ベンダー名の部分文字列です。
  • Web/API/NavigatorID/appCodeName 現在のブラウザの内部 "コード" ネームを返します。
  • Web/API/NavigatorID/appName ブラウザの公式な名前を返します。
  • Web/API/NavigatorID/appVersion ブラウザのバージョンを表す文字列を返します。
  • Web/API/NavigatorID/platform ブラウザのプラットフォームを表す文字列を返します。
  • Web/API/NavigatorID/product このプロパティは、現在のブラウザの製品名を返します。
  • Web/API/NavigatorID/userAgent 現在のブラウザでのユーザエージェントを表す文字列を返します。
  • Web/API/NavigatorLanguage/language ブラウザの言語バージョンを表す文字列を返します。
  • Web/API/NavigatorOnLine/onLine Returns the online status of the browser. The property returns a boolean value, with true for being ...
  • Web/API/NavigatorPlugins/javaEnabled このメソッドは、現在のブラウザで Java が有効かどうかを示します。
  • Web/API/NavigatorPlugins/mimeTypes MimeTypeArray オブジェクトを返します。このオブジェクトは、ブラウザが認識する MIME タイプを表す MimeType オブジェクトのリストを含んでいます。
  • Web/API/NavigatorPlugins/plugins アプリケーションにインストールされたプラグインをリスト化した、 PluginArray オブジェクトを返します。
  • Web/API/Screen/availHeight 画面上でウィンドウが利用可能な垂直空間の大きさを返します。
  • Web/API/Screen/availLeft 画面の左端から利用できる最初の有効ピクセルを返します。
  • Web/API/Screen/availTop 固定あるいは半固定されているユーザインタフェース部分は含まない、最初のピクセルの y 座標を示します。
  • Web/API/Screen/availWidth ウィンドウで利用可能な水平空間の大きさをピクセル単位で返します。
  • Web/API/Screen/colorDepth 画面の色深度を返します。
  • Web/API/Screen/height 画面の高さをピクセル単位で返します。
  • Web/API/Screen/left メイン画面の左端から現在の画面の左端までの距離をピクセル単位で返します。
  • Web/API/Screen/pixelDepth 画面のビット深度を返します。
  • Web/API/Screen/top 現在の画面の上端からの距離をピクセル単位で返します。
  • Web/API/Screen/width 画面の幅を返します。
  • Web/API/window.opener 現在のウィンドウを開いたウィンドウへの参照を返します。
  • Web/API/window.outerHeight ブラウザウィンドウの外側の高さを取得します。 window.outerHeight は、ツールバー、ウィンドウ chrome を含む、ブラウザウィンドウ全体の高さを表します。
  • Web/API/window.outerWidth ブラウザウィンドウの外側の幅を取得します。 window.outerWidth は、サイドバー(展開されている場合)、ウィンドウ chrome ...
  • Web/API/window.stop このメソッドは、ウィンドウの読み込みを停止します。
  • Web/API/Window/alert 指定したテキストと OK ボタンを持つ警告ダイアログを表示します。
  • Web/API/Window/back ウィンドウを履歴のひとつ前の内容に戻します。
  • Web/API/Window/blur ウィンドウからフォーカスをはずします。
  • Web/API/Window/captureEvents eventType は、次の値の組み合わせを取ります。: Event.ABORT , Event.BLUR , Event.CLICK , Event.CHANGE , Event.DBLCLICK ...
  • Web/API/Window/close 現在のウィンドウ、または、参照ウィンドウを閉じます。
  • Web/API/Window/closed この読取専用プロパティは、対象ウィンドウが閉じられているかどうかを示します。
  • Web/API/Window/confirm メッセージと、OK と キャンセルの 2 つのボタンを持つモーダルダイアログを表示します。
  • Web/API/Window/crypto 様々なブラウザのセキュリティ機能を扱うために利用できる、ブラウザの crypto オブジェクトを返します。
  • Web/API/Window/defaultStatus 与えられたウィンドウのステータスバーのテキストを取得/設定します。
  • Web/API/Window/directories ウィンドウディレクトリのツールバーオブジェクトを返します。
  • Web/API/Window/document window に含まれる document への参照を返します。
  • Web/API/Window/dump コンソールにメッセージを表示します。
  • Web/API/Window/escape 文字列をエンコードし、16 進エスケープシーケンスで表された特定の文字に置換します。
  • Web/API/Window/find ウィンドウ内の文字列を検索します。
  • Web/API/Window/focus ウィンドウにフォーカスを合わせます。
  • Web/API/Window/forward ウィンドウの文書の履歴のひとつ分だけ前へ進めます。
  • Web/API/Window/frameElement ( iframe や object のような)ウィンドウが埋め込まれた要素を返します。ウィンドウがトップレベルである場合は、 null を返します。
  • Web/API/Window/frames 現在のウィンドウの直接のサブフレームをリスト化した、配列のようなオブジェクトを返します。
  • Web/API/Window/getAttention ユーザの注意を引きつける動作をします。これがどのような動作になるかは、OS と ウィンドウマネージャー次第で変化します。
  • Web/API/Window/history ブラウザの履歴を扱うためのインタフェースを提供する history オブジェクトへの参照を返します。
  • Web/API/Window/home ウィンドウをホームページに移動させます。
  • Web/API/Window/innerHeight 水平スクロールバー(表示されている場合)を含む、ブラウザウィンドウの ビューポート ( viewport ) の高さを返します。
  • Web/API/Window/innerWidth 垂直スクロールバー(表示されている場合)を含む、ブラウザウィンドウの ビューポート ( viewport ) の幅を返します。
  • Web/API/Window/length ウィンドウにおけるフレーム( frame と iframe 要素の両方)の数を返します。
  • Web/API/Window/location 文書の URL についての情報を含み、また、URL を変更するためのメソッドを提供をする、 Location オブジェクト を返します。別の URL を読み込ませるために、このプロパティに URL ...
  • Web/API/Window/locationbar locationbar オブジェクトを返します。このバーの表示は、ウィンドウ内でトグル(表示/非表示の状態を切り替える)ことができます。
  • Web/API/Window/menubar menubar オブジェクトを返します。このバーの表示は、ウィンドウ内でトグル(表示/非表示の状態を切り替える)ことができます。
  • Web/API/Window/moveBy 指定された量だけ現在のウィンドウを移動します。
  • Web/API/Window/moveTo ウィンドウを指定座標に移動します。
  • Web/API/Window/name ウィンドウ名を取得 / 設定します。
  • Web/API/Window/navigator navigator オブジェクトへの参照を返します。 navigator オブジェクトを用いることで、スクリプトを実行しているアプリケーションについての情報を得ることができます。
  • Web/API/Window/onblur onblur プロパティは、ウィンドウ上の blur イベントのイベントハンドラを設定するために使うことができます。blur イベントは、ウィンドウからフォーカスが外れたときに発生します。
  • Web/API/Window/parent 現在のウィンドウ、または、サブフレームの親ウィンドウへの参照を返します。
  • Web/API/Window/personalbar personalbar オブジェクトを返します。このバーの表示は、ウィンドウ内でトグル(表示/非表示の状態を切り替える)ことができます。
  • Web/API/Window/pkcs11 pcks11 プロトコル に関連するドライバや他のソフトウェアをインストールするために用いられる pkcs11 オブジェクトを返します。
  • Web/API/Window/print 現在の文書を印刷するための印刷ダイアログを開きます。
  • Web/API/Window/releaseEvents eventType は、次の値の組み合わせを取ります。: Event.ABORT , Event.BLUR , Event.CLICK , Event.CHANGE , Event.DBLCLICK ...
  • Web/API/Window/resizeBy 現在のウィンドウを特定の量だけリサイズします。
  • Web/API/Window/resizeTo ウィンドウサイズを動的に変更します。
  • Web/API/Window/screen window オブジェクトに紐付く screen オブジェクトへの参照を返します。
  • Web/API/Window/screenX 画面の左端からユーザのブラウザの左端までの水平距離を返します。
  • Web/API/Window/screenY 画面の上端からユーザのブラウザの上端までの垂直距離を返します。
  • Web/API/Window/scroll ウィンドウを文書内の特定の位置までスクロールします。
  • Web/API/Window/scrollbars scrollbars オブジェクトを返します。このバーの表示は、ウィンドウ内でトグル(表示/非表示の状態を切り替える)ことができます。
  • Web/API/Window/scrollBy 指定された量だけウィンドウ内の文書をスクロールします。
  • Web/API/Window/scrollByLines 指定した行分文書をスクロールします。
  • Web/API/Window/scrollByPages 指定したページ分文書をスクロールします。
  • Web/API/Window/scrollMaxX 文書が水平スクロールされ得る最大ピクセル数を返します。
  • Web/API/Window/scrollMaxY 文書が垂直スクロールされ得る最大ピクセル数を返します。
  • Web/API/Window/scrollTo 文書内の特定の座標までスクロールします。
  • Web/API/Window/scrollX 文書が水平スクロールされているピクセル数を返します。
  • Web/API/Window/scrollY 文書が垂直スクロールされているピクセル数を返します。
  • Web/API/Window/self window オブジェクトへの参照を返します。
  • Web/API/Window/setInterval 一定の遅延間隔を置いて関数を繰り返し呼び出します。
  • Web/API/Window/sizeToContent コンテンツの大きさにウィンドウのサイズを変更します。
  1. 1
  2. 2