DocumentOrShadowRoot.msElementsFromRect()

非標準

この機能は標準ではなく、標準化の予定もありません。公開されているウェブサイトには使用しないでください。ユーザーによっては使用できないことがあります。実装ごとに大きな差があることもあり、将来は振る舞いが変わるかもしれません。

msElementsFromRect メソッドは、left、 top、 width、 heighで定義された四角形の下にある要素のノードリストを返します。

この独自プロパティは Internet Explorer と Microsoft Edge に固有のものです。

構文

object.msElementsFromRect(left, top, width, height, retVal)

パラメータ

left [in]
型: 浮動小数点
top[in]
型: 浮動小数点
width[in]
型: 浮動小数点
height [in]
型: 浮動小数点
retVal [out, reval]
型: ノードリスト

特定のポイントの下にある全ての要素を検索するには、 msElementsFromPoint(x, y) を使用します。長方形を交差する全ての要素を見つけるには、 msElementsFromRect(top, left, width, height) を使用します。

var nodeList = document.msElementsFromRect(x,y,width,height)
var nodeList = document.msElementsFromPoint(x,y)

返された nodeList には z-index でソートされているため、要素の相対的なスタック順序を確認できます。

関連項目