nsILoginInfo

nsILoginInfoはFirefox 3のログインマネージャにて格納されるログインのための情報を保持するオブジェクトです。

ログインを作成し、管理するにはnsILoginManagerを使用する必要があります。Using nsILoginManagerの例をご覧ください。


Please add a summary to this article.
  最終更新: Gecko 1.9 (Firefox 3)

Inherits from: nsISupports

Implemented by: @mozilla.org/login-manager/loginInfo;1. インスタンスを作成するためには次の例を使用してください。

var myLoginInfo = Components.classes["@mozilla.org/login-manager/loginInfo;1"]
                   .createInstance(Components.interfaces.nsILoginInfo);

メソッドの概要

void init(in AString aHostname, in AString aFormSubmitURL, in AString aHttpRealm, in AString aUsername, in AString aPassword, in AString aUsernameField, in AString aPasswordField);
boolean equals(in nsILoginInfo aLoginInfo);
boolean equalsIgnorePassword(in nsILoginInfo aLoginInfo);

属性

属性 記述
hostname AString ログインが実行されるホストの名前。URLとしてフォーマットされます。(例として、"http://www.wite.com")。ポート番号(":123")が追加されることもあるでしょう。
formSubmitURL AString フォームベースのログインがサブミットされるURL。HTMLフォームから獲得されるログイン向けにはこのフィールドはform要素のaction属性になり、パスは削除されます(例として、"http://www.site.com")。action属性のないフォームはデフォルトとしてフォームの元のURLにサブミットされます。そのためにそれはここに格納されます。このフィールドはログインがプロトコル認証から得られた場合にはNULLです。
httpRealm AString ログインが要求されたHTTP Realm。HTTPサーバが401の結果を返した時、WWW-Authenticateヘッダは"保護空間"を特定するRealmを含みます。RFC 2617を参照してください。結果に realm が含まれていなかった場合、あるいは空白だった場合は、代わりにホスト名が使われます。HTMLフォームから獲得されたログインに関してはこのフィールドはNULLです。
username AString ログインのユーザ名
usernameField AString フォーム内のユーザ名入力フィールドのname属性。フォームを利用しないログインでは、空白の文字列 ("") を指定する必要があります。
password AString ログインのパスワード。
passwordField AString パスワード入力フィールドのname属性。プロトコル認証から獲得されたログインではこのフィールドはNULLになります。

メソッド

init()

新しく作成されたnsILoginInfoオブジェクトを初期化します。

 void init(in AString aHostname,
   in AString aFormSubmitURL,
   in AString aHttpRealm,
   in AString aUsername,
   in AString aPassword,
   in AString aUsernameField,
   in AString aPasswordField
 );
引数
<tt>aHostname</tt>
hostnameフィールドに割り当てられる値
<tt>aFormSubmitURL</tt>
formSubmitURLフィールドに割り当てられる値
<tt>aHttpRealm</tt>
httpRealmフィールドに割り当てられる値
<tt>aUsername</tt>
usernameフィールドに割り当てられる値
<tt>aPassword</tt>
passwordフィールドに割り当てられる値
<tt>aUsernameField</tt>
usernameFieldフィールドに割り当てられる値
<tt>aPasswordField</tt>
passwordFieldフィールドに割り当てられる値

equals()

このログインが別のnsILoginInfoオブジェクトと完全に等しいかどうか確定する

 boolean equals(
   in nsILoginInfo aLoginInfo
 );
引数
<tt>aLoginInfo</tt>
等しさを比較するログイン
戻り値

もし二つのログインが完全に等しければtrue、そうでなければfalse

matches()

このログインが他の nsILoginInfo オブジェクトとほぼ等しいかどうかを判別するテストを行います。passwordFieldusernameField の値は無視され、password の値も任意で無視できます。このログインの formSubmitURL が空白の文字列である (かつ null でない) 場合は、ワイルドカードと同等に扱われます。

 boolean matches(
   in nsILoginInfo aLoginInfo,
   in boolean      ignorePassword
 );
引数
<tt>aLoginInfo</tt>
等しさを比較するログイン
<tt>ignorePassword</tt>
true の場合、判別時にパスワードの値を検査しません。
戻り値

2つのログインが同等ならばtrue、等しくなければfalse

参照

See also

nsILoginManager, Using nsILoginManager

Document Tags and Contributors

Contributors to this page: Kohei, Kozawa, Koyamak
最終更新者: Kohei,