mozilla
Your Search Results

    nsIDOMFileList

    nsIDOMFileList インタフェースには、ユーザが Web フォーム上の「file」入力フィールドで選択したファイルを説明した nsIDOMFile オブジェクトのリストが含まれています。

    すべての <INPUT> 要素ノードは、このリスト内の項目へのアクセスを許可する fileList 配列を持っています。例えば、HTML に以下のファイル入力フィールドが含まれていた場合、

    <input id="fileItem" type=file>
    

    以下のようなコードで、このノードのファイルリストの最初のファイルを、様々な形式で取得できます。

    // UTF-8 (既定の文字エンコーディング) でファイルのデータを取得します
    document.getElementById('fileItem').fileList[0].getAsText("");
    
    // 具体的に UTF-8 として解釈されたファイルのデータを取得します
    document.getElementById('fileItem').fileList[0].getAsText("utf8")
    
    // data: URL としてファイルのデータを取得します
    document.getElementById('fileItem').fileList[0].getAsDataURL()
    
    // 生のバイナリデータとしてファイルのデータを取得します
    document.getElementById('fileItem').fileList[0].getAsBinary()
    


    Please add a summary to this article.
      最終更新: Gecko 1.9 (Firefox 3)

    継承元: nsISupports

    メソッドの概要

    nsIDOMFile item(in unsigned long index);

    属性

    属性 説明
    length unsigned long リスト内のファイル数を示す読み取り専用の属性。

    属性

    item()

    ファイルリスト内の指定されたインデックスにある nsIDOMFile を返します。

     nsIDOMFile item(
       in unsigned long index
     );
    
    引数
    <tt>index</tt>
    リストから取得するファイルの、ゼロベースのインデックス。
    戻り値

    リクエストされたファイルを表す nsIDOMFile

    関連記事

    nsIDOMFile, nsIDOMFileException

    ドキュメントのタグと貢献者

    Contributors to this page: Kohei
    最終更新者: Kohei,