mozilla
Your Search Results

    nsIConsoleService

     

    概要

    コンソールサービスは、すべての Mozilla アプリケーションに付属する JavaScript コンソール 【訳注: Firefox 2 ではエラーコンソールという名称に変更されている】 ツールのバックエンド部分です。色々なメッセージ、警告、エラーをロギングしたり、ロギングされたメッセージを取得したりするために使用します。

    インタフェース定義: xpcom/base/nsIConsoleService.idl

    Contract ID: @mozilla.org/consoleservice;1

    このインタフェースは未凍結で、将来的に変更される可能性があります (バグ 228205)。

    サンプル

    単純なメッセージをロギングする

    文字列のメッセージをコンソールへ出力するための一般的な使い方:

    function LOG(msg) {
      var consoleService = Components.classes["@mozilla.org/consoleservice;1"]
                                     .getService(Components.interfaces.nsIConsoleService);
      consoleService.logStringMessage(msg);
    }
    

    ロギングのための代替手段となるメソッドには Components.utils.reportErrordump() があります。

    追加情報とともにメッセージをロギングする

    ソースファイルや行番号といった他の情報を含めるためには、より複雑なコードを使う必要があります。

    function myLogToConsole(aMessage, aSourceName, aSourceLine, aLineNumber, 
                            aColumnNumber, aFlags, aCategory)
    {
      var consoleService = Components.classes["@mozilla.org/consoleservice;1"]
                                     .getService(Components.interfaces.nsIConsoleService);
      var scriptError = Components.classes["@mozilla.org/scripterror;1"]
                                  .createInstance(Components.interfaces.nsIScriptError);
      scriptError.init(aMessage, aSourceName, aSourceLine, aLineNumber, 
                       aColumnNumber, aFlags, aCategory);
      consoleService.logMessage(scriptError);
    }
    
    • aMessage — ログとして出力する文字列。必ず指定する必要がある。
    • aSourceName — エラーが発生したファイルのURL。これは JavaScript コンソールでハイパーリンクとして表示されるので、本当の URL にした方が良い。適切な URL がなければ null を渡すこともできる。
    • aSourceLine — ファイル aSourceName 中の行番号 #aLineNumber である。あなたは行を指定する責任があるが、面倒であれば null を渡して JavaScript コンソール中にソースファイルの行を表示させないようにすることもできる。
    • aLineNumberaColumnNumber — エラーがある正確な位置を特定する。 aColumnNumber は問題のある文字に対して矢印を付加するために用いられる。
    • aFlagsnsIScriptError で定義されたフラグ。現時点で使用可能な値: nsIScriptError.errorFlag = 0, nsIScriptError.warningFlag = 1, nsIScriptError.exceptionFlag = 2, nsIScriptError.strictFlag = 4.
    • aCategory — メッセージ出力の原因となったコードの種類を表す文字列。かなり多くの種類の文字列があるが、それらは一箇所に集約されていなようだ。いずれは、それらがすべて <tt>nsIScriptError.idl</tt> にリストアップされることを望んでいる。

    Interwiki Languages Links

    ドキュメントのタグと貢献者

    Contributors to this page: saneyuki_s
    最終更新者: saneyuki_s,