mozilla

xpcshell

xpcshellは、XPConnectを利用可能なJavaScriptシェルで、JavaScriptコードを実行することのできるコンソールアプリケーションです。 通常のJS shell (js)とは異なり、xpcshellは実行スクリプトにXPCOMの機能にアクセスすることを許容します。

必要条件

xpcshellを使うには、Mozillaのあなたによるビルドが必要です。

xpcshellを実行する

./run-mozilla.sh ./xpcshell

xpcshellはほぼ必ず、run-mozilla.shと同じディレクトリにあります。

$ locate run-mozilla.sh
/usr/lib/firefox-0.10.1/run-mozilla.sh
/usr/lib/thunderbird-0.9/run-mozilla.sh
/usr/local/mozilla/run-mozilla.sh
/opt/mozilla/run-mozilla.sh
/root/.Trash/mozilla/run-mozilla.sh

どれか一つを選んで、カレントディレクトリをそこに移動し、xpcshellが存在しているなら run-mozilla.sh xpcshell を実行してください。(しかし、デバッグ版でないFirefox、Mozilla、Thunderbirdなどの場合はxpcshellが存在しないかもしれません。)

$ cd /opt/mozilla
$ ./run-mozilla.sh ./xpcshell
js> 

最新バージョンのJavaScriptを使う

現時点では、xpcshellは最新バージョンのJavaScriptを扱わないため、JavaScript 1.7で導入されたlet文のような言語の新しい機能は利用できません。これを解消するには、xpcshellを -v 180 コマンドラインオプション付きで起動してください。これはxpcshellにJavaScript 1.8を扱うように指示するものです。

あなたはJavaScriptを直接Mozillaに対して入力できます。

js> 5+7
12
js> print("Hello, world!")
Hello, world!
js>

参考になる情報

ドキュメントのタグと貢献者

Contributors to this page: Piro
最終更新者: Piro,