mozilla
Your Search Results

    XUL element attributes

    « XUL リファレンス HOME 次の属性は、すべての XUL 要素に共通です:

    « XUL リファレンス HOME

    警告: この記事の内容は古くなっている可能性があります。

    align
    型: 下記の値のいずれか一つ
    align 属性は、box の大きさが子要素の合計より大きいときの box の子要素の揃え位置を指定します。水平指向のボックスでは、子要素の垂直方向の揃え位置を指定します。垂直指向のボックスでは、子要素の水平方向の揃え位置を指定するために使用されます。pack 属性も揃え方に関連しますが、反対方向の位置を指定するために使用されます。また、align の値をスタイルプロパティの -moz-box-align を使用して指定することもできます。
    • start: 子要素を box の左端または上端に揃えます。box の大きさが子要素の合計より大きいときは、右側または下側に余分な空間が置かれます。
    • center: 余分な空間が子要素の両側に均等に分かれ、子要素は box の中央に置かれます。
    • end: 子要素は box の右端または下端に置かれます。box の大きさが子要素の合計より大きいときは、左側または上側に余分な空間が置かれます。
    • baseline: この値は水平指向のボックスにのみ適用されます。これにより、子要素はそれらのテキストラベルの順に並びます。
    • stretch: 子要素は box の大きさに引き伸ばされます。水平指向のボックス (hbox) では、子要素が box と同じ高さになるように引き伸ばされます。垂直指向のボックス (vbox) では、子要素は box と同じ幅になるように引き伸ばされます。box の大きさが変更されたときは、子要素もそれに従います。反対方向に引き伸ばす要素を生成するには flex 属性を使用してください。
    • left: 要素はそれらの左端に揃えられます。
    • right: 要素はそれらの右端に揃えられます。

    関連情報

    allowevents
    型: 論理型
    true なら、イベントはその要素の子要素へ渡されます。そうでないなら、イベントはその要素のみに渡されます。
    allownegativeassertions
    型: 論理型
    datasources 属性を持つ任意の要素を検証します。複数の datasources が使用されている場合、片方がもう一方からの肯定式 (assertion)によって上書きされます。この属性がデフォルト値の true の場合、datasource の早い方の肯定式を否定します。
    class
    型: 文字列型
    要素のスタイルクラス。 複数のクラスを指定するには、それらをスペースで区切ります。
    coalesceduplicatearcs
    型: 論理型
    datasources 属性を持つ任意の要素を検証します。複数の datasources が使用されている場合、片方がもう一方からの肯定式 (assertion)によって上書きされます。この属性がデフォルト値の true の場合、datasource の早い方の肯定式を否定します。
    collapsed
    論理型
    true の場合、要素は折り畳まれて内容が表示されません。これは CSS の visibility プロパティを collapse に設定するのと同等です。
    container
    型: 論理型
    要素が子要素を持つコンテナとして使用されるときは true に設定します。これはフォルダに使用されます。必要に応じて template builder によって設定されます。
    containment
    型: RDF 述部の URI
    この属性は、リソースがコンテナであることを示す RDF プロパティを指定します。テンプレートから生成するコンテンツの場合、これは、datasources からのリソースがコンテナであることを宣言するために使用されます。そのため、このコンテナはコンテナではない子ノードを持つことができます。
    この属性は、datasources 属性と ref 属性がある要素上に置かなければなりません。値にはスペースで区切られた RDF プロパティまたは RDF リソースのリストが設定されます。
    context
    型: popup 要素の id
    ユーザが要素上のコンテキストをクリックした時に表示する popup 要素の id の値を設定します。コンテキストのクリックは各プラットフォームによって様々ですが、通常は右クリックになります。特別な '_child' 値を使用すると、menupopup 要素の最初の子要素を指示することができます。
    contextmenu
    型: popup 要素の id
    context 属性の別名ですが、これに対応するスクリプトプロパティの contextMenu を持ちます。
    datasources
    型: スペースで区切られたデータソース URI のリスト
    要素のテンプレートがコンテンツ生成のために使用する、スペースで区切られたデータソースのリスト。これらは rdf:bookmarks や URL などの内部データソースを指定できます。datasources 属性はほとんどの要素上に置かれているため、これらを tree や menu 関連の要素上で見つけられます。要素は template 要素を子要素として持たなければなりません。
    dir
    型: 下記の値のいずれか一つ
    要素の子要素が配置される方向。
    • normal: 要素は左から右へ、または上から下へ、XUL コード内に現れる順に配置されます。
    • reverse: 要素は右から左へ、または下から上へ、XUL コード内に現れる順と逆に配置されます。

     

    empty
    型: 論理型
    子要素を含まない要素の場合は true を設定してください。これは必要に応じてテンプレートビルダによって設定されます。
    equalsize
    型: 下記の値のいずれか一つ
    この属性は、要素の子を等しいサイズにするために使用します。
    • always: 水平指向の要素では、すべての子要素の幅が等しくなります。垂直指向の要素では、すべての子要素の高さが等しくなります。
    • never: すべての子要素が、コンテンツに必要なサイズ、または width 属性と height 属性か、CSS の width プロパティと height プロパティで指定されたサイズで表示されます。
    flags
    型: スペースで区切られた下記の値のリスト
    flag の設定は様々な目的で使用されます。この属性の値には 2 つの flag が定義されています。
    • dont-test-empty: テンプレートが生成したコンテンツに対して、ビルダはコンテナが空かどうかをチェックしません。
    • dont-build-content: この flag は、要素が生成すべきではないコンテンツを示すために tree 上で使用されます。この結果、パフォーマンスは向上しますが、tree の row を取得するために DOM 関数を使用することができなくなります。
    flex
    型: 文字列型 (整数型に相当)
    要素のコンテナが子要素間の残りの空間をどのように分配するかを示す、要素の柔軟性を指示します。伸縮自在な要素は、そのサイズを与えられた空間に合わせるため、拡がったり縮んだりします。大きな flex 値を持つ要素は、より小さな値を持つ要素よりも大きくなり、双方の要素に比例して決定されます。実際の値は、同じコンテナに他の伸縮自在な要素が無い限り意味を持ちません。ボックス内の要素のデフォルト値が計算されると、flex の値に応じて、ボックス内の残りの空間が要素間で分割されます。flex の値に 0 を指定すると、flex 属性全体を除外したのと同じ効果を得られます。
    height
    型: 文字列型 (整数型に相当)
    優先する要素のピクセル単位の高さ。実際に表示される高さは、要素やその内容が持つ最小高または最大高によって異なります。CSS の height プロパティもまた使用されます。
    hidden
    型: 論理型
    true に設定すると、その要素は表示されなくなります。これは CSS の display プロパティを 'none' に設定するのと似ています。
    id
    型: window 内で固有の要素 ID
    要素を識別するために付与される固有の識別子。 getElementById() などの DOM 関数やスタイルシートで要素を参照するために使うことができる。
    insertafter
    型: 要素の id
    要素が overlay 内にある時、その要素はベースウィンドウ内で insertafter 属性で指定した id を持つ要素の後に現れます。この属性は insertbefore 属性を上書きします。この値はカンマで区切られた id のリストです。この id は window 内で最初に見つかったものが使用されます。
    insertbefore
    型: 要素の id
    要素が overlay 内にある時、その要素はベースウィンドウ内で insertbefore 属性で指定した id を持つ要素の前に現れます。この値はカンマで区切られた id のリストです。この id は window 内で最初に見つかったものが使用されます。
    left
    型: 文字列型 (整数型に相当)
    stack 内の要素の配置を、stack の左端の要素の左端からピクセル単位の位置に指定します。
    maxheight
    型: 文字列型 (整数型に相当)
    要素の最大高を返します。これは CSS の max-height 属性に従います。
    maxwidth
    型: 文字列型 (整数型に相当)
    要素の最大幅。これは、CSS の max-width 属性に相当します。
    menu
    型: popup 要素の id
    popup 属性の代わりの名前ですが、同様に、スクリプトプロパティの 'menu' も持っています。
    minheight
    型: 文字列型 (整数型に相当)
    要素の最小の高さ。 これは、CSSプロパティの min-height に相当する。
    minwidth
    型: 文字列型 (整数型に相当)
    要素の最小幅。これは、CSSプロパティ min-width に相当します。
    mousethrough
    型: 下記の値のいずれか一つ
    マウスイベントが要素を通過するかどうかを決定します。この属性が指定されていない場合、値は親要素から継承されます。mousethrough 属性を持つ祖先要素がない場合、デフォルト値は never です。
    • always: マウスイベントは要素に対して透過です。これは、クリックや移動など、要素がどのマウスイベントも受け取らないことを意味します。子要素が mousethrough="never" を指定すると、これを上書きします。
    • never: マウスイベントは通常どおり要素を通過します。
    observes
    型: broadcaster 要素の id
    要素によって監視されている broadcaster 要素の id を設定します。属性が broadcaster 内で変更されると、observer 内の属性も変更されます。
    ordinal
    型: 文字列型 (整数型に相当)
    親要素の中での要素の位置を示す数値を返します。デフォルトで、要素は XUL のコード中に現れる位置に現れます。ordinal 属性は、この順序を変えるために使用されることもあります。デフォルトでの要素の位置は、1 になることに注意してください。コンテナの boxObject のプロパティを使用して表示順を読み出すこともできます。
    orient
    型: 下記の要素のいずれか一つ
    ある要素の子要素の並びが水平方向なのか、垂直方向なのかを指定するのに使われる。デフォルト値はその要素に依存する。-moz-box-orient スタイルプロパティを使用することもできます。
    • horizontal: ある要素の子要素それぞれが、XUL のソース中で現れる順に、水平に一行に並んでいる。
    • vertical: ある要素の子要素それぞれが、XUL のソース中で現れる順に、垂直に一列に並んでいる。
    pack
    型: 下記の値のいずれか一つ
    pack 属性は、ボックスが子要素のサイズより大きいとき、box 属性の子要素を配置する場所を指定します。水平指向のボックスでは、子要素の水平方向の位置を指示するために使われます。垂直指向のボックスでは、子要素の垂直方向の位置を指示するために使われます。align 属性は、反対方向での位置の指定に使われます。また、-moz-box-pack スタイルプロパティを使用して pack の値を指定することもできます。
    • start:子要素はボックスの左端または上端から置かれます。ボックスが子要素の合計サイズより大きい場合は、右側または下側に余分な空間が置かれます。
    • center: 余分な空間が子要素の両側に均等に分けられ、子要素はボックスの中央に配置されます。
    • end: 子要素はボックスの右端または下端から置かれます。ボックスが子要素の合計サイズより大きい場合は、余分な空間が左側または上側に置かれます。
    persist
    型: スペースで区切られた属性のリスト
    ウィンドウが閉じられた時に使用されていた属性のスペースで区切られたリストを返します。ウィンドウが再び開かれた時に属性値を再び格納します。Mozilla では、プロファイルごとに localstore.rdf に持続的な属性を格納します。document.persist 関数を使って、永続的な値を格納することも可能です。永続的な値を利用するためには、要素は id も持つ必要があります。
    popup
    型: popup 要素の id
    要素をクリックした時に表示される popup 要素の id 属性の値を指定します。
    position
    型: 文字列型 (整数型に相当)
    要素が overlay 内にある場合、position は 子要素が挿入された位置の index です。position は 1 を基点とするため、要素を始めに置くには値を 1 にします。insertbefore 属性または insertafter 属性のどちらかが要素にマッチすると、この属性は無視されます。
    preference-editable
    Mozilla 1.8
    型: 論理型
    true の場合、要素は prefwindow 内の設定を変更するものとして使用されます。preference 属性が preference 要素への接続に使用されます。これは XBL で実装されたカスタム要素に役立ちます。値が変更されると要素が change イベントや select イベントを引き起こすので、それに応じて preference も更新されます。
    querytype
    型: 文字列型
    テンプレートで使用するデータソースの種類を指示します。Firefox 3 は、デフォルト値の 'rdf' および 'xml', 'storage' の 3 種類の埋め込みデータソースを提供しています。拡張機能が追加のデータソースのサポートを提供するでしょう。
    ref
    型: RDFリソースのURI
    テンプレートで生成された要素について、コンテンツが生成される位置の RDF のルートノードを指定するために使用します。この属性は、RDF コンテナの about 属性の値に対応します。この属性は datasources 属性の隣になければなりません。
    removeelement
    型: 要素の id
    overlay 内の要素上に置かれた場合、ベースファイル内の要素を window から削除します。
    sortDirection
    型: 下記の値のいずれか一つ
    この属性はテンプレートが生成したコンテンツの並び替え方向を設定します。ソートキーを指定するには sortResource 属性を使用してください。
    • ascending: データは昇順で並び替えられます。
    • descending: データは降順で並び替えられます。
    • natural: データは、それが格納された順に並びます。
    sortResource
    型: RDF 述部の URI
    テンプレートが生成するコンテンツに対して、コンテンツを並べ替えるためのソートキーを指定します。並べ替えるためのキーは resource の完全な URI でなければなりません。例えば、'http://home.netscape.com/NC-rdf#Name'。この属性を datasources 属性と同じ要素上に置きます。2 番目のソートキーを指定するには sortResource2 を使用してください。
    sortResource2
    型: RDF 述部の URI
    並べ替えるコンテンツのための 2 番目のキー。
    statustext
    型: 文字列型
    ユーザーが要素上にマウスカーソルを重ねた時、ステータスバーにテキストを表示します。

    しかし Mozilla はステータスバーのサイズを調整しません。この属性はテキストを表示するためだけに用いられます。Firefox では、このテキストは、メニューバーのメニューアイテムのために statusbar に自動的に置かれます。

    style
    型: CSS インラインスタイル
    要素に適用される CSS のスタイル規則です。構文は HTML のスタイル属性と同じです。スタイルシートにスタイル規則を置く方が好まれます。
    template
    型: 要素の id
    テンプレートが生成した要素で、XUL コード内のどこかに存在するテンプレートを参照するために、(datasources 属性を持つ要素の) ルートノード上に任意で置かれます。この template 属性には template 要素の id を設定します。これは一つのテンプレートを複数のツリーやメニューで共有するために使用されます。この属性が指定されていない場合、テンプレート要素がノード内に直接置かれていなければなりません。
    tooltip
    型: tooltip 要素の id
    要素の上にマウスを合わせて少し経った時にツールチップウインドウとして使用される popup要素の id 属性の値を指定します。tooltip はマウスが動かされた時に自動的に消えます。この属性に '_child' を指定した場合、その要素の最初の tooltip 子要素が使用されます。
    tooltiptext
    型: 文字列型
    ユーザが要素をマウスでポイントした時に表示される tooltip のテキストを指定します。これはテキストのみを含む popup に tooltip を設定する一般的な方法の代わりに使用できます。tooltip はラベルのみを表示する既定のツールチップに表示されます。しかし、既定のツールチップは tooltip 要素上に既定の属性を設定して変更できてしまいます。
    top
    型: 文字列型 (整数型に相当)
    stack 内に直接置かれる要素のための、stack の上端から要素の上端までの相対的なピクセル位置を指定します。
    uri
    型: 文字列型
    template が生成するコンテンツのために、この属性は、コンテンツが生成を開始する要素上に置かれます。そのため、このコンテンツは template の子孫要素上に置かれます。値は rdf:* に設定されます。
    この属性で要素内に現れる要素は、RDF データソース内の各ノードが繰り返されます。外部の要素は一度だけ現れます。
    wait-cursor
    型: 論理型
    この属性を true に設定した要素上をマウスがうろつく間、カーソルが待ち状態のカーソルに変わります。通常、window 要素やその他のトップレベル要素でのみ使用します。
    width
    型: 文字列型 (整数型に相当)
    優先的な要素の幅。すべての値はピクセルなので値に単位を含むべきではありません。実際に表示される幅は、要素やその内容が持つ最小幅または最大幅によって異なります。または、要素の幅はその親要素に従って柔軟に調節されます。CSS の width プロパティもまた使用されます。

    ドキュメントのタグと貢献者

    Contributors to this page: teoli, Okome, Marsf, Mgjbot
    最終更新者: teoli,