mozilla
Your Search Results

    XUL アプリケーションのパッケージ化

    XULRunner アプリケーションパッケージは、 Firefox 拡張機能のような標準的な toolkit bundles へ、アプリケーションを記述するためのマニフェストファイル (application.ini) を加えたものである。 XULアプリケーションは通常、拡張子 .xulapp または .xpi で ZIP 圧縮されたアーカイブである。これらは XULRunner のコマンドラインフラグ "-install-app" によってインストールすることができる (XULRunner 1.8.0.4 リリースノート 参照)。

    application.ini

    application.ini マニフェストは拡張機能のルートに配置され、 XULRunner にアプリケーションを正しく起動させるためのめたデータを提供する。これは Windows の INI ファイルのように [Headings]Key=Value の組み合わせでパースされる。; または # で始まる行は、コメントとして扱われる。

    サンプルの application.ini ファイルは the mozilla ソースツリー にあります。

    [App] セクション

    App セクションはアプリケーションに関するメタデータを指定する。

    Name
    アプリケーション名を指定する。
    必須
    例: Name=TestApplication
    Version
    アプリケーションのバージョン番号を指定する。
    必須
    バージョン番号についての詳細はこちら Toolkit version format
    例: Version=0.1
    BuildID
    一意のビルド ID を指定する。これは通常日付の ID であり、アプリケーションのすべてのリリースされたバージョンで異なる必要がある。
    必須
    例: BuildID=20060201
    ID
    一意のアプリケーション ID を指定する。
    必須
    アプリケーション ID は、extension IDsと同じく、E メールのような ApplicationName@vendor.tld 形式も、UUID {12345678-1234-1234-1234-123456789abc} 形式も可能である。新たに開発されたアプリケーションについては E メール形式が推奨される。
    例: ID=TestApplication@example.tld
    Vendor
    アプリケーションベンダー名を指定する。
    任意
    例: Vendor=Grinch Productions
    Profile
    アプリケーションで使用されるプロファイルへのパスを指定する。ユーザのアプリケーションデータのディレクトリを基準とした相対パス。
    任意
    例: Profile=MyAppData

    [Gecko] セクション

    Gecko セクションはどのバージョンの XULRunner が必要かを指定する。

    MinVersion
    このアプリケーションに必要な XULRunner の最小バージョンを指定する。
    必須
    例: MinVersion=1.8
    MaxVersion
    このアプリケーションに必要な XULRunner の最大バージョンを指定する。
    任意 - デフォルト値は XULRunner 2 未満のすべての XULRunner である。
    例: MaxVersion=1.8.0.*

    [XRE] セクション

    XRE セクションは XULRunner のさまざまな機能を起動時に有効にするかどうかを指定する。

    EnableExtensionManager
    拡張機能と拡張機能マネージャを有効にするかどうかを指定する。適切な値は 1 か 0 である。
    任意 - デフォルトは 0
    注意: このオプションは拡張機能/テーマのマネージャを開くための UI となるメニュー項目を加えるものではない。それはアプリケーション開発者がするべきことである。
    例: EnableExtensionManager=1
    EnableProfileMigrator
    アプリケーションを初めて起動した時にプロファイルが存在しなかった場合、 nsIProfileMigrator インターフェースを通してプロファイルの移行を有効にするかどうかを指定する。

    適切な値は 1 か 0 である。
    任意 - デフォルトは 0
    注意: アプリケーション開発者は nsIProfileMigrator インタフェースを実装しなければならない。未実装の場合、プロファイルの移行は実行されない。
    例: EnableProfileMigrator=1

    [Crash Reporting] セクション

    ドキュメントのタグと貢献者

    タグ: 
    Contributors to this page: Kozawa, Gomita, ethertank, Marsf, Mgjbot, Okome
    最終更新者: ethertank,