What XULRunner Provides

 

XULRunner の目標は、(Firefox, Thunderbird に代表される) XUL アプリケーションを配布可能にする製品を提供し、さらに埋め込み技術を提供する事です。次に挙げる機能をすでに実装済み、あるいは計画をしています。

 

Gecko の機能

  • XPCOM
  • ネットワーク処理
  • Gecko 描画エンジン
  • DOM の編集及びトランザクションのサポート (UI以外)
  • 暗号化
  • XBL (XBL2 計画)
  • XUL
  • SVG
  • XSLT
  • XML 拡張機能 (XMLHttpRequest, DOMParser など)
  • Web サービス (SOAP)
  • 自動アップデートのサポート (まだ未完了)
  • Type ahead find toolbar
  • 履歴実装 (the places implementation in the 1.9 cycle)
  • アクセシビリティのサポート
  • IPC サービスによる Gecko ベースのアプリケーション同士の通信 (まだ未完了)
  • ストレージ / sqlite のインタフェース (まだ標準では有効になっていません)

ユーザインタフェースの機能

XULRunner は次に挙げるユーザーインタフェースを提供し、埋め込み技術者によって適当な状況化で(意訳:ハードウェアに特化した実装という意味での)オーバーライドをするでしょう :

  • XUL アプリケーションのインストール、アンインストール、アップグレードを行う API とユーザーインターフェイス。 詳しくは wikimo:XUL:Installation Story を参照。
  • 拡張機能マネージャー
  • ファイルピッカー (OSネイティブの適切なファイルピッカーを使います)
  • 検索ツールバー
  • ヘルパーアプリダイアログ / UI
  • セキュリティ UI (SSL キーチェインの管理など)

埋め込み API

XULRunner は次に挙げる埋め込み向け API を提供しています :

  • クロスプラットフォーム埋め込み (XRE_InitEmbedding)
  • JavaXPCOM 埋め込み
  • gtkmozembed (Linux のみ)
  • ActiveX コントロール (Windows のみ) (まだ不完全)
  • NSView-based-widget (Mac OS X のみ) (まだ不完全)

まだ "不確かな" リスト

次に挙げる機能についてはすでに議論されていて、開発の時間の余裕があり、コードサイズがさほど大きくなければ含めると思われます :

  • LDAP サポート
  • スペルチェックサポート (辞書を含めるかどうかは未定) 詳しくは bug 285977 を参照してください。
  • プロファイルローミングの基本サポート (アプリケーション固有の拡張性を含む)
  • PyXPCOM 埋め込み (まだ不完全) - PyXPCOM バインディングを含むカスタムビルドをコンパイルし、Python が利用可能であれば動作します。ActiveState 社は彼らの製品に PyXPCOM を使用しています。

除外

XULRunner は以下の機能は提供しません :

  • ブックマークと履歴の UI (アプリケーション/埋め込みソフトで管理すべきです)
  • XForms (XForms は拡張が利用可能となるでしょう)

ドキュメントのタグと貢献者

タグ: 
 このページの貢献者: teoli, fscholz, Marsf, Mgjbot, Okome, Btm
 最終更新者: teoli,