XUL:triple

tripleruleconditions 要素内に含められます。これは、グラフ内の肯定式 (assertion)の確認に使用されます。このような肯定式が存在する場合、ルールが一致し、すべての条件が一致したものと想定されます。肯定式が存在しない場合、ルールは一致しません。subject 属性と object 属性の両方とも変数になります。

triplesubject は RDF リソースです。通常、これは RDF ファイル内の RDF Description 要素になります。predicate は子要素またはプロパティになります。例えばブックマークリソースでは、名前と URL が predicate になります。これらは完全な URI 形式で指定しなければなりません。object は RDF プロパティの値です。

詳しい情報が XUL チュートリアルにあります。

属性
object, predicate, subject

(例が必要)

属性

object
要素のオブジェクト。これは RDF リソース URI または RDF リテラル値を参照する変数になります。
predicate
マッチする述部またはプロパティ。これはプロパティの URI でなければなりません。
subject
要素の主部。これは参照変数または RDF リソース URI になります。

XUL 要素からの継承
align, allowevents, allownegativeassertions, class, coalesceduplicatearcs, collapsed, container, containment, context, contextmenu, datasources, dir, empty, equalsize, flags, flex, height, hidden, id, insertafter, insertbefore, left, maxheight, maxwidth, menu, minheight, minwidth, mousethrough, observes, ordinal, orient, pack, persist, popup, position, preference-editable, querytype, ref, removeelement, sortDirection, sortResource, sortResource2, statustext, style, template, tooltip, tooltiptext, top, uri, wait-cursor, width

プロパティ

XUL 要素からの継承
align, attributes, allowEvents, baseURI, boxObject, builder, childElementCount, childNodes, children, className, clientHeight, clientLeft, clientTop, clientWidth, collapsed, contextMenu, controllers, database, datasources, dir, firstChild, firstElementChild, flex, height, hidden, id, lastChild, lastElementChild, left, localName, maxHeight, maxWidth, menu, minHeight, minWidth, namespaceURI, nextElementSibling, nextSibling, nodeName, nodeType, nodeValue, observes, ordinal, orient, ownerDocument, pack, parentNode, persist, prefix, previousElementSibling, previousSibling, ref, resource, scrollHeight, scrollLeft, scrollTop, scrollWidth, statusText, style, tagName,textContent, tooltip, tooltipText, top, width

メソッド

関連項目

TBD

ドキュメントのタグと貢献者

最終更新者: Anonymous,