XUL:treeitem

treeitemtreechildren の中におかれるべきで、treerow 要素を含むべきです。treeitem はツリーの列を選択するためにユーザによってクリックされます。treeitem は 1 つの行とその行の子孫としてユーザに見えるもの全てを含みます。

テンプレート条件で、dont-build-content フラグが設定されていたなら content 要素のかわりに treeitem を使うべきです。マッチングの間コンテントノードを紐付けるために uri 属性に変数名を設定してください。

詳しい情報が チュートリアルにあります。

属性
container, empty, label, open, uri

(例が必要です)

属性

container
型: 論理型
要素が子要素を持つコンテナとして使用されるときは true に設定します。これはフォルダに使用されます。必要に応じて template builder によって設定されます。
empty
型: 論理型
子要素を含まない要素の場合は true を設定してください。これは必要に応じてテンプレートビルダによって設定されます。
label
型: 文字列型
column を 1 つだけ持つ tree では、label は treeitem 上に直接置かれます。この場合、treerowtreecell は必要ありません。
open
型: 論理型
menutype ボタンについて、メニューが開かれたとき、open 属性が true に設定されます。メニューが閉じられると open 属性は提供されません。
uri
型: 文字列型
template が生成するコンテンツのために、この属性は、コンテンツが生成を開始する要素上に置かれます。そのため、このコンテンツは template の子孫要素上に置かれます。値は rdf:* に設定されます。
この属性で要素内に現れる要素は、RDF データソース内の各ノードが繰り返されます。外部の要素は一度だけ現れます。

プロパティ

XUL 要素からの継承
align, attributes, allowEvents, baseURI, boxObject, builder, childElementCount, childNodes, children, className, clientHeight, clientLeft, clientTop, clientWidth, collapsed, contextMenu, controllers, database, datasources, dir, firstChild, firstElementChild, flex, height, hidden, id, lastChild, lastElementChild, left, localName, maxHeight, maxWidth, menu, minHeight, minWidth, namespaceURI, nextElementSibling, nextSibling, nodeName, nodeType, nodeValue, observes, ordinal, orient, ownerDocument, pack, parentNode, persist, prefix, previousElementSibling, previousSibling, ref, resource, scrollHeight, scrollLeft, scrollTop, scrollWidth, statusText, style, tagName,textContent, tooltip, tooltipText, top, width

メソッド

関連項目

要素
tree, treecols, treecol, treechildren, treerow, treecell, treeseparator


Document Tags and Contributors

Contributors to this page: Anonymous
最終更新者: Anonymous,