XUL:template

ルールに基づいた要素を構築するためのテンプレートの宣言に使用します。要素は datasource から構築されます。詳細は rule 要素をご覧ください。

詳しい情報が XUL チュートリアルにあります。

属性
container, member

(例が必要)

属性

container
型: 文字列型
コンテナまたは参照変数として使用される任意の変数を設定します。この属性が指定されていない場合、テンプレートの最初のルール内の content タグの、uri 属性で指定された変数が使用されます。
member
型: 文字列型
member 変数として使用される任意の変数を設定します。この属性が指定されていない場合、テンプレートの最初のルールの action 本体の、uri 属性で指定された変数が使用されます。

XUL 要素からの継承
align, allowevents, allownegativeassertions, class, coalesceduplicatearcs, collapsed, container, containment, context, contextmenu, datasources, dir, empty, equalsize, flags, flex, height, hidden, id, insertafter, insertbefore, left, maxheight, maxwidth, menu, minheight, minwidth, mousethrough, observes, ordinal, orient, pack, persist, popup, position, preference-editable, querytype, ref, removeelement, sortDirection, sortResource, sortResource2, statustext, style, template, tooltip, tooltiptext, top, uri, wait-cursor, width

プロパティ

XUL 要素からの継承
align, attributes, allowEvents, baseURI, boxObject, builder, childElementCount, childNodes, children, className, clientHeight, clientLeft, clientTop, clientWidth, collapsed, contextMenu, controllers, database, datasources, dir, firstChild, firstElementChild, flex, height, hidden, id, lastChild, lastElementChild, left, localName, maxHeight, maxWidth, menu, minHeight, minWidth, namespaceURI, nextElementSibling, nextSibling, nodeName, nodeType, nodeValue, observes, ordinal, orient, ownerDocument, pack, parentNode, persist, prefix, previousElementSibling, previousSibling, ref, resource, scrollHeight, scrollLeft, scrollTop, scrollWidth, statusText, style, tagName,textContent, tooltip, tooltipText, top, width

メソッド

関連項目

TBD

ドキュメントのタグと貢献者

 このページの貢献者: Anonymous
 最終更新者: Anonymous,