Join MDN and developers like you at Mozilla's View Source conference, 12-14 September in Berlin, Germany. Learn more at https://viewsourceconf.org

toolbar

一般的なボタンの行を含むコンテナ。これは box の一種で、デフォルトで水平指向です。toolbartoolbox に置かれている場合、grippy で折り畳むことができます。toolbar は常に id 属性を持たなければなりません。

Gecko 2.0 note
(Firefox 4 / Thunderbird 3.3 / SeaMonkey 2.1)

Gecko 2.0 (Firefox 4 / Thunderbird 3.3 / SeaMonkey 2.1) では、外部ツールバーのサポートが追加されました。これは、toolbox 要素の子ではないツールバーです。あなたのツールバーを管理する目的で外部ツールバーを toolbox に関連付けるには、ツールバーに toolboxid プロパティを設定してください。

chromeclass-toolbar クラスは、window を window.open() メソッドで開いた時、そのウィンドウの toolbar フラグに視覚的に依存したツールバーを作成するために使用されます。

詳しい情報が XUL チュートリアルにあります。

Gecko 1.9.1 note
(Firefox 3.5 / Thunderbird 3.0 / SeaMonkey 2.0)

Gecko 1.9.1 (Firefox 3.5 / Thunderbird 3.0 / SeaMonkey 2.0) 以降、ツールバーアイテムは toolbarpalette 要素から移され、ツールバーが最初に表示される時に追加されます。以前のバージョンでは、各アイテムのコピーがツールバー上に作成され配置されていました。これは、palette がツールバー内に無いアイテムのみを含むことを意味します。この振る舞いは、toolbarpalette 内を探し、すべての利用可能なツールバーアイテムを認識できるようにする拡張機能で互換性の問題が起こる可能性があります。

属性
autohide, currentset, customindex, customizable, defaultset, grippyhidden, grippytooltiptext, iconsize, mode, toolbarname
プロパティ
accessibleType, currentSet, firstPermanentChild, lastPermanentChild, toolbarName, toolboxid
メソッド
insertItem
スタイルクラス
chromeclass-toolbar

Image:XUL_ref_toolbar.png
<toolbox>
  <toolbar id="nav-toolbar">
    <toolbarbutton id="nav-users"  accesskey="U" label="Users"/>
    <toolbarbutton id="nav-groups" accesskey="p" label="Groups"/>
    <toolbarbutton id="nav-events" accesskey="E" label="Events" disabled="true"/>
  </toolbar>
</toolbox>

属性

autohide
Type: boolean
When set to true, the toolbar will be invisible unless the Alt key is pressed by the user. When set to false, the default, the toolbar is visible. This only has an effect on Windows and needs to be combined with type="menubar" and a menubar element.
currentset
Firefox のみ
型: カンマで区切られた文字列
toolbar 上に表示された現在の項目のリスト。これは、ユーザが toolbar をカスタマイズしたときに調整されます。この属性の値は、カンマで区切られた toolbarpalette の項目 ID のリストに、次の文字列のいずれかを加えたものです: "separator", "spring", "spacer"。
customindex
Firefox のみ
型: 整数型
この値は、カスタムツールバーのリストの、toolbar の index です。値はツールバーカスタマイズダイアログによって自動的に更新されます。
customizable
Firefox のみ
型: 論理型
toolbar 上のこの属性を true に設定すると、ツールバーをカスタマイズすることができます。これにより、ボタンの配置がセッションをまたいで持続されます。
defaultset
Firefox のみ
型: カンマで区切られた項目 id のリスト
toolbar 上に表示される項目のデフォルトの配置。この属性には toolbarpalette からの項目 ID のカンマで区切られたリストを設定します。例えば、back-button,forward-button,print-button のようにします。
grippyhidden
Firefox では使用不可
型: 論理型
true に設定すると grippy が隠されます。デフォルト値の false に設定すると grippy が現れます。
grippytooltiptext
Firefox では不可
型: 文字列型
toolbar が畳まれている時に、その grippy の tooltip に表示するテキスト。grippy のラベル付けに使用されるため、ユーザは、どのツールバーがこれを提供しているかを知ることができます。
iconsize
Type: string
Indicates whether the toolbar should display large icons or small icons; this should be the string "large" or "small", respectively. These can vary from one toolbar to another within a given toolbox, whose iconsize attribute defines the default for all toolbars that don't specify an icon size.
mode
Firefox のみ
型: 下記の値のいずれか一つ
toolbar 上の toolbarbutton の表示の仕方。
  • icons: アイコンのみを表示。
  • text: テキストのみを表示。
  • full: アイコンとテキストの両方を表示。
toolbarname
Firefox のみ
型: 文字列型
toolbar の名前。ツールバーメニューの表示/非表示のリストに記載されます。

プロパティ

accessibleType
型: 整数型
要素の accessibility オブジェクトの種類を示す値。
currentSet
Firefox のみ
型: カンマで区切られた文字列型のリスト
現在 toolbar 上にある項目の ID のカンマで区切られたリストを保持します。スペースおよび区切り、伸縮自在のスペースは、ID の代わりにそれぞれ次の文字列が使用されます: "spacer", "separator", "spring"。空の toolbar の currentSet 値は "__empty" です。
このプロパティを設定することによって、項目の現在の配置を変更できます。このプロパティを設定すると currentset 属性が自動的に更新されないので注意してください。
firstPermanentChild
Firefox のみ
型: 要素
toolbar の最初の永続的な子要素。永続的な子要素は、カスタマイズ不可で toolbar 上に残る要素です。この項目は、toolbarpalette 内で永続的でなくても、直接 toolbar 内に置かれます。
lastPermanentChild
Firefox のみ
型: 要素
toolbar の最後の永続的な子要素。永続的な子要素は、カスタマイズ不可で toolbar 上に残る要素です。この項目は、toolbarpalette 内で永続的でなくても、直接 toolbar 内に置かれます。
toolbarName
Firefox のみ
型: 文字列型
toolbar の名前。
toolboxid
Type: string
The ID of the toolbox this toolbar is a member of. This will either be the toolbox's parent (if it's in a toolbox), or, if the toolbar is an external toolbar (that is, one not contained in a toolbox), the ID of the toolbox it should be considered to be part of. This makes it possible to have toolbars that are not contained within toolboxes, such as the add-on bar.

メソッド

insertItem( id, beforeNode, wrapper, beforePermanent )
Firefox のみ
戻り値の型: 要素
与えられた id を持つ項目を toolbar に追加します。新しい項目は 2 番目の引数に与えられた項目の前に追加されます。2 番目の引数が null にもかかわらず beforePermanent 引数が true の場合、項目は toolbar の先頭、最初の永続的項目の前に追加されます。逆に beforePermanent 引数が false の場合、新しい項目は toolbar の末尾に追加されます。3 番目の引数は、他の要素の新しい項目を折り返すために使用します。通常、最後の引数は主にカスタマイズダイアログが使用するため null です。

id は toolbar の toolbarpalette 内の要素にマッチしなければなりません。一部の特別な id が特別なスペース項目を作成するために使用されます。

  • separator: 区切り。垂直線として描画されます。
  • spacer: 固定幅のスペース。
  • spring: 伸縮自在のスペース。

メソッドは作成した項目の DOM 要素を返します。

スタイルクラス

chromeclass-toolbar
このクラスを使用した場合、window.open メソッドの toolbar オプションに no を設定してウィンドウを開くと toolbar が隠されます。そうでない場合、このツールバーのオプションは無視され、常に toolbar が表示されます。

関連項目

要素
toolbarbutton, toolbargrippy, toolbaritem, toolbarpalette, toolbarseparator, toolbarset, toolbarspacer, toolbarspring, toolbox
インタフェース
nsIAccessibleProvider

ドキュメントのタグと貢献者

 このページの貢献者: Marsf
 最終更新者: Marsf,