tabs

by 1 contributor:

tab の行。tabs 要素は tabbox 要素内に置かれ、tab 要素を含みます。

詳しい情報が XUL チュートリアルにあります。

属性
closebutton, disableclose, disabled, onclosetab, onnewtab, onselect, setfocus, tabindex, tooltiptextnew, value
プロパティ
accessibleType, disabled, itemCount, selectedIndex, selectedItem, tabIndex, value
メソッド
advanceSelectedTab, appendItem, getIndexOfItem, getItemAtIndex, insertItemAt, removeItemAt

(例が必要)

属性

closebutton
型: 論理型
この属性が true に設定されている場合、tabs の行は、その端に "new tab" ボタンおよび "close" ボタンが追加されます。この機能は tabbrowser によって、タブの追加と閉じる操作を容易にするために使用されます。"new tab" ボタンおよび "close" ボタンに画像を設定するには、それらに tabs-newbutton クラスおよび tabs-closebutton クラスをそれぞれ適用します。
disableclose
型: 論理型
この属性が true の場合、close ボタンが無効化されます。
disabled
型: 論理型
要素が無効化されているかどうかを示します。ある要素が true に設定されていたら、その要素は無効化されています。無効化された要素は通常グレイ表示のテキストで描画されます。要素が無効化されていると、ユーザのアクションには応答せず、フォーカスもあてられず、command イベントも発生しません。

 

onclosetab
型: スクリプトコード
このスクリプトは close ボタンがクリックされた時に呼び出されます。
onnewtab
Firefox では使用不可
型: スクリプトコード
このスクリプトは new tab ボタンがクリックされた時に呼び出されます。
onselect
型: スクリプトコード
このイベントは、このタブが変更された時、tabs 要素に送られます。
setfocus
型: 論理型
この属性が true に設定されるか省略された場合、キーボードでタブに移動した時、フォーカスが対応する tabpanel 内の最初の要素に与えられます。この属性が false に設定された場合、タブへの移動中、フォーカスは変更されません。
tabindex
型: 整数型
要素のタブの順番。タブの順番は tab キーが押下されたときにフォーカスが移動する順番です。より大きな tabindex の値をもつ要素は、タブの遷移が後になります。
tooltiptextnew
Firefox では使用不可
型: 文字列型
ユーザが tab 行の new ボタン上にマウスを移動した時 tooltip 内に現れるテキストの設定に使用されます。

プロパティ

accessibleType
型: 整数型
要素の accessibility オブジェクトの種類を示す値。
disabled
型: 論理型
disabled 属性の値の取得と設定。
itemCount
型: 整数型
子項目の数を保持する読み取り専用のプロパティ。
selectedIndex
型: 整数型
選択された項目の index を返します。また、このプロパティに index を設定して項目を選択する事もできます。このプロパティに -1 を設定すると、項目の選択をすべて解除します。
selectedItem
型: 要素
選択できる要素がある要素の、現在選択されている項目を保持します。項目が選択されていないときは、この値は null になります。この値の設定によって項目を選択することができます。値が、このプロパティまたは selectedIndex プロパティを通じて変更されるか、ユーザによって変更された場合、select イベントが要素に送られます。

 

tabIndex
型: 整数型
tabindex 属性の値の取得と設定。
value
型: 文字列型
value 属性の値の取得と設定。

メソッド

XUL 要素からの継承
blur, click, doCommand, focus, getElementsByAttribute getElementsByAttributeNS

DOM 要素からの継承
addEventListener(), appendChild(), compareDocumentPosition, dispatchEvent(), getAttribute(), getAttributeNode(), getAttributeNodeNS(), getAttributeNS(), getElementsByTagName(), getElementsByTagNameNS(), getFeature, getUserData, hasAttribute(), hasAttributeNS(), hasAttributes(), hasChildNodes(), insertBefore(), isEqualNode, isSameNode, isSupported(), lookupNamespaceURI, lookupPrefix, normalize(), removeAttribute(), removeAttributeNode(), removeAttributeNS(), removeChild(), removeEventListener(), replaceChild(), setAttribute(), setAttributeNode(), setAttributeNodeNS(), setAttributeNS(), setUserData

advanceSelectedTab( dir, wrap )
戻り値の型: 戻り値なし
引数 dir1 を設定すると、現在選択されているタブが次のタブに変更されます。同様に -1 を設定すると、現在選択されているタブが前のタブに変更されます。wrap 引数を true に設定すると、最初または最後のタブに到達した場合、それぞれの次は最後または最初のタブからになります。
appendItem(label,value )
戻り値の型: 要素
新しい項目を生成し、既存の項目リストの末尾に追加します。値の設定は任意です。この関数は新しく生成された要素を返します。

<script>
function addItemsToList() {
  var list = document.getElementById('myMenuList');

  // add item with just the label
  list.appendItem('One');

  // add item with label and value
  list.appendItem('Two', 999);

  // Select the first item
  list.selectedIndex = 0;
}
</script>

<button label="Add items" oncommand="addItemsToList()" />

<menulist id="myMenuList">
  <menupopup />
</menulist>

関連情報

getIndexOfItem( item )
戻り値の型: 整数型
指定した item の 0 を基点とした位置を返します。項目は、 list 内に表示された最初の項目から番号が付けられます。
getItemAtIndex( index )
戻り値の型: 要素
指定した index の位置の要素を返します。
insertItemAt( index, label, value )
戻り値の型: 要素
このメソッドは新しい項目を生成し、それを指定した位置に挿入します。値の設定は任意です。新しい項目要素を返します。
removeItemAt( index )
戻り値の型: 要素
要素内の指定した index の子項目を削除します。このメソッドは削除した項目を返します。

関連項目

要素
tabbox, tab, tabpanels, tabpanel.
インタフェース
nsIAccessibleProvider, nsIDOMXULSelectControlElement

ドキュメントのタグと貢献者

Contributors to this page: Marsf
最終更新者: Marsf,