tab

tabs 要素内に置かれる一つのタブ。ユーザはタブをクリックして、関連付けられた tabbox のページを前面に表示します。

詳しい情報が XUL チュートリアルにあります。

属性
accesskey, afterselected, beforeselected, command, crop, disabled, fadein, first-tab, image, label, last-tab, linkedpanel, oncommand, pinned, selected, tabindex, validate, value
プロパティ
accessKey, accessibleType, command, control, crop, disabled, image, label, linkedPanel, selected, tabIndex, value

(例が必要)

属性

accesskey
型: 文字型
ショートカットキーとして使用される文字を設定します。この文字はその要素の label 属性のテキストに現れる文字の一つでなければいけません。
afterselected
型: 論理型
この属性は、タブが現在選択されているタブのすぐ後に隣接している場合、true に設定されます。必要なときに自動で設定されるので手動で調整してはいけません。この属性は主に、テーマで選択されたタブ周辺の外観を調整するのに役立ちます。

  

beforeselected
型: 論理型
これは、タブが現在選択されているタブのすぐ前に隣接している場合、true に設定されます。この属性は必要なとき自動で設定されるので手動で調整してはいけません。この属性は主に、テーマで選択されたタブ周辺の外観を調整するのに役立ちます。
crop
型: 下記の値のいずれか一つ
要素の label に与えられた空間が小さ過ぎるときは、crop 属性によって指定された側のテキストが切り取られます。テキストが切り取られた場所には省略記号 (ellipsis)が使用されます。ボックスの方向が反対の場合は、切り取られる場所も反対側になります。
  • start: テキストは先頭から切り取られます。
  • end: テキストは末尾から切り取られます。
  • left: テキストは左側から切り取られます。
  • right: テキストは右側から切り取られます。
  • center: テキストの中央が切り取られ、通常、テキストの先頭と末尾が表示されます。
  • none: テキストは省略記号を使用して切り取られません。しかし、テキストがあまりに長い場合は単純に削除されます。削除する側は CSS の行揃え (text alignment)に依存します。
disabled
型: 論理型
要素が無効化されているかどうかを示します。ある要素が true に設定されていたら、その要素は無効化されています。無効化された要素は通常グレイ表示のテキストで描画されます。要素が無効化されていると、ユーザのアクションには応答せず、フォーカスもあてられず、command イベントも発生しません。

 

fadein
Type: boolean
This attribute is set to true if the tab is fading in or out. This typically means that the tab is in the process of appearing or disappearing.
first-tab
型: 論理型
この属性は最初のタブに対して true に設定されます。この属性は手動で設定してはいけません。しかし、テーマで最初のタブに異なるスタイル付けをする場合に役に立ちます。
image
型: 画像の URL
要素上に表示する画像の URL。この属性が空または除外された場合、画像は表示されません。画像の位置は dir 属性および orient 属性によって決定されます。
label
型: 文字列型
要素上に表示するlabel。 省略された場合、テキストは表示されない。
last-tab
型: 論理型
この属性は最後のタブに対して true に設定されます。この属性は手動で設定してはいけません。しかし、テーマで最後のタブに異なるスタイル付けをする場合に役に立ちます。
linkedpanel
型: tabpanel 要素の id
タブが選択されたときに表示される、リンクされた tabpanel 要素の id。この属性を使用しない場合、タブは tabpanels 要素内の、tabs コンテナ内の tab のインデックスに一致するパネルに接続されます。しかし、この属性を使用する場合、この振る舞いよりも優先され、タブは常に指定のパネルにリンクされます。これは、いくつかのタブが、select イベント内で調整されたコンテンツにわずかな違いを持つ一つのパネルに、重複してリンクしてしまうのを避けるために利用されます。
oncommand
型: スクリプトコード
このイベントハンドラは command が活性化した時、呼び出されます。これは、ユーザがメニュー項目を選択したり command に割り当てられたキーボードショートカットが押したりした場合に起こります。
pinned
Type: boolean
This attribute is set to true if the tab has been pinned (that is, if it's an app tab). The tabbrowser element's pinTab and unpinTab methods handle pinning and unpinning tabs.
selected
型: 論理型
tab がデフォルトで選択されるときは、この属性を true に設定します。
tabindex
型: 整数型
要素のタブの順番。タブの順番は tab キーが押下されたときにフォーカスが移動する順番です。より大きな tabindex の値をもつ要素は、タブの遷移が後になります。
validate
型: 下記の値のいずれか一つ
この属性は、キャッシュから image を読み込むかどうかを指示します。image がリモートに格納されるときや、image を頻繁に差し替えようとしているとき、役立つでしょう。次の値はデフォルトで扱われる属性全体を許可、または除外します:
  • always: image を読み込むべきかどうか、常に確認されます。
  • never: 可能であれば、キャッシュから image が読み込まれます。

プロパティ

accessKey
型: 文字型
accesskey 属性の値の取得と設定。
accessibleType
型: 整数型
要素の accessibility オブジェクトの種類を示す値。
command
型: 要素の id
command 属性の値の取得と設定。
control
型: tabs 要素
包含する tabs 要素を返す。
crop
型: 文字列型
crop 属性の値の取得と設定。
disabled
型: 論理型
disabled 属性の値の取得と設定。
image
型: image の URL
image 属性の値の取得と設定。
label
型: 文字列型
label 属性の値の取得と設定。
linkedPanel
型: tabpanel 要素の id
linkedpanel 属性の値の取得と設定。
selected
型: 論理型
このプロパティの値は、要素が選択されているときは true、選択されていないときは false です。このプロパティは読み取り専用です。
tabIndex
型: 整数型
tabindex 属性の値の取得と設定。
value
型: 文字列型
value 属性の値の取得と設定。

メソッド

補足

Gecko 1.9 note
(Firefox 3)

Gecko 1.9 (Firefox 3) 以降、タブの無効化は、すでに無効化されていても失敗します。しかしイベントは受け入れます。

また、tab を "隠さない" ことによって、タブの順番が予測不能になります。バグ 307088 および バグ 261826 を参照。hidden の代わりに collapsed を使用してください。

要素
tabbox, tabs, tabpanels, tabpanel.
インタフェース
nsIAccessibleProvider, nsIDOMXULSelectControlItemElement

Document Tags and Contributors

Contributors to this page: Marsf
最終更新者: Marsf,