mozilla

separator

要素間を区切る小さな隙間を作成します。この separator の形式は、ダイアログの一部を区切るために使用します。これは視覚的なバーではなく、小さなスペースを描画します。デフォルトのサイズが小さい点 (普通は 1.5 em) を除けば spacer と同等の機能を持ちます。

属性
orient
スタイルクラス
groove, groove-thin, thin

<separator class="groove-thin"/>

属性

orient
型: 下記の値のいずれか一つ
separator の描画が水平または垂直のどちらなのかを指定します。値は要素の区切り方と逆なので注意してください。
  • horizontal: separator は縦方向に置かれた要素を区切ります。
  • vertical: separator は横方向に置かれた要素を区切ります。

XUL 要素からの継承
align, allowevents, allownegativeassertions, class, coalesceduplicatearcs, collapsed, container, containment, context, contextmenu, datasources, dir, empty, equalsize, flags, flex, height, hidden, id, insertafter, insertbefore, left, maxheight, maxwidth, menu, minheight, minwidth, mousethrough, observes, ordinal, orient, pack, persist, popup, position, preference-editable, querytype, ref, removeelement, sortDirection, sortResource, sortResource2, statustext, style, template, tooltip, tooltiptext, top, uri, wait-cursor, width

プロパティ

XUL 要素からの継承
align, attributes, allowEvents, baseURI, boxObject, builder, childElementCount, childNodes, children, className, clientHeight, clientLeft, clientTop, clientWidth, collapsed, contextMenu, controllers, database, datasources, dir, firstChild, firstElementChild, flex, height, hidden, id, lastChild, lastElementChild, left, localName, maxHeight, maxWidth, menu, minHeight, minWidth, namespaceURI, nextElementSibling, nextSibling, nodeName, nodeType, nodeValue, observes, ordinal, orient, ownerDocument, pack, parentNode, persist, prefix, previousElementSibling, previousSibling, ref, resource, scrollHeight, scrollLeft, scrollTop, scrollWidth, statusText, style, tagName,textContent, tooltip, tooltipText, top, width

メソッド

スタイルクラス

次のクラスは要素のスタイル付けに使用されます。これらのクラスは、ユーザの選択したテーマに自然に合うようにするため、要素のスタイルを直接変更する代わりに使用されます。

groove
溝付きの区切り。
groove-thin
細い溝付きの区切り。
thin
通常、0.5em の細めの区切り。

関連項目

要素
spacer, splitter, menuseparator, toolbarseparator, treeseparator.

ドキュメントのタグと貢献者

Contributors to this page: Marsf
最終更新者: Marsf,