rule

template 内で使用されるルール。rule の子要素は、ルールに一致すると生成されるコンテンツの、条件の宣言に使用されます。ルールには where 要素や binding 要素、action 要素が含まれます。条件は where 要素で定義されます。すべての条件に一致する各結果に対して、rule の action 本体内部のコンテンツが生成されます。追加の変数バインドを指定する bindings 要素は任意です。

テンプレート内で query 要素が使用されていない場合、デフォルトのクエリが使用され、RDF データソースについては簡単なクエリ構文が使用されます。これについての詳しい情報は Simple Query Syntax をご覧ください。

属性
iscontainer, isempty, parent, parsetype

(例が必要)

属性

iscontainer
型: 論理型
コンテナ要素を基底としてルールにマッチするかどうかを示す。この属性が指定されていない場合、rule はノードがコンテナかどうかに関わりません。
  • true: rule はコンテナとしてマークされたノードのみにマッチします。これはフォルダの代わりとなるノードに適用します。
  • false: rule はコンテナとしてマークされていないノードのみにマッチします。
isempty
型: 論理型
空要素を基底としてルールにマッチするかどうかを示す。この属性が指定されていない場合、rule はノードが子要素を持っているかどうかに関わりません。
  • true: rule は子要素を含まないノードのみにマッチします。
  • false: rule は一つ以上の要素を持つノードにのみマッチします。
parent
型: 要素のタグ名
この属性を設定すると、rule は対応するタグにのみマッチします。これは異なるタグを持つ別々の葉ノードやコンテナノードのためのルールに使用されます。
parsetype
型: 文字列型
この属性に Integer 型の値を設定すると、rule は整数型 (Integer)の parseType を持つ RDF ノードにのみマッチします。

プロパティ

XUL 要素からの継承
align, attributes, allowEvents, baseURI, boxObject, builder, childElementCount, childNodes, children, className, clientHeight, clientLeft, clientTop, clientWidth, collapsed, contextMenu, controllers, database, datasources, dir, firstChild, firstElementChild, flex, height, hidden, id, lastChild, lastElementChild, left, localName, maxHeight, maxWidth, menu, minHeight, minWidth, namespaceURI, nextElementSibling, nextSibling, nodeName, nodeType, nodeValue, observes, ordinal, orient, ownerDocument, pack, parentNode, persist, prefix, previousElementSibling, previousSibling, ref, resource, scrollHeight, scrollLeft, scrollTop, scrollWidth, statusText, style, tagName,textContent, tooltip, tooltipText, top, width

メソッド

Document Tags and Contributors

Contributors to this page: Marsf
最終更新者: Marsf,