rows

grid の rows を定義します。子要素のrow で grid 内に現れる各 rows を定義します。各 rows 要素の子は row 要素でなければなりません。

rows 要素はもう一つの rows 要素内に入れ子になるかもしれません。入れ子になった子要素の rows は、親要素の一部であるかのように通常の rows としてカウントされます。しかし、入れ子になった rows 要素は、境界線ごとに分けられた rows のグループにしたり、rows のグループごとにスクロールできるようしたりできます。

rows 要素内に置かれた row に関係のない要素は、grid の全幅を占有し、rows 間の対応する場所に置かれます。

詳しい情報が XUL チュートリアルにあります。

例は grid をご覧ください。

属性

XUL 要素からの継承
align, allowevents, allownegativeassertions, class, coalesceduplicatearcs, collapsed, container, containment, context, contextmenu, datasources, dir, empty, equalsize, flags, flex, height, hidden, id, insertafter, insertbefore, left, maxheight, maxwidth, menu, minheight, minwidth, mousethrough, observes, ordinal, orient, pack, persist, popup, position, preference-editable, querytype, ref, removeelement, sortDirection, sortResource, sortResource2, statustext, style, template, tooltip, tooltiptext, top, uri, wait-cursor, width

プロパティ

XUL 要素からの継承
align, attributes, allowEvents, baseURI, boxObject, builder, childElementCount, childNodes, children, className, clientHeight, clientLeft, clientTop, clientWidth, collapsed, contextMenu, controllers, database, datasources, dir, firstChild, firstElementChild, flex, height, hidden, id, lastChild, lastElementChild, left, localName, maxHeight, maxWidth, menu, minHeight, minWidth, namespaceURI, nextElementSibling, nextSibling, nodeName, nodeType, nodeValue, observes, ordinal, orient, ownerDocument, pack, parentNode, persist, prefix, previousElementSibling, previousSibling, ref, resource, scrollHeight, scrollLeft, scrollTop, scrollWidth, statusText, style, tagName,textContent, tooltip, tooltipText, top, width

メソッド

関連項目

要素
grid, columns, column, row.

Document Tags and Contributors

Contributors to this page: Marsf
最終更新者: Marsf,