radiogroup

radio ボタンのグループ。グループ内の radio ボタンを一度に一つだけ選択することができます。radio ボタンは radiogroup の直接の子または子孫要素です。グループの border や caption が欲しいときは、radiogroupgroupbox 内に置いてください。radiogroup のデフォルトは垂直指向です。

詳しい情報は XUL チュートリアルにあります。

属性
disabled, focused, preference, tabindex, value
プロパティ
accessibleType, disabled, focusedItem, itemCount, selectedIndex, selectedItem, tabIndex, value
メソッド
appendItem, checkAdjacentElement, getIndexOfItem, getItemAtIndex, insertItemAt, removeItemAt

Image:XUL_ref_radios.png
<radiogroup>
  <radio id="orange" label="Red"/>
  <radio id="violet" label="Green" selected="true"/>
  <radio id="yellow" label="Blue"/>
</radiogroup>

属性

disabled
型: 論理型
要素が無効化されているかどうかを示します。ある要素が true に設定されていたら、その要素は無効化されています。無効化された要素は通常グレイ表示のテキストで描画されます。要素が無効化されていると、ユーザのアクションには応答せず、フォーカスもあてられず、command イベントも発生しません。

 

focused
型: 論理型
要素がフォーカスされているとき、この属性値は true です。
preference
型: 要素の id
要素を対応する preference につなぎます。この属性は prefwindow 内で使用された場合のみ効果があります。preference の値は、要素の value プロパティと一致するように更新されます。
tabindex
型: 整数型
要素のタブの順番。タブの順番は tab キーが押下されたときにフォーカスが移動する順番です。より大きな tabindex の値をもつ要素は、タブの遷移が後になります。
value
型: 文字列型
文字列の属性はデータ値を要素に関連付けます。特定の目的のために使われるわけではありませんが、スクリプトからあなた自身の用途のためにアクセスできます。

プロパティ

accessibleType
型: 整数型
要素の accessibility オブジェクトの種類を示す値。
disabled
型: 論理型
disabled 属性の値の取得と設定。
focusedItem
型: radio 要素
radiogroup 内で現在フォーカスされている項目を保持します。この項目は選択されているとは限りません。このプロパティの設定によってフォーカスされた項目を変更できます。
itemCount
型: 整数型
子項目の数を保持する読み取り専用のプロパティ。
selectedIndex
型: 整数型
選択された項目の index を返します。また、このプロパティに index を設定して項目を選択する事もできます。このプロパティに -1 を設定すると、項目の選択をすべて解除します。
selectedItem
型: 要素
選択できる要素がある要素の、現在選択されている項目を保持します。項目が選択されていないときは、この値は null になります。この値の設定によって項目を選択することができます。値が、このプロパティまたは selectedIndex プロパティを通じて変更されるか、ユーザによって変更された場合、select イベントが要素に送られます。

 

tabIndex
型: 整数型
tabindex 属性の値の取得と設定。
value
型: 文字列型
value 属性の値の取得と設定。

メソッド

XUL 要素からの継承
blur, click, doCommand, focus, getElementsByAttribute getElementsByAttributeNS

DOM 要素からの継承
addEventListener(), appendChild(), compareDocumentPosition, dispatchEvent(), getAttribute(), getAttributeNode(), getAttributeNodeNS(), getAttributeNS(), getElementsByTagName(), getElementsByTagNameNS(), getFeature, getUserData, hasAttribute(), hasAttributeNS(), hasAttributes(), hasChildNodes(), insertBefore(), isEqualNode, isSameNode, isSupported(), lookupNamespaceURI, lookupPrefix, normalize(), removeAttribute(), removeAttributeNode(), removeAttributeNS(), removeChild(), removeEventListener(), replaceChild(), setAttribute(), setAttributeNode(), setAttributeNodeNS(), setAttributeNS(), setUserData

appendItem(label,value )
戻り値の型: 要素
新しい項目を生成し、既存の項目リストの末尾に追加します。値の設定は任意です。この関数は新しく生成された要素を返します。

<script>
function addItemsToList() {
  var list = document.getElementById('myMenuList');

  // add item with just the label
  list.appendItem('One');

  // add item with label and value
  list.appendItem('Two', 999);

  // Select the first item
  list.selectedIndex = 0;
}
</script>

<button label="Add items" oncommand="addItemsToList()" />

<menulist id="myMenuList">
  <menupopup />
</menulist>

関連情報

checkAdjacentElement( dir )
戻り値の型: 戻り値無し
現在選択されている radio ボタンの選択を解除し、グループ内の次のボタンを選択します。 dir 引数が true に設定されている場合、次の radio ボタンが選択されます。 false に設定されている場合、前の radio ボタンが選択されます。
getIndexOfItem( item )
戻り値の型: 整数型
指定した item の 0 を基点とした位置を返します。項目は、 list 内に表示された最初の項目から番号が付けられます。
getItemAtIndex( index )
戻り値の型: 要素
指定した index の位置の要素を返します。
insertItemAt( index, label, value )
戻り値の型: 要素
このメソッドは新しい項目を生成し、それを指定した位置に挿入します。値の設定は任意です。新しい項目要素を返します。
removeItemAt( index )
戻り値の型: 要素
要素内の指定した index の子項目を削除します。このメソッドは削除した項目を返します。

関連項目

インタフェース
nsIAccessibleProvider, nsIDOMXULSelectControlElement

添付ファイル

ファイル サイズ 日時 添付者:
XUL_ref_radios.png
1570 バイト 2007-12-26 14:57:41 Marsf
Penha.JPG
111975 バイト 2008-03-01 01:46:02 Mariadapenha

Document Tags and Contributors

Contributors to this page: Marsf
最終更新者: Marsf,