progressmeter

冗長な作業の進捗状態を表示するために使用されるメータ。作業が完了すると、塗りつぶされたバーが描画されます。また、不確定な progressmeter は、mode 属性を undetermined に設定することによって作成されます。これは、作業を完了する時間の長さが事前に分からないときに使用されます。

詳しい情報が XUL チュートリアルにあります。

属性
max, mode, value
プロパティ
accessibleType, max, mode, value

Image:XUL_ref_progress.png
<progressmeter mode="determined" value="82"/>
<progressmeter mode="undetermined"/>
<!-- マウスがボタン上にある間、モードが切り替わります。 -->
<progressmeter mode="determined" id="myProgress"/>
<button label="例" onmouseover="setLoading(true)"
                   onmouseout="setLoading(false)"/>
function setLoading(state){
  document.getElementById('myProgress').mode =
           (state) ? 'undetermined' : 'determined';
}

属性

max
型: 整数型
progressmeter の最大値。属性が指定されていないときのデフォルトは 100 です。この値は百分率として使用されます。
mode
型: 以下の値のいずれか一つ
determinedprogressmeter は作業にかかる長さが分かる場合に使用します。undeterminedprogressmeter は、その長さが分からないときに使用し、一般的に床屋の回転ポールのように描画されます。
  • determined: 進捗メータは、バーを満たす量の決定に value 属性を使用します。
  • undetermined: progressmeter は不確定です。
value
型: 整数型
進捗を示す 0 から 100 までの範囲の整数。value を "0" に設定すると空のバーが表示され、"100" に設定すると完全な長さのバーが表示されます。また "25" に設定すると 1/4 の長さのバーになります。数値の後の文字は無視されます。

XUL 要素からの継承
align, allowevents, allownegativeassertions, class, coalesceduplicatearcs, collapsed, container, containment, context, contextmenu, datasources, dir, empty, equalsize, flags, flex, height, hidden, id, insertafter, insertbefore, left, maxheight, maxwidth, menu, minheight, minwidth, mousethrough, observes, ordinal, orient, pack, persist, popup, position, preference-editable, querytype, ref, removeelement, sortDirection, sortResource, sortResource2, statustext, style, template, tooltip, tooltiptext, top, uri, wait-cursor, width

プロパティ

accessibleType
型: 整数型
要素の accessibility オブジェクトの種類を示す値。
max
型: 整数型
max 属性の値の取得と設定。
mode
型: 文字列型
mode 属性の値の取得と設定。
value
型: 文字列型
value 属性の値の取得と設定。

XUL 要素からの継承
align, attributes, allowEvents, baseURI, boxObject, builder, childElementCount, childNodes, children, className, clientHeight, clientLeft, clientTop, clientWidth, collapsed, contextMenu, controllers, database, datasources, dir, firstChild, firstElementChild, flex, height, hidden, id, lastChild, lastElementChild, left, localName, maxHeight, maxWidth, menu, minHeight, minWidth, namespaceURI, nextElementSibling, nextSibling, nodeName, nodeType, nodeValue, observes, ordinal, orient, ownerDocument, pack, parentNode, persist, prefix, previousElementSibling, previousSibling, ref, resource, scrollHeight, scrollLeft, scrollTop, scrollWidth, statusText, style, tagName,textContent, tooltip, tooltipText, top, width

メソッド

関連項目

インタフェース
nsIAccessibleProvider

添付ファイル

ファイル サイズ 日時 添付者:
XUL_ref_progress.png
330 バイト 2008-01-15 13:21:12 Marsf
mpw-notificacao.png
37791 バイト 2008-04-29 02:02:10 Fernandopsilveira

Document Tags and Contributors

Contributors to this page: Marsf
最終更新者: Marsf,