overlay

overlay は、コンテンツのブロックをいくつかの異なるウィンドウ間で共有するために使用されます。また、既存の window 内へのコンテンツの追加や代替コンテンツのために使用されます。overlay は別の XUL ファイル内で定義されます。overlay は XUL が読み込まれている間に適用されます。

overlay 内に含まれる各要素は、主ウィンドウ内の id 属性に一致する位置に挿入されます。例えば、overlay 内の要素が file_menuid を持つとき、対応する主ウィンドウ内の id file_menu を持つ要素は overlay を代わりに使用します。overlay 内で宣言された属性は、その要素を含む window に挿入された要素と子要素に追加されます。overlay 要素の id 属性を持たない直接の子要素は主ウィンドウに追加されます。このため、スクリプトを overlay から主ウィンドウに追加できるようになります。

overlay は onload イベントを持ちません。overlay に初期化コードを持たせるには、スクリプトを関数の外側に直接置いてください。このスクリプトは、主ウィンドウやすべての overlay が適用されるまで起こらない window のための load イベントを受信する、addEventListener メソッドを呼び出すためによく使用されます。

overlay は他のパッケージ内の window にも適用されます。overlay から参照されるスクリプトなどのファイルは絶対 URL で指定しなければなりません。相対 URL で指定すると、overlay を適用する window からの相対 URL になり、overlay からの相対 URL にはなりません。

詳しい情報が XUL チュートリアルにあります。

属性
class, id

<?xml version="1.0"?>
<overlay id="myOverlay"
         xmlns="http://www.mozilla.org/keymaster/gatekeeper/there.is.only.xul">
 <menu id="file_menu">
  <menuitem name="Super Stream Player"/>
 </menu>
</overlay>

属性

class
型: 文字列型
要素のスタイルクラス。 複数のクラスを指定するには、それらをスペースで区切ります。
id
型: window 内で固有の要素 ID
要素を識別するために付与される固有の識別子。 getElementById() などの DOM 関数やスタイルシートで要素を参照するために使うことができる。

関連項目

Document Tags and Contributors

Contributors to this page: Marsf
最終更新者: Marsf,