mozilla
Your Search Results

    menu

    この要素は、menubar 上に配置される button のようなものです。 ユーザが menu 要素をクリックすると、menu の子の menupopup が表示されます。 この要素も、サブメニューを作るために使われます。

    詳しい情報は XUL チュートリアルにあります。

    属性
    acceltext, accesskey, allowevents, command, crop, disabled, image, label, menuactive, open, sizetopopup, tabindex, value
    プロパティ
    accessibleType, accessKey, command, control, crop, disabled, image, itemCount, label, labelElement, menupopup, open, parentContainer, selected, tabIndex, value
    メソッド
    appendItem, getIndexOfItem, getItemAtIndex, insertItemAt, removeItemAt

      <menubar id="sample-menubar">
        <menu id="file-menu" label="File">
          <menupopup id="file-popup">
            <menuitem label="New"/>
            <menuitem label="Open"/>
            <menuitem label="Save"/>
            <menuseparator/>
            <menuitem label="Exit"/>
          </menupopup>
        </menu>
        <menu id="edit-menu" label="Edit">
          <menupopup id="edit-popup">
            <menuitem label="Undo"/>
            <menuitem label="Redo"/>
          </menupopup>
        </menu>
      </menubar>
    

    属性

    acceltext
    型: 文字列型
    command を実行するためのショートカットキー (アクセラレータキー) を示す、menu ラベルのそばに表示されるテキスト。この値が設定されると、key 属性で割り当てられたキー設定が上書きされます。この属性は menubar 上のメニューには直接適用されません。
    accesskey
    型: 文字型
    ショートカットキーとして使用される文字を設定します。この文字はその要素の label 属性のテキストに現れる文字の一つでなければいけません。
    allowevents
    型: 論理型
    true なら、イベントはその要素の子要素へ渡されます。そうでないなら、イベントはその要素のみに渡されます。
    crop
    型: 下記の値のいずれか一つ
    要素の label に与えられた空間が小さ過ぎるときは、crop 属性によって指定された側のテキストが切り取られます。テキストが切り取られた場所には省略記号 (ellipsis)が使用されます。ボックスの方向が反対の場合は、切り取られる場所も反対側になります。
    • start: テキストは先頭から切り取られます。
    • end: テキストは末尾から切り取られます。
    • left: テキストは左側から切り取られます。
    • right: テキストは右側から切り取られます。
    • center: テキストの中央が切り取られ、通常、テキストの先頭と末尾が表示されます。
    • none: テキストは省略記号を使用して切り取られません。しかし、テキストがあまりに長い場合は単純に削除されます。削除する側は CSS の行揃え (text alignment)に依存します。
    disabled
    型: 論理型
    要素が無効化されているかどうかを示します。ある要素が true に設定されていたら、その要素は無効化されています。無効化された要素は通常グレイ表示のテキストで描画されます。要素が無効化されていると、ユーザのアクションには応答せず、フォーカスもあてられず、command イベントも発生しません。

     

    label
    型: 文字列型
    要素上に表示するlabel。 省略された場合、テキストは表示されない。
    menuactive
    型: 論理型
    この属性は menu 内の項目がポイントされた時、その項目に設定されます。一般的に、この属性はテーマがメニュー項目を強調表示するために使用します。メニュー項目がポイントされた時、その項目には DOMMenuItemActive イベントが送られ、その選択が他へ移動した時、DOMMenuItemInactive イベントがその項目に送られます。
    open
    型: 論理型
    menutype ボタンについて、メニューが開かれたとき、open 属性が true に設定されます。メニューが閉じられると open 属性は提供されません。
    sizetopopup
    型: 下記の値のいずれか一つ
    menu の幅と menupopup の幅をどのように決定するかを指示します。sizetopopup 属性が設定されていないか、値に none が設定されている場合、menu が優先される幅になり、popup の幅は、この幅の外側まで拡張され、menu 自身の最大幅による影響を受けません。
    • none: popup の幅は menu のサイズにはなりません。
    • always: always に設定すると、menu の幅は menupopup に必要な幅と同じになります。menu に最大幅が設定されている場合、popup もその幅になります。
    value
    型: 文字列型
    文字列の属性はデータ値を要素に関連付けます。特定の目的のために使われるわけではありませんが、スクリプトからあなた自身の用途のためにアクセスできます。

    プロパティ

    accessibleType
    型: 整数型
    要素の accessibility オブジェクトの種類を示す値。
    control
    型: menu 要素
    内部の item を囲む menu が存在するとき、それを返します。存在しないときは null を返します。
    itemCount
    型: 整数型
    子項目の数を保持する読み取り専用のプロパティ。
    {{ XULProp("menupopup") }}
    型: menupopup 要素
    menu または menulist 要素で使用される {{ XULElem("menupopup") }} への参照。このプロパティは読み取り専用です。
    open
    型: 論理型
    menu が開いている場合、このプロパティは true に設定されます。menu は open プロパティを true に設定すると開かれ、false に設定すると閉じられます。
    parentContainer
    型: menu 要素
    包含する menu 要素を返す読み取り専用のプロパティです。包含する menu がない場合、null を返します。
    value
    型: 文字列型
    value 属性の値の取得と設定。

    メソッド

    XUL 要素からの継承
    blur, click, doCommand, focus, getElementsByAttribute getElementsByAttributeNS

    DOM 要素からの継承
    addEventListener(), appendChild(), compareDocumentPosition, dispatchEvent(), getAttribute(), getAttributeNode(), getAttributeNodeNS(), getAttributeNS(), getElementsByTagName(), getElementsByTagNameNS(), getFeature, getUserData, hasAttribute(), hasAttributeNS(), hasAttributes(), hasChildNodes(), insertBefore(), isEqualNode, isSameNode, isSupported(), lookupNamespaceURI, lookupPrefix, normalize(), removeAttribute(), removeAttributeNode(), removeAttributeNS(), removeChild(), removeEventListener(), replaceChild(), setAttribute(), setAttributeNode(), setAttributeNodeNS(), setAttributeNS(), setUserData

    appendItem(label,value )
    戻り値の型: 要素
    新しい項目を生成し、既存の項目リストの末尾に追加します。値の設定は任意です。この関数は新しく生成された要素を返します。

    <script>
    function addItemsToList() {
      var list = document.getElementById('myMenuList');
    
      // add item with just the label
      list.appendItem('One');
    
      // add item with label and value
      list.appendItem('Two', 999);
    
      // Select the first item
      list.selectedIndex = 0;
    }
    </script>
    
    <button label="Add items" oncommand="addItemsToList()" />
    
    <menulist id="myMenuList">
      <menupopup />
    </menulist>

    関連情報

    getIndexOfItem( item )
    戻り値の型: 整数型
    指定した item の 0 を基点とした位置を返します。項目は、 list 内に表示された最初の項目から番号が付けられます。
    getItemAtIndex( index )
    戻り値の型: 要素
    指定した index の位置の要素を返します。
    insertItemAt( index, label, value )
    戻り値の型: 要素
    このメソッドは新しい項目を生成し、それを指定した位置に挿入します。値の設定は任意です。新しい項目要素を返します。
    removeItemAt( index )
    戻り値の型: 要素
    要素内の指定した index の子項目を削除します。このメソッドは削除した項目を返します。

    関連項目

    要素
    menubar, menuitem, menulist, menupopup, menuseparator
    インタフェース
    nsIAccessibleProvider, nsIDOMXULContainerElement, nsIDOMXULContainerItemElement, nsIDOMXULSelectControlItemElement

    ドキュメントのタグと貢献者

    Contributors to this page: Okome, Marsf, Mgjbot
    最終更新者: Marsf,