Join MDN and developers like you at Mozilla's View Source conference, 12-14 September in Berlin, Germany. Learn more at https://viewsourceconf.org

dialogheader

ダイアログのヘッダのボックスです。この要素は dialog の中に置きます。ヘッダには title と description があります。

属性
crop, description, title

Image:XUL_ref_dialogheader.png
<?xml version="1.0"?>
<?xml-stylesheet href="chrome://global/skin/global.css" type="text/css"?>
<dialog id="donothing" title="Dialog example"
        xmlns="http://www.mozilla.org/keymaster/gatekeeper/there.is.only.xul">
    
    <dialogheader title="My dialog" description="Example dialog"/>
    <!-- Other widgets -->

</dialog>

属性

crop
型: 下記の値のいずれか一つ
要素の label に与えられた空間が小さ過ぎるときは、crop 属性によって指定された側のテキストが切り取られます。テキストが切り取られた場所には省略記号 (ellipsis)が使用されます。ボックスの方向が反対の場合は、切り取られる場所も反対側になります。
  • start: テキストは先頭から切り取られます。
  • end: テキストは末尾から切り取られます。
  • left: テキストは左側から切り取られます。
  • right: テキストは右側から切り取られます。
  • center: テキストの中央が切り取られ、通常、テキストの先頭と末尾が表示されます。
  • none: テキストは省略記号を使用して切り取られません。しかし、テキストがあまりに長い場合は単純に削除されます。削除する側は CSS の行揃え (text alignment)に依存します。
description
型: 文字列型
dialog の title に加えて表示される説明的なテキスト。
title
型: 文字列型
window のタイトルバーに表示するためのテキスト。

プロパティ

XUL 要素からの継承
align, attributes, allowEvents, baseURI, boxObject, builder, childElementCount, childNodes, children, className, clientHeight, clientLeft, clientTop, clientWidth, collapsed, contextMenu, controllers, database, datasources, dir, firstChild, firstElementChild, flex, height, hidden, id, lastChild, lastElementChild, left, localName, maxHeight, maxWidth, menu, minHeight, minWidth, namespaceURI, nextElementSibling, nextSibling, nodeName, nodeType, nodeValue, observes, ordinal, orient, ownerDocument, pack, parentNode, persist, prefix, previousElementSibling, previousSibling, ref, resource, scrollHeight, scrollLeft, scrollTop, scrollWidth, statusText, style, tagName,textContent, tooltip, tooltipText, top, width

メソッド

関連項目

要素
dialog, window

ドキュメントのタグと貢献者

 このページの貢献者: Marsf, Shimono, Yukichi
 最終更新者: Marsf,