Join MDN and developers like you at Mozilla's View Source conference, 12-14 September in Berlin, Germany. Learn more at https://viewsourceconf.org

dialog

この要素は、ダイアログボックスの window 要素の中で使用します。buttons 属性は、ダイアログボックスに現れるボタンの設置に使用されます。これらのボタンはユーザのプラットフォームに応じて正しい位置に置かれます。

詳しい情報は XUL チュートリアルおよび ダイアログとプロンプト(code snippets) にあります。

属性
buttonaccesskeyaccept, buttonaccesskeycancel, buttonaccesskeydisclosure, buttonaccesskeyextra1, buttonaccesskeyextra2, buttonaccesskeyhelp, buttonalign, buttondir, buttondisabledaccept, buttonlabelaccept, buttonlabelcancel, buttonlabeldisclosure, buttonlabelextra1, buttonlabelextra2, buttonlabelhelp, buttonorient, buttonpack, buttons, defaultButton, ondialogaccept, ondialogcancel, ondialogdisclosure, ondialogextra1, ondialogextra2, ondialoghelp, title
プロパティ
buttons, defaultButton
メソッド
acceptDialog, cancelDialog, centerWindowOnScreen, getButton, moveToAlertPosition

Image:XUL_ref_dialog.png
<?xml version="1.0"?>
<?xml-stylesheet href="chrome://global/skin/global.css" type="text/css"?>
<dialog id="donothing" title="Dialog の例"
   xmlns="http://www.mozilla.org/keymaster/gatekeeper/there.is.only.xul"
   buttons="accept,cancel"
   buttonlabelcancel="キャンセル"
   buttonlabelaccept="保存"
   ondialogaccept="return doOK();"
   ondialogcancel="return doCancel();">
    
    <dialogheader title="オプション" description="マイ設定"/>
    <groupbox>
      <caption label="色"/>
      <radiogroup>
        <radio label="赤"/>
        <radio label="緑" selected="true"/>
        <radio label="青"/>
      </radiogroup>
      <label value="ニックネーム"/>
      <textbox />
   </groupbox>
</dialog>

属性

activetitlebarcolor
型: color 文字列
ウィンドウがアクティブな時のタイトルバーについて、背景色を指定された色にし、ウィンドウ内容との間の境界線を非表示にします。この属性は Mac OS X でのみ有効です。

 

buttonaccesskeyaccept
型: 文字列型
"accept" ボタンのために使用するアクセスキー。
buttonaccesskeycancel
型: 文字列型
"cancel" ボタンのために使用するアクセスキー。
buttonaccesskeydisclosure
型: 文字列型
"disclosure" ボタンのために使用するアクセスキー。
buttonaccesskeyextra1
型: 文字列型
最初の追加ボタンのために使用するアクセスキー。
buttonaccesskeyextra2
型: 文字列型
2 番目の追加ボタンのために使用するアクセスキー。
buttonaccesskeyhelp
型: 文字列型
"help" ボタンのために使用するアクセスキー。
buttonalign
型: 文字列型
box が含むボタンのための align 属性の値。
buttondir
型: 文字列型
box が含むボタンのための dir 属性の値。
buttondisabledaccept
型: 論理型
true に設定された場合 accept(OK) ボタンが無効化されます。
buttonlabelaccept
型: 文字列型
"accept" ボタンに表示されるラベル。
buttonlabelcancel
型: 文字列型
"cancel" ボタンに表示されるラベル。
buttonlabeldisclosure
型: 文字列型
"disclosure" ボタンに表示されるラベル。
buttonlabelextra1
型: 文字列型
最初の追加のボタンに表示されるラベル。
buttonlabelextra2
型: 文字列型
2 番目の追加のボタンに表示されるラベル。
buttonlabelhelp
型: 文字列型
"help" ボタンに表示されるラベル。
buttonorient
型: 文字列型
box が含むボタンのための orient 属性の値。
buttonpack
型: 文字列型
box が含むボタンのための pack 属性の値。
buttons
型: カンマで区切られた下記の値のリスト
ダイアログボックス中に現れるボタンをカンマで区切ったリスト。ボタンはユーザのプラットフォームに適した位置に置かれ、基本的なイベントハンドリングが自動で行われます。次の値をリストで使用することができます。
  • accept: 押下すると変更を許諾する OKボタンです。このボタンがデフォルトになります。
  • cancel: 操作を中止するキャンセルボタンです。
  • help: ダイアログについてのヘルプを表示するヘルプボタンです。
  • disclosure: 追加の情報を表示するボタンです。これはボタンになるか、情報を表示する三角形になります。
  • extra1:任意で追加されるボタンです。buttonlabelextra1 属性でこのボタンのラベルを設定することができます。
  • extra2: 任意で追加されるもう一つのボタンです。buttonlabelextra2 属性でこのボタンのラベルを設定することができます。

註: ダイアログボックス内にボタンを表示したくないときは、属性の値に "," (カンマ 1 つ) を設定してください。

defaultButton
型: 文字列型
通常、この属性を設定すべきではありません。設定すると、ダイアログ内のデフォルトボタンを指定します。一般的に、これは Enter キーが押された時にボタンが有効化されることを意味します。この属性には buttons 属性で設定できる値と同じものを設定します。
inactivetitlebarcolor
型: color 文字列
ウィンドウが非アクティブな時のタイトルバーについて、背景色を指定された色にし、ウィンドウ内容との間の境界線を非表示にします。この属性は Mac OS X でのみ有効です。

 

ondialogaccept
型: スクリプトコード
この属性内のコードは、accept ボタンが押された時、もしくは acceptDialog メソッドが呼ばれた時に呼ばれます。ハンドラが true を返す場合、ダイアログは閉じますが、false を返す場合、閉じることはありません。
ondialogcancel
型: スクリプトコード
この属性内のコードは、"cancel" ボタンが押されたとき、または cancelDialog メソッドが呼ばれたときに呼び出されます。このルーチンが true を返す場合、そのままダイアログが閉じられます。false を返す場合は閉じられません。
ondialogdisclosure
型: スクリプトコード
この属性内のコードは、"disclosure" ボタンが押された時、呼び出されます。
ondialogextra1
型: スクリプトコード
この属性内のコードは、最初の追加のボタンが押されたとき呼び出されます。
ondialogextra2
型: スクリプトコード
この属性内のコードは、2 番目の追加のボタンが押されたとき呼び出されます。
ondialoghelp
型: スクリプトコード
この属性内のコードは、"help" ボタンが押されたとき呼び出されます。
title
型: 文字列型
window のタイトルバーに表示するためのテキスト。

プロパティ

buttons
型: 下記の値をカンマで区切ったリスト
ダイアログボックス中に現れるボタンをカンマで区切ったリスト。ボタンはユーザのプラットフォームに適した位置に置かれ、基本的なイベントハンドリングが自動で行われます。次の値をリストで使用することができます:
  • accept: 押下すると変更を許諾する OKボタンです。このボタンがデフォルトになります。
  • cancel: 操作を中止するキャンセルボタンです。
  • help: ダイアログについてのヘルプを表示するヘルプボタンです。
  • disclosure: 追加の情報を表示するボタンです。これはボタンになるか、情報を表示する三角形になります。
  • extra1: 任意で追加されるボタンです。buttonlabelextra1 属性でこのボタンのラベルを設定することができます。
  • extra2: 任意で追加されるもう一つのボタンです。buttonlabelextra2 属性でこのボタンのラベルを設定することができます。
defaultButton
型: 文字列型
通常、この属性を設定すべきではありません。設定すると、ダイアログ内のデフォルトボタンを指定します。一般的に、これは Enter キーが押下された時にボタンが有効化されることを意味します。この属性には buttons 属性で設定できる値と同じものを設定します。

メソッド

XUL 要素からの継承
blur, click, doCommand, focus, getElementsByAttribute getElementsByAttributeNS

DOM 要素からの継承
addEventListener(), appendChild(), compareDocumentPosition, dispatchEvent(), getAttribute(), getAttributeNode(), getAttributeNodeNS(), getAttributeNS(), getElementsByTagName(), getElementsByTagNameNS(), getFeature, getUserData, hasAttribute(), hasAttributeNS(), hasAttributes(), hasChildNodes(), insertBefore(), isEqualNode, isSameNode, isSupported(), lookupNamespaceURI, lookupPrefix, normalize(), removeAttribute(), removeAttributeNode(), removeAttributeNS(), removeChild(), removeEventListener(), replaceChild(), setAttribute(), setAttributeNode(), setAttributeNodeNS(), setAttributeNS(), setUserData

acceptDialog()
戻り値の型: 戻り値なし
dialog に同意して閉じます。OK ボタンの押下と似ています。
cancelDialog()
戻り値の型: 戻り値無し
dialog をキャンセルして閉じます。Cancel ボタンの押下と似ています。
centerWindowOnScreen()
戻り値の型: 戻り値無し
dialog をスクリーンの中央に配置します。
getButton( type )
戻り値の型: button 要素
指定した type に一致する、 dialog 内の button 要素を返します。
moveToAlertPosition()
戻り値の型: 戻り値無し
dialog を alert box に相応しい位置とサイズに変更します。

関連項目

要素
dialogheader

ドキュメントのタグと貢献者

 このページの貢献者: Marsf, Piro, Yukichi
 最終更新者: Marsf,