description

by 3 contributors:

この要素はテキストのブロックを作成するために使われます。テキストは value 属性か、description の開きタグと閉じタグの中に置いて設定することができます。value 属性は一行のテキストとして表示されるテキストを設定します。テキストが description の子として現れた場合は複数行に折り返されます。これは任意のマークアップを含むかもしれません (必要に応じてスタイルを付けられます)。

詳しい情報は XUL チュートリアルにあります。

属性
crop, disabled, tabindex value
プロパティ
accessibleType, crop, disabled, tabIndex, value
スタイルクラス
header, indent, monospace, plain, small-margin

Image:XUL_ref_description.png
<description>
  This is a long section of text that is displayed.
</description>

属性

crop
型: 下記の値のいずれか一つ
要素の label に与えられた空間が小さ過ぎるときは、crop 属性によって指定された側のテキストが切り取られます。テキストが切り取られた場所には省略記号 (ellipsis)が使用されます。ボックスの方向が反対の場合は、切り取られる場所も反対側になります。
  • start: テキストは先頭から切り取られます。
  • end: テキストは末尾から切り取られます。
  • left: テキストは左側から切り取られます。
  • right: テキストは右側から切り取られます。
  • center: テキストの中央が切り取られ、通常、テキストの先頭と末尾が表示されます。
  • none: テキストは省略記号を使用して切り取られません。しかし、テキストがあまりに長い場合は単純に削除されます。削除する側は CSS の行揃え (text alignment)に依存します。
disabled
型: 論理型
要素が無効化されているかどうかを示します。ある要素が true に設定されていたら、その要素は無効化されています。無効化された要素は通常グレイ表示のテキストで描画されます。要素が無効化されていると、ユーザのアクションには応答せず、フォーカスもあてられず、command イベントも発生しません。

 

tabindex
型: 整数型
要素のタブの順番。タブの順番は tab キーが押下されたときにフォーカスが移動する順番です。より大きな tabindex の値をもつ要素は、タブの遷移が後になります。
value
型: 文字列型
文字列の属性はデータ値を要素に関連付けます。特定の目的のために使われるわけではありませんが、スクリプトからあなた自身の用途のためにアクセスできます。

プロパティ

accessibleType
型: 整数型
要素の accessibility オブジェクトの種類を示す値。
crop
型: 文字列型
crop 属性の値の取得と設定。
disabled
型: 論理型
disabled 属性の値の取得と設定。
tabIndex
型: 整数型
tabindex 属性の値の取得と設定。
value
型: 文字列型
value 属性の値の取得と設定。

メソッド

スタイルクラス

header
見出しに使用するクラス。一般的に、テキストがボールド体で表現されます。
indent
このクラスを使用すると、テキストの先頭が字下げされます。
monospace
このクラスを使用すると、テキストが等幅フォントで表示されます。
plain
このクラスによって、要素は border や margin なしで表示されます。
small-margin
このクラスを使用すると、テキストの余白が小さく表示されます。

関連項目

TBD

 

ドキュメントのタグと貢献者

Contributors to this page: Marsf, Mgjbot, Taken
最終更新者: Marsf,