mozilla
Your Search Results

    content

    この要素は query 要素内に現れます。ルールの query はこの要素を含み、ただ一つの content 要素を持ってなければなりません。content 要素は uri 属性を持っていなければなりません。これは、条件が合うとき、content ノードに変数を結びつけるために使用されます。flags 属性に dont-build-content が設定された tree を使用する場合は、代わりに treeitem を使用してください。

    詳しい情報は XUL チュートリアルにあります。

    プロパティ
    tag, uri

    (例が必要)

    属性

    XUL 要素からの継承
    align, allowevents, allownegativeassertions, class, coalesceduplicatearcs, collapsed, container, containment, context, contextmenu, datasources, dir, empty, equalsize, flags, flex, height, hidden, id, insertafter, insertbefore, left, maxheight, maxwidth, menu, minheight, minwidth, mousethrough, observes, ordinal, orient, pack, persist, popup, position, preference-editable, querytype, ref, removeelement, sortDirection, sortResource, sortResource2, statustext, style, template, tooltip, tooltiptext, top, uri, wait-cursor, width

    プロパティ

    tag
    型: タグ名
    タグ名がセットされます。セットされている場合は、テンプレートビルダがこのタグを直接含む要素について内容を解析している場合にのみ、条件がマッチします。例えば、treechildren の値を使用した場合、直接 treechildren タグ内に要素が置かれた時のみ、条件がマッチします。従って、入れ子になった要素は、直接 treeitem を内包しているためマッチしません。この属性は、要素の内と外で違うルールを提供したい場合に有用です。
    uri
    型: ?
    コンテンツの変数名を指定します。ルールが評価される場合、RDF データソース内の各リソースからマッチするものを探します。各リソースは uri 属性で指定された変数内に順番に置かれます。次に、他のマッチするルールが評価されます。この属性は常に提供されなければなりません。

    メソッド

    TBD

    ドキュメントのタグと貢献者

    Contributors to this page: Yukichi, ethertank, Marsf
    最終更新者: ethertank,