bindings

非推奨

rule のための変数のバインディング一式を指定するために使用します。この要素は rule 内に含まれ、一つ以上の binding 要素が含まれなければなりません。この要素は Firefox 3/Mozilla 1.9 以降で任意です。代わりに binding 要素を rule 要素内に直接置いてください。

詳しい情報が Template ガイドにあります。

(例が必要)

属性

XUL 要素からの継承
align, allowevents, allownegativeassertions, class, coalesceduplicatearcs, collapsed, container, containment, context, contextmenu, datasources, dir, empty, equalsize, flags, flex, height, hidden, id, insertafter, insertbefore, left, maxheight, maxwidth, menu, minheight, minwidth, mousethrough, observes, ordinal, orient, pack, persist, popup, position, preference-editable, querytype, ref, removeelement, sortDirection, sortResource, sortResource2, statustext, style, template, tooltip, tooltiptext, top, uri, wait-cursor, width

object
要素のオブジェクト。これは RDF リソース URI または RDF リテラル値を参照する変数になります。
predicate
マッチする述部またはプロパティ。これはプロパティの URI でなければなりません。
subject
要素の主部。これは参照変数または RDF リソース URI になります。

プロパティ

メソッド

TBD

ドキュメントのタグと貢献者

 このページの貢献者: ethertank, Marsf, Taken
 最終更新者: ethertank,