binding

bindings の中に含まれるべきです。binding は変数をノードにバインドするために使います。構文は triple 要素と同じように、マッチしたノードの特定のプロパティに特定の変数をバインディングすることができます。その後、その名前はルールの action の中で使うことができます。

プロパティ
object, predicate, subject

(例が必要)

属性

XUL 要素からの継承
align, allowevents, allownegativeassertions, class, coalesceduplicatearcs, collapsed, container, containment, context, contextmenu, datasources, dir, empty, equalsize, flags, flex, height, hidden, id, insertafter, insertbefore, left, maxheight, maxwidth, menu, minheight, minwidth, mousethrough, observes, ordinal, orient, pack, persist, popup, position, preference-editable, querytype, ref, removeelement, sortDirection, sortResource, sortResource2, statustext, style, template, tooltip, tooltiptext, top, uri, wait-cursor, width

プロパティ

object
型: string
要素のオブジェクト。これは RDF リソース URI または RDF リテラル値を参照する変数になります。
predicate
マッチする述部またはプロパティ。これはプロパティの URI でなければなりません。
subject
要素の主部。これは参照変数または RDF リソース URI になります。

XUL 要素からの継承
align, attributes, allowEvents, baseURI, boxObject, builder, childElementCount, childNodes, children, className, clientHeight, clientLeft, clientTop, clientWidth, collapsed, contextMenu, controllers, database, datasources, dir, firstChild, firstElementChild, flex, height, hidden, id, lastChild, lastElementChild, left, localName, maxHeight, maxWidth, menu, minHeight, minWidth, namespaceURI, nextElementSibling, nextSibling, nodeName, nodeType, nodeValue, observes, ordinal, orient, ownerDocument, pack, parentNode, persist, prefix, previousElementSibling, previousSibling, ref, resource, scrollHeight, scrollLeft, scrollTop, scrollWidth, statusText, style, tagName,textContent, tooltip, tooltipText, top, width

メソッド

関連項目

TBD

ドキュメントのタグと貢献者

 このページの貢献者: Marsf, Taken
 最終更新者: Marsf,