mozilla

リビジョンの比較

XBL の例

Change Revisions

リビジョン 237960:

リビジョン 237960 (編集者: Mgjbot / 編集日時: )

リビジョン 183125:

リビジョン 183125 (編集者: Mgjbot / 編集日時: )

タイトル:
XBL の例
XBL の例
URL スラグ:
XUL_Tutorial/XBL_Example
XUL_Tutorial/XBL_Example
タグ:
XUL, XBL, XUL_Tutorial, Tutorials
XUL, XBL, XUL_Tutorial, Tutorials
内容:

リビジョン 237960
リビジョン 183125
nn8       
9    </p>
10    <p>
n13    <h3 name=".E3.82.B9.E3.83.A9.E3.82.A4.E3.83.89.E3.82.B7.E3.83n16    <h3 id=".E3.82.B9.E3.83.A9.E3.82.A4.E3.83.89.E3.82.B7.E3.83.A
>.A7.E3.83.BC.E8.A6.81.E7.B4.A0">>7.E3.83.BC.E8.A6.81.E7.B4.A0" name=".E3.82.B9.E3.83.A9.E3.82.A4.E
 >3.83.89.E3.82.B7.E3.83.A7.E3.83.BC.E8.A6.81.E7.B4.A0">
n17      それでは、XBL 要素の完全な例を作ってみることにしましょう。 作成するのは、オブジェクトを<a href="ja/Xn20      それでは、XBL 要素の完全な例を作ってみることにしましょう。 作成するのは、オブジェクトを<a href="/ja/
>UL_Tutorial/Stacks_and_Decks#.E3.83.87.E3.83.83.E3.82.AD">デッキ</a>>XUL_Tutorial/Stacks_and_Decks#.E3.83.87.E3.83.83.E3.82.AD" title=
>で保持して 1 つずつ表示していくウィジェットです。 下辺付近にナビゲーションボタンを置いて、利用者がオブジェクトを巡回できるよう>"ja/XUL_Tutorial/Stacks_and_Decks#.E3.83.87.E3.83.83.E3.82.AD">デッ
>にするとともに、 ボタンの間にあるテキストウィジェットで現在のページ番号を表示するようにします。 この要素の中には、ページとしてど>キ</a>で保持して 1 つずつ表示していくウィジェットです。 下辺付近にナビゲーションボタンを置いて、利用者がオブジェクトを巡回
>んな要素でも置くことが可能ですが、一連の画像を順に表示させるために使用するのがよいと思います。 ここでは、この要素を {{ 原語併>できるようにするとともに、 ボタンの間にあるテキストウィジェットで現在のページ番号を表示するようにします。 この要素の中には、ペー
>記("スライドショー", "slideshow") }} 要素と呼ぶことにします。>ジとしてどんな要素でも置くことが可能ですが、一連の画像を順に表示させるために使用するのがよいと思います。 ここでは、この要素を {
 >{ 原語併記("スライドショー", "slideshow") }} 要素と呼ぶことにします。
n19    <h4 name=".E3.82.B9.E3.83.A9.E3.82.A4.E3.83.89.E3.82.B7.E3.83n22    <h4 id=".E3.82.B9.E3.83.A9.E3.82.A4.E3.83.89.E3.82.B7.E3.83.A
>.A7.E3.83.BC.E3.81.AE.E3.82.B3.E3.83.B3.E3.83.86.E3.83.B3.E3.83.8>7.E3.83.BC.E3.81.AE.E3.82.B3.E3.83.B3.E3.83.86.E3.83.B3.E3.83.88"
>8">> name=".E3.82.B9.E3.83.A9.E3.82.A4.E3.83.89.E3.82.B7.E3.83.A7.E3.
 >83.BC.E3.81.AE.E3.82.B3.E3.83.B3.E3.83.86.E3.83.B3.E3.83.88">
n66      <img alt="画像:xblex1.jpg" fileid="2045" src="File:ja/Media_Gn69      <img alt="画像:xblex1.jpg" class="internal" src="/@api/deki/f
>allery/Xblex1.jpg">>iles/2045/=Xblex1.jpg">
n71    <h4 name="page_.E3.83.97.E3.83.AD.E3.83.91.E3.83.86.E3.82.A3"n74    <h4 id="page_.E3.83.97.E3.83.AD.E3.83.91.E3.83.86.E3.82.A3" n
>>>ame="page_.E3.83.97.E3.83.AD.E3.83.91.E3.83.86.E3.82.A3">
n80    onset="return this.setPage(val);"/&gt;n83    onset="this.setPage(val);"/&gt;
n96      <code>page</code> プロパティは、{{ 訳語("外枠", "outer") }}の XUL 要素だけにn99      <code>page</code> プロパティは、{{ 訳語("外枠", "outer") }}の XUL 要素だけに
>存在するため、取得するためには <code><a href="ja/DOM/element.parentNode">parentN>存在するため、取得するためには <code><a href="/ja/DOM/element.parentNode" title=
>ode</a></code> プロパティを使う必要があります。 最初の <code><a href="ja/DOM/element>"ja/DOM/element.parentNode">parentNode</a></code> プロパティを使う必要があります
>.parentNode">parentNode</a></code> は、ボタンの親である水平ボックスを返し、2 つめはその親であ>。 最初の <code><a href="/ja/DOM/element.parentNode" title="ja/DOM/el
>る垂直ボックスを返します。 そして、最後の <code><a href="ja/DOM/element.parentNode">p>ement.parentNode">parentNode</a></code> は、ボタンの親である水平ボックスを返し、2 つめは
>arentNode</a></code> が、その親の外枠のボックスを返します。 返された <code>page</code> プ>その親である垂直ボックスを返します。 そして、最後の <code><a href="/ja/DOM/element.parentN
>ロパティは、インクリメント (++ 演算)、またはデクリメント (-- 演算) されます。 これにより、値を取得するために <co>ode" title="ja/DOM/element.parentNode">parentNode</a></code> が、その
>de>onget</code> スクリプトが呼び出され、 その値に 1 の加算または減算を行った後、値を設定するために <code>親の外枠のボックスを返します。 返された <code>page</code> プロパティは、インクリメント (++ 演算)、または
>>onset</code> ハンドラが呼び出されることになります。>デクリメント (-- 演算) されます。 これにより、値を取得するために <code>onget</code> スクリプトが呼び出
 >され、 その値に 1 の加算または減算を行った後、値を設定するために <code>onset</code> ハンドラが呼び出される
 >ことになります。
n98    <h4 name="setPage_.E3.83.A1.E3.82.BD.E3.83.83.E3.83.89">n101    <h4 id="setPage_.E3.83.A1.E3.82.BD.E3.83.83.E3.83.89" name="s
 >etPage_.E3.83.A1.E3.82.BD.E3.83.83.E3.83.89">
n160    <h4 name=".E3.82.B3.E3.83.B3.E3.82.B9.E3.83.88.E3.83.A9.E3.82n163    <h4 id=".E3.82.B3.E3.83.B3.E3.82.B9.E3.83.88.E3.83.A9.E3.82.A
>.AF.E3.82.BF">>F.E3.82.BF" name=".E3.82.B3.E3.83.B3.E3.82.B9.E3.83.88.E3.83.A9.E
 >3.82.AF.E3.82.BF">
n173    <h4 name=".E8.BF.BD.E5.8A.A0.E5.8F.AF.E8.83.BD.E3.81.AA.E6.A9n176    <h4 id=".E8.BF.BD.E5.8A.A0.E5.8F.AF.E8.83.BD.E3.81.AA.E6.A9.9
>.9F.E8.83.BD">>F.E8.83.BD" name=".E8.BF.BD.E5.8A.A0.E5.8F.AF.E8.83.BD.E3.81.AA.E
 >6.A9.9F.E8.83.BD">
n179    <h4 name=".E6.9C.80.E7.B5.82.E7.9A.84.E3.81.AA.E3.82.B3.E3.83n182    <h4 id=".E6.9C.80.E7.B5.82.E7.9A.84.E3.81.AA.E3.82.B3.E3.83.B
>.BC.E3.83.89">>C.E3.83.89" name=".E6.9C.80.E7.B5.82.E7.9A.84.E3.81.AA.E3.82.B3.E
 >3.83.BC.E3.83.89">
n215          onset="return this.setPage(val);"/&gt;n218          onset="this.setPage(val);"/&gt;
tt246    <p>
243    <div class="noinclude"></div>{{ languages( { "en": "en/XUL_Tu247      {{ languages( { "en": "en/XUL_Tutorial/XBL_Example", "fr": 
>torial/XBL_Example", "fr": "fr/Tutoriel_XUL/Exemple_XBL", "pl": ">"fr/Tutoriel_XUL/Exemple_XBL", "pl": "pl/Kurs_XUL/Przyk\u0142ad_X
>pl/Kurs_XUL/Przyk\u0142ad_XBL" } ) }}>BL" } ) }}
248    </p>

前に戻る