mozilla

リビジョンの比較

Introduction

Change Revisions

リビジョン 172964:

リビジョン 172964 (編集者: Mole / 編集日時: )

リビジョン 172965:

リビジョン 172965 (編集者: Mole / 編集日時: )

タイトル:
Introduction
Introduction
URL スラグ:
XUL/Template_Guide/Introduction
XUL/Template_Guide/Introduction
タグ:
XUL, XUL_Template_Guide
XUL, XUL_Template_Guide
内容:

リビジョン 172964
リビジョン 172965
t8      {{template.Next("XUL:Template Guide:Rule Compilation")}} XUt8      {{template.Next("XUL:Template Guide:Rule Compilation")}} XU
>L テンプレートは、クエリや、それに似た操作からのそれぞれの結果を、コンテンツのブロックとして提供します。データベースクエリの結果>L テンプレートは、クエリや、それに似た操作からのそれぞれの結果を、コンテンツのブロックとして提供します。データベースクエリの結果
>と、よく似ています。クエリからのそれぞれの結果の為に、いくつかのコンテンツを生成します。テンプレート構文は、返ってきた結果から属性>と、よく似ています。クエリからのそれぞれの結果の為に、いくつかのコンテンツを生成します。テンプレート構文は、返ってきた結果から属性
>値を適切に設定し、特別の criteria ベースなコンテンツを生成するためのルールを、許容しています。その他のいくつかのシステム>値を適切に設定し、特定基準ベースの異ったコンテンツを生成するためのルールを、許容しています。その他のいくつかのシステムでも、この
>でも、このデータバインディングを呼び出しています。実際に、XUL テンプレートは、XUL のやり方でデータバインディングを行ってい>データバインディングを呼び出しています。実際に、XUL テンプレートは、XUL のやり方でデータバインディングを行っています。どん
>ます。どんなテンプレートでも、二つの制約があります。一つ目は、クエリーの結果から一つのコンテンツだけを生成できる事です。一片のデー>なテンプレートでも、二つの制約があります。一つ目は、クエリーの結果から一つのコンテンツだけを生成できる事です。一片のデータとそれに
>タとそれに割当てられた値は取得することができず、テンプレートからの繰り返されたデータのブロックとしてデザインされます。二つ目は、R>割当てられた値は取得することができず、テンプレートからの繰り返されたデータのブロックとしてデザインされます。二つ目は、RDF デー
>DF データソースと結び付けられる事です。これらの制限は、いずれ無くなるでしょう。>タソースと結び付けられる事です。これらの制限は、いずれ無くなるでしょう。

前に戻る