リビジョンの比較

Introduction

Change Revisions

リビジョン 172961:

リビジョン 172961 (編集者: Mole / 編集日時: )

リビジョン 172962:

リビジョン 172962 (編集者: Mole / 編集日時: )

タイトル:
Introduction
Introduction
URL スラグ:
XUL/Template_Guide/Introduction
XUL/Template_Guide/Introduction
タグ:
XUL, XUL_Template_Guide
XUL, XUL_Template_Guide
内容:

リビジョン 172961
リビジョン 172962
t8      {{template.Next("XUL:Template Guide:Rule Compilation")}} A t8      {{template.Next("XUL:Template Guide:Rule Compilation")}} XU
>XUL template is a means of producing a block of content for each >L テンプレートは、クエリーや、それに似た操作からのそれぞれの結果を、コンテンツのブロックとして提供します。データベースクエリーの
>result from some query or query-like operation. A good analogy is>結果と、よく似ています。クエリーからのそれぞれの結果の為に、いくつかのコンテンツを生成します。テンプレート構文は、返ってきた結果か
> to the results of a database query. For each result returned fro>ら属性値を適切に設定し、特別の criteria ベースなコンテンツを生成するためのルールを、許容しています。その他のいくつかのシ
>m the query, generate some content. The template syntax allows fo>ステムでも、このデータバインディングを呼び出しています。実際に、XUL テンプレートは、XUL のやり方でデータバインディングを行
>r different rules to generate different content based on particul>っています。どんなテンプレートでも、二つの制約があります。一つ目は、クエリーの結果から一つのコンテンツだけを生成できる事です。一片
>ar criteria as well as set attribute values from returned results>のデータとそれに割当てられた値は取得することができず、テンプレートからの繰り返されたデータのブロックとしてデザインされます。二つ目
>. Some other systems call this databinding. Effectively, XUL temp>は、RDF データソースと結び付けられる事です。これらの制限は、いずれ無くなるでしょう。
>lates are the XUL way of doing databinding. However, with a templ 
>ate, there are two restrictions. First, you can only generate con 
>tent from the results of a query. You can't just take a single pi 
>ece of data and assign it to an attribute, since templates are de 
>signed for repeated blocks of data. Second, you can only bind to  
>an RDF datasource. These restrictions should be removed in the fu 
>ture. 

前に戻る