showPopup

showPopup( element, x, y, popupType, anchor, align ) Mozilla 1.9 で非推奨
戻り値の型: 戻り値なし
popup 要素を開きます。popup を表示する場所を指定するには二通りの方法があります。スクリーン位置を指定するか、window 内の要素からの相対位置を指定します。x または y に値を設定すると、popup がそのスクリーン座標 (x,y) に表示されます。x および y-1 の場合、popup の位置は最初の引数 element で指定された要素からの相対位置になります。これは例えば、ボタンの下に popup を表示するときに使用します。この二番目の場合は、anchor および align 引数が、popup が現れる要素の相対位置をさらに制御するために使用されます。anchor 引数は要素上の popupanchor 属性に対応します。align 引数は要素上の popupalign 属性に対応します。x または y-1 でない場合、これらの引数は無視されます。
popup をさらに数ピクセル離れた他の要素からの相対位置に表示するには、要素の boxObject.screenX プロパティおよび boxObject.screenY プロパティを使用し、それらを x および y 引数にオフセットとして値を与え、要素の実際のスクリーン位置を確定してください。
popupType の値は、popup または context, tooltip のいずれかの文字列でなければなりません。各 popup の形式は一時的に表示されることを意図しているため、永久に表示されることはありません。一度に一つの popup のみが表示されます。

Document Tags and Contributors

Contributors to this page: ethertank, Marsf
最終更新者: ethertank,