« XUL リファレンス HOME

警告: この記事の内容は古くなっている可能性があります。

align
型: 下記の値のいずれか一つ
align 属性は、box の大きさが子要素の合計より大きいときの box の子要素の揃え位置を指定します。水平指向のボックスでは、子要素の垂直方向の揃え位置を指定します。垂直指向のボックスでは、子要素の水平方向の揃え位置を指定するために使用されます。pack 属性も揃え方に関連しますが、反対方向の位置を指定するために使用されます。また、align の値をスタイルプロパティの -moz-box-align を使用して指定することもできます。
  • start: 子要素を box の左端または上端に揃えます。box の大きさが子要素の合計より大きいときは、右側または下側に余分な空間が置かれます。
  • center: 余分な空間が子要素の両側に均等に分かれ、子要素は box の中央に置かれます。
  • end: 子要素は box の右端または下端に置かれます。box の大きさが子要素の合計より大きいときは、左側または上側に余分な空間が置かれます。
  • baseline: この値は水平指向のボックスにのみ適用されます。これにより、子要素はそれらのテキストラベルの順に並びます。
  • stretch: 子要素は box の大きさに引き伸ばされます。水平指向のボックス (hbox) では、子要素が box と同じ高さになるように引き伸ばされます。垂直指向のボックス (vbox) では、子要素は box と同じ幅になるように引き伸ばされます。box の大きさが変更されたときは、子要素もそれに従います。反対方向に引き伸ばす要素を生成するには flex 属性を使用してください。
  • left: 要素はそれらの左端に揃えられます。
  • right: 要素はそれらの右端に揃えられます。

関連情報

ドキュメントのタグと貢献者

 このページの貢献者: teoli, ethertank, Marsf, Mgjbot, Okome
 最終更新者: teoli,