<xsl:variable> 要素はスタイルシートにグローバル変数またはローカル変数を宣言し、値を与えます。XSLT は副作用を許さないため、変数の値が設定されると、変数がスコープから外れるまでは変わりません

構文

<xsl:variable name=NAME select=EXPRESSION >
	TEMPLATE
</xsl:variable> 

必須属性

name
変数に名前を付けます。

任意属性

select
XPath 式を使用して変数の値を定義します。要素にテンプレートが含まれている場合、この属性は無視されます。

タイプ

トップレベルまたは指示。トップレベル要素として発生するとその変数は範囲がグローバルであり、ドキュメント全体からアクセスできます。テンプレート内で発生する場合、変数はスコープ内でローカルであり、変数が現れるテンプレート内でのみアクセスできます。

定義

XSLT, section 11.

Gecko のサポート

サポート済み

ドキュメントのタグと貢献者

このページの貢献者: silverskyvicto
最終更新者: silverskyvicto,