unparsed-entity-url()関数は、指定された名前を持つ解析されていないエンティティのURIを返します。これは、ソース文書のDTDで参照される非XMLデータです。

構文

string unparsed-entity-url(string)

引数

解析されていないエンティティの名前。引数が文字列でない場合は、string() 関数の規則を使用して変換されます。名前はXML名でなければなりません。

戻り値

存在する場合、DTDから取り出された未解析エンティティのURI。それ以外の場合は空の文字列です。

定義

XSLT 1.0 12.4

Gecko のサポート状況

未サポート

ドキュメントのタグと貢献者

タグ: 
このページの貢献者: silverskyvicto
最終更新者: silverskyvicto,