documentは、外部ドキュメントまたは複数の外部ドキュメントの中からノード集合を見つけ、結果のノード集合を返します。

構文

document(URI [,node-set] )

引数

URI
取得されるドキュメントの絶対URIまたは相対URI。URIはまた、フラグメント識別子を含むもあります。
node-set (任意)
ノードを指す式。返却する外部ドキュメントを設定します。

戻り値

ノード集合

注記

  • URIにフラグメント識別子が含まれ、そのフラグメントが外部ドキュメントで識別できる場合、そのフラグメントはnode-set引数の式のルートとして扱われます。node-set引数を省略すると、フラグメント全体が返されます。
  • URI引数がノード集合で第2引数が存在する場合、ノード集合の各ノードは別個のURIとして評価され、返されたノード集合はdocument関数が複数回(毎回、関数呼び出しで指定されたのと同じ2番目の引数を使用)呼び出されたかのようになり、結果のノード集合は1つのノード集合に連結されていました。
  • 他の特定の条件が特定の挙動と共に存在します。詳細については、XSLT 1.0のマニュアルを参照してください。
  • URIはXSLドキュメントに関連するため、document("")は現在のドキュメントのルートノードを返します。

この関数はXPathへのXSLT固有の追加です。コアXPath関数ライブラリの一部ではありません。

定義

XSLT 1.0 12.1

Gecko のサポート

サポート済み

ドキュメントのタグと貢献者

タグ: 
このページの貢献者: silverskyvicto
最終更新者: silverskyvicto,