nsIThreadInternal

nsIThreadInternal インタフェースは、スレッド上に割り当てられたアクティビティを監視するために、XPCOM スレッドオブジェクトによって実装されています。

継承元: nsIThread


Please add a summary to this article.
  最終更新: Gecko 1.9 (Firefox 3)

メソッドの概要

void pushEventQueue(in nsIThreadEventFilter filter);
void popEventQueue();

属性

属性 説明
observer nsIThreadObserver 現在のスレッドオブザーバを取得、設定します。監視を無効化する場合は null を設定します。この属性はどのスレッドからも読み取り可能ですが、設定は、このスレッドオブジェクトに対応したスレッド上で行わなくてはなりません。

メソッド

pushEventQueue()

現在スレッド上で待機しているすべてのイベントを、popEventQueue() が呼び出されるまで中止します。さらに、新たにスレッドに割り当てられたイベントは、指定されたフィルタによって許可された場合のみ処理されます。

フィルタが null の場合、新しいイベントはすべて許可されます。

pushEventQueue() の呼び出しは入れ子にすることができますが、スレッドを元の状態に戻すには、対応する popEventQueue() の呼び出しとそれぞれ対にする必要があります。

void pushEventQueue(
  in nsIThreadEventFilter filter
)
引数
<tt>filter</tt>
割り当てられたイベントに適用する nsIThreadEventFilter。割り当てられているイベントをすべて許可する場合は null

popEventQueue()

pushEventQueue() の呼び出しを取り消します。イベントキューが再開されると、キューに残っているイベントはすべて、より上のキューに追加されます。

void popEventQueue()
引数

なし。

関連記事

Document Tags and Contributors

Contributors to this page: Kohei
最終更新者: Kohei,