mozilla

nsIScriptableUnescapeHTML

nsIScriptableUnescapeHTML インタフェースは HTML 文字列をアンエスケープするユーティリティ・インタフェースです。


Please add a summary to this article.
  最終更新: Gecko 1.8.1 (Firefox 2 / Thunderbird 2 / SeaMonkey 1.1)

継承元: nsISupports

サービスとして @mozilla.org/feed-unescapehtml;1 による実装:

var gUnescapeHTML = Components.classes["@mozilla.org/feed-unescapehtml;1"]
                              .getService(Components.interfaces.nsIScriptableUnescapeHTML);

メソッドの概要

AString unescape(in AString src);
nsIDOMDocumentFragment parseFragment(in AString fragment, in PRBool isXML, in nsIURI baseURI, in nsIDOMElement element);

メソッド

unescape()

文字列の全てのエンティティを Unicode 文字に変換します。

 AString unescape(
   in AString src
 );
パラメータ
<tt>src</tt>
アンエスケープする HTML 文字列のポインタ。
戻り値

アンエスケープされた文字列。

投げられる例外
NS_ERROR_FAILURE
文字列をアンエスケープできない。

parseFragment()

指定された文字列を既存の DOM 要素に追加する。これは nsContentUtils::CreateContextualFragment のフィード特有なバージョンです。

 nsIDOMDocumentFragment parseFragment(
   in AString fragment,
   in PRBool isXML,
   in nsIURI baseURI,
   in nsIDOMElement element
 );
パラメータ
<tt>fragment</tt>
<tt>element</tt> に追加する文字列へのポインタ。
<tt>isXML</tt>
もし <tt>fragment</tt> が XML 文字列であればこれを true に設定してください。そうでなければ、false に設定してください。
<tt>baseURI</tt>
その断片に含まれる URI を解決するための base URI へのポインタ。このパラメータは isXMLfalse の時は無視されます。
<tt>element</tt>
その断片を追加する nsIDOMElement へのポインタ。
戻り値

新しいテキストが追加された要素の nsIDOMDocumentFragment

投げられる例外
NS_ERROR_FAILURE
要素にテキストを追加できない。

参照

nsIDOMDocumentFragment, nsIURI, nsIDOMElement

Interwiki link

 

ドキュメントのタグと貢献者

Contributors to this page: teoli, Marsf, Taken
最終更新者: teoli,