nsIFeedResultListener

nsIFeedResultListener インタフェースは、パース処理中のフィードパーサからイベントを受け取るためのプログラムによって実装されるべきです。


Please add a summary to this article.
  最終更新: Gecko 1.8.1 (Firefox 2 / Thunderbird 2 / SeaMonkey 1.1)

継承元: nsISupports

メソッドの概要

void handleResult(in nsIFeedResult result);

メソッド

handleResult()

フィードの処理が完了したときに呼ばれます。処理中にエラーが発生しても、エラーが発生する前に処理された、フィードレベルのデータやエントリの妥当な (valid)データが利用できるかもしれません。進歩状況の表示などをしないなら、パースされたフィードを受け取るための実装に必要なものは、これがすべてです。

 void handleResult(
   in nsIFeedResult result
 );
パラメータ
<tt>result</tt>
パースされたフィードを表す nsIFeedResult

参照

nsIFeedProgressListener, nsISupports

Interwiki link

 

ドキュメントのタグと貢献者

 このページの貢献者: teoli, Marsf, Taken
 最終更新者: teoli,