nsIFeedResult

nsIFeedResult インタフェースは HTTP へのアクセスと、フィードあるいはエントリのメタデータのパースを提供します。


Please add a summary to this article.
  最終更新: Gecko 1.8.1 (Firefox 2 / Thunderbird 2 / SeaMonkey 1.1)

継承元: nsISupports

メソッドの概要

void registerExtensionPrefix(in AString namespace, in AString prefix);

属性

属性 説明
bozo boolean フィードが XML パース中に深刻なエラーを引き起こすと、フィードプロセッサは bozo ビットを設定します。エラーが発生する前にパースされたフィードのメタデータとエントリがあるかもしれません。
doc nsIFeedContainer パースされたフィードあるいはエントリ。フィードでないものが処理された場合は null です。
headers nsIProperties フィードに伴って発生する HTTP レスポンスヘッダ。
stylesheet nsIURI フィードのソースを変換するために利用可能な XSLT スタイルシート。いくつかのフィードは処理命令にこの情報を含んでいます。それは一般に特定のフィードで動作するように設計されたクライアントで使うことが意図されています。
uri nsIURI 取り込んだフィードのアドレス。
version AString フィードのバージョン; フィードでないものが処理された場合は null です。値は以下のどれか一つになります:
atom, rss2, rss09, rss091, rss091userland, rss092, rss1, atom03, atomEntry, rssItem

メソッド

registerExtensionPrefix()

フィードあるいはエントリの【訳注: RSS また Atom の】拡張にアクセスするために使われる名前空間の接頭辞を登録する。

警告: このメソッドは現時点では実装されていません。
 void registerExtensionPrefix(
   in AString namespace,
   in AString prefix
 );
パラメータ
<tt>namespace</tt>
拡張の名前空間;<tt>prefix</tt>
拡張にアクセスするために使われる接頭辞

参照

nsISupports, nsIFeedContainer, nsIURI, nsIProperties

Interwiki link

 

ドキュメントのタグと貢献者

最終更新者: teoli,