nsIFeedProcessor

nsIFeedProcessor インタフェースは RSS または Atom フィードをパースします。これは処理中と処理後にそれらのコンテンツに基づいてコールバックを引き起こします。


Please add a summary to this article.
  最終更新: Gecko 1.8.1 (Firefox 2 / Thunderbird 2 / SeaMonkey 1.1)

継承元: nsIStreamListener

実装元: @mozilla.org/feed-processor;1。インスタンスを作成するには次のコードを使用します:

var fp = Components.classes["@mozilla.org/feed-processor;1"]
                   .createInstance(Components.interfaces.nsIFeedProcessor);

メソッドの概要

void parseAsync(in nsIRequestObserver requestObserver, in nsIURI uri);
void parseFromStream(in nsIInputStream stream, in nsIURI uri);
void parseFromString(in AString str, in nsIURI uri);

属性

属性 説明
listener nsIFeedResultListener feed result listener はフィードイベントに反応します。

メソッド

parseAsync()

非同期にフィードをパースします。そして、呼び出し元はパース処理を開始するためにプロセッサの nsIStreamListener メソッドを呼び出さなくてはなりません。非同期パース中に nsIFeedProcessor インタフェースの他のパースメソッドを呼び出してはなりません。

 void parseAsync(
   in nsIRequestObserver requestObserver,
   in nsIURI uri
 );
パラメータ
<tt>requestObserver</tt>
パースが始まったときと終わりにオブザーバは通知されます。これは null が可能です。
<tt>uri</tt>
フィードの中の URI を解決するための base URI。

parseFromStream()

nsInputStream からフィードをパースします。

 void parseFromStream(
   in nsIInputStream stream,
   in nsIURI uri
 );
パラメータ
<tt>stream</tt>
フィードを読み込んでパースする nsInputStream へのポインタ。
<tt>uri</tt>
フィードの中の URI を解決するための base URI。

parseFromString()

AString からフィードをパースをします。

 void parseFromString(
   in AString str,
   in nsIURI uri
 );
パラメータ
<tt>str</tt>
フィードとして処理される文字列。
<tt>uri</tt>
フィードの中の URI を解決するための base URI。

参照

nsIStreamListener, nsIFeedResultListener

Interwiki link

Document Tags and Contributors

Contributors to this page: Taken, Marsf
最終更新者: Marsf,